スマートフォン版を表示

2017年度クリスマス献金のご報告とお礼

【2017年度クリスマス献金について】
2017年度明治学院大学クリスマス献金は総額228,986円でした。
この献金は、明治学院の学生・教職員あるいは卒業生が関わっている福祉施設の団体、キリスト教主義の学校にお届けしました。


■社会福祉法人 興望館/東京都墨田区  http://www.kobokan.jp/
キリスト教精神に基づき、乳幼児の子育て支援、学童クラブの運営、家族と暮らすことのできない子供の社会的養育・自立支援、異世代交流を主な活動とする社会福祉法人です。

■社会福祉法人 横須賀基督教社会館/神奈川県横須賀市  http://www.yokosuka-ccc.jp/
キリスト教精神に基づき「安心して子どもを生み育てられる社会」「違いを受け入れ、たすけあう社会」「長寿を喜ぶ社会」「みんなで参加して共につくる社会」を基本理念に、各種地域福祉事業を営んでいます。
                                                                
■公益財団法人 日本キリスト教婦人矯風会/東京新宿区  http://kyofukai.jp/
1886年創設以来キリスト教の精神に基づき女性と子どもの人権を守り、その福祉への貢献を目標に掲げています。
女性人権事業を通じ、一人ひとりが大切にされる社会の実現に向け、行動する機会と場所を提供するとともに、女性福祉事業を通じ、法制度や社会のしくみからこぼれてしまう女性や子どもたちの支援に取り組んでいます。

■学校法人 アジア学院/栃木県那須塩原市  http://www.ari-org/
1973年創立のアジア学院は、アジア、アフリカ、太平洋諸国の農村地域から、その土地に根を張り、その土地の人々と共に働く農業指導者を受け入れ農業研修を行なうキリスト教主義専門学校です。有機農業を実践しほぼ全ての食糧を自給し、持続と環境を考えた生活を行なっています。2016・2017年度の宗教部主催ワークキャンプをアジア学院で実施しています。
 
 
以上、みなさまの心のこもったお志に心から感謝しつつ、ご報告いたします。 

2018年2月
明治学院大学
                                         宗教部長・社会学部教授 岡 伸一