スマートフォン版を表示

2018年度科研費実績

注目の研究テーマ

経済学部教授

神田 良 (Makoto Kanda)

長期存続企業の革新を通した持続的競争力構築に関する国際比較研究

老舗が存続できる秘訣「世代を超えてつながる革新」を見出す

日本は老舗大国です。100年以上存続している企業の数は群を抜いています。私の研究領域である経営戦略論では、企業の長期的な競争力(持続的競争力)の構築に関する理論は中核的な課題の一つです。長期存続企業である老舗の研究は、この課題を追求するものです。私は実践的な理論化を求めて定性的な事例研究や定量的な研究を進めています。

東京商工会議所中央支部老舗企業塾の創設・運営にも関わり、老舗の実践からマネジメントに関しては理論をまとめました。この研究成果から長期存続の秘訣は世代を超えて、革新をどのように繋げていくかにあることが分かりました。

今回の科研費では、老舗の革新行動に焦点を当て、市場との対話を通して自社の経営資源をどのように強化して企業存続に繋げるかを明らかにします。老舗企業塾との連携はもとより、日本生産性本部との協力で持続的競争力研究会を立ち上げ、多くの事例研究を進めています。

すでに老舗企業のマネジメントに関する日米比較研究は終わっていますので、新たに革新に焦点を当てた国際比較を考えています。

白金通信2018年7月号(No.495) 掲載

心理学部准教授

森本浩志 (Hiroshi Morimoto)

認知症高齢者の家族介護者の役割間葛藤に関する研究

介護をしながら働くことの難しさに寄り添う

近年、認知症を患われた方を働きながら介護されているご家族が増えています。介護と仕事を両立するうえでは難しさを感じる時もあります。これを役割間葛藤といいます。介護と仕事をうまく両立している方もいらっしゃいますが、役割間葛藤を抱えている方も少なくありません。このような方々の違いはどこにあるのか問題意識を持ったのが、この研究の始まりでした。

この研究では、介護と仕事をうまく両立するためには、これまで介護者の精神的健康を保つために重要であるとされてきた事柄(例えば、認知症という病気の理解を深め、適切な支援を受けながら、介護をうまく行える自信を高めること)だけでは不十分であり、これらに加えて注意制御機能(例えば、うまく頭や気持ちを切り替える)も重要であることが示されました。今後はこれまでの研究をさらに進め、介護と仕事の互恵的な両立をサポートする心理学的要因について調べていきます。

認知症は誰でも患う可能性がある病気であり、たとえ自分が患わなくても、介護者として関わる可能性もある病気です。身近に認知症を患われた方や介護をされている方がいらっしゃる人も、そうでない人も、一緒に考えていきたい課題です。

白金通信2018年7月号(No.495) 掲載

教養教育センター専任講師

野副朋子 (Tomoko Nozoe)

ムギネ酸類・ニコチアナミン分泌を介した鉄移行と鉄恒常性維持の分子メカニズムの解明

飢餓の解消を目指して、植物中のアミノ酸の働きを研究

鉄はすべての生物にとってなくてはならない存在です。土の中に豊富にある鉄ですが、水に溶けにくく生物は利用することができません。植物は土の中の鉄を溶かし出して吸収する仕組みを備えています。ムギネ酸類やニコチアナミンは、植物が鉄分を吸収して利用するために作りだすアミノ酸です。

最近、ムギネ酸類やニコチアナミンが増えると、お米やマメなどの食品中の鉄分が増えるだけでなく、植物の鉄欠乏耐性能力が増強し、砂漠などの不良土壌で生育できるようになることが分かってきました。さらに植物が鉄不足に陥っているかどうか感じるためのシグナルとして働いている可能性もあり、そのメカニズムを解明するべく研究に取り組んでいます。この研究が飢餓をなくし、緑豊かな地球の維持に少しでも貢献できると信じています。

私は社会と理科が好きで、高校の時は文系として学んでいました。大学に入る時、生物をもう少し学んでみたいと思い、理系に転向しました。生命科学の大発見を遂げた研究者は必ずしも学者ではないことが多いです。学生の皆さんにも、自分の領域を狭めるのではなく、ぜひ色々なことに挑戦して「偶然の大発見」のチャンスを広げてもらいたいと願っています。

白金通信2018年7月号(No.495) 掲載