ホーム  >  図書館について  >  図書館の活動

図書館の活動

【横浜校舎図書館】国際学部 勝俣誠先生「「国際学」入門おススメ6冊」ミニ展示開催中です

明治学院大学論叢『国際学研究』41号で勝俣先生が学部生向けに紹介された6冊の図書を、先生のメッセージとともに展示しています。ぜひ、ご覧ください。

 *** *** ***
国際学部国際学科 勝俣誠先生
「「国際学」入門おススメ6冊 : ボクのセンセイ,コクサイ : 国際学部1990年代」

2012年10月2日 | 図書館内企画展示

【横浜校舎図書館】公開講座:教養教育センター付属研究所「巡礼―そのさまざまなかたち」企画展示開催中です

講師の方々の著作物をメッセージ、写真とともに展示しています。ぜひ、ご覧ください。

 *** *** ***
2012年度 明治学院大学 公開講座
教養教育センター付属研究所主催 「巡礼―そのさまざまなかたち」

2012年9月29日 | 図書館内企画展示

【横浜校舎図書館】 国際学部齋藤百合子先生校外実習(タイ・カンボジア)写真展を開催中です

国際学部の学生が2012年2月8日~25日の期間、タイ・カンボジアで行った校外実習中に撮影した写真を、紹介・報告した文章とともに展示しています。
齋藤先生が選んだ参考文献リストと図書も合わせて手に取り見ることができます。気に入った図書は借りて読むことができます。
これから校外実習に行く学生のみなさんにとっても興味深い内容になっていますので、 ぜひご覧ください。

 *** *** ***
国際学部国際キャリア学科 担当齋藤百合子先生
校外実習(タイ・カンボジア)写真展
―知ろう!読もう!行こう! 東南アジア

場所:横浜図書館 入館ゲート手前

2012年9月28日 | 図書館内企画展示

【白金校舎図書館】明治学院中学校1年生のみなさんが図書館見学にきてくれました

9月11日は明治学院中学校1年生の白金キャンパス訪問がありました。
明治学院の歴史を実際に感じ取り、学習し、学院の一員としての誇りを持つことを目的とした行事だそうです。
チャペルでの開会礼拝やパイプオルガン演奏、大教室で「学院の歴史」受講のあと、図書館にきてくれました。

中学1年生144名のみなさんは、学生スタッフから大学生の勉強の仕方を聞いたり、貴重資料の展示コーナーで明治期のちりめん本に触れたり、地下の電動書架を操作したり…と、中学校とは違う大学の図書館に興味津々の様子でした。

当日、図書館をご利用のみなさまには、この見学会にご理解ご協力いただきましたこと、この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

2012年9月12日 | 大学学習教育支援の取り組み

【白金校舎図書館】ボランティアセンター×図書館コラボ企画「Do for Others」展開催中

2013年、明治学院は創立150周年を迎えます。
その伝統ある歴史は「Do for Others-ボランティア-」の150年でもあります。

明学ボランティアの礎として、初代総理J.C.ヘボンと賀川豊彦に関する本や実際にボランティアを始めるときに参考になる本を集めて展示しました。
本だけでなく、「明学生のボランティア活動」の新聞記事や写真もあわせてご覧いただけます。

脈々とつづく「Do for Others」の“はじまり”から“いま”を是非ご覧ください。

2012年8月8日 | 図書館内企画展示

【横浜校舎】レポートの書き方で迷ったら ―アカデミックリテラシー相談室のご案内―

期末レポートに追われるこの時期、一人で悩まず相談室を利用してみませんか?

教養教育センターと図書館が共催し、4月23日~5月28日(毎週月曜日)、図書館内で実施したミニレクチャー全5回シリーズは、延べ460名もの参加者で盛況のうちに終了いたしました。  期末レポートに実際に向き合い、改めて悩みに直面しているみなさんも多いでしょう。そんな時、大学内の専門相談窓口に気軽に相談してみませんか?

「アカデミックリテラシー相談室」(教養教育センター)では、レポートや論文の書き方に悩む学生を対象に個別相談を実施しています。レポートの書き方で分からないことがあれば、相談室で一緒に解決できます。相談したい方は、下記のリンク先から予約申込してください。  レポートの書き方を学ぶことは、客観的に物事を考え、自分の言葉で相手に伝える技術を習得することでもあります。大学在籍時はもちろん、卒業後も活かせる技術を学ぶこの機会を、ぜひ活用してください。

【個別相談の対象】
1・2年次生(「アカデミックリテラシー1」「アカデミックリテラシー研究1」の履修者を除く)
【会場】
横浜キャンパス1号館4階、1401室(「アカデミックリテラシー相談室」)
【相談可能な日時】
月曜日…11時30分~13時30分、14時00分~16時00分
木曜日…11時30分~13時30分
※個別相談は1回あたり最大25分です。
【相談内容の例】
レポートの書き方に関する一般的な質問
『アカデミックリテラシー・ハンドブック』の内容に関する具体的な質問
実際にレポートを書き始めて生じた疑問や問題
【予約方法】
下記の予約フォームに必要事項を記入して送信してください
予約フォーム
(クリックできない場合は、アドレスをコピーしてインターネットブラウザのURL欄に貼りつけてください)
https://spreadsheets.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dGdpOWVLbFlubXNlZWEtWWRETnlBa2c6MQ
【問い合わせ先】
yutanaka@gen.meijigakuin.ac.jp(田中祐介・教養教育センター)
アカデミックリテラシー相談室(横浜キャンパス1号館4階、1401室、月曜・木曜開室)

2012年7月4日 | 大学学習教育支援の取り組み

【白金図書館】図書館オリエンテーリング&地下書庫見学会をはじめました!

図書館内を各自で見学できる図書館オリエンテーリングをはじめました。
図書館をよく知ることで、あなたの学習方法や研究の幅はさらに広がります!

オリエンテーリングにお申込みは不要です。
2Fゲート前の掲示板にあるリーフレットを手に、各コーナーを確認しながら自由に館内を見てまわってください。
見学しながら出てきた疑問は、どうぞお気軽にカウンターへお尋ねください。

さらに、オリエンテーリングを終えた方はお申込みいただければ、
ふだんは入ることのできない地下書庫の見学も可能です!
明治学院大学がもつ本の半分が収められた地下書庫を、図書館スタッフがご案内します。
どうぞ目で見て、触れて、楽しみながら自分の知らなかった図書館の裏側を体験してください。きっと学習に役立つヒントや情報がみつかります!

地下書庫見学はお一人での見学も可能です。
図書館に親しむ一歩として、お気軽にお申込みください!
(この企画は図書館利用資格をお持ちの方に限ります。お申込み方法は館内ポスター・オリエンテーリングリーフレットをご覧ください。)

2012年6月21日 | 大学学習教育支援の取り組み

【横浜校舎図書館】レポートのためのデータベースセミナーを開催します

レポート・卒業論文に取り組むときには、情報収集が重要です。インターネットでは探せない情報を図書館Webから入手できます。新聞記事や辞書・事典など、レポート作成に役立つデータベースセミナーです。専門業者の講師により基本的な使い方を学ぶことができますのでこの機会に参加してください。

【申込】
申込用紙記入後、横浜校舎図書館カウンターに提出してください。
申込用紙はこちらからもダウンロードできます。
【定員】
PC操作は、各回先着40名まで
※申込後のキャンセルはご遠慮ください。
※やむを得ない場合は早めにご連絡ください。
【連絡先】
横浜校舎図書館カウンターもしくはメールにて
メールアドレス:yokoun@mguad.meijigakuin.ac.jp

【会場】
横浜校舎図書館地下1階・第3閲覧室
【日程】
各回水曜日4限:15:05-16:35
6月6日 朝日新聞(聞蔵:きくぞう)
---(株)朝日新聞社デジタル事業本部 中釜由起子氏
6月13日 毎日新聞(毎索:まいさく)
---(株)紀伊国屋書店 楠哲二氏
6月20日 日経テレコン21(日経4紙)+日経BP(日経雑誌)
---日経メディアマーケティング(株) 寺山奈保子氏
6月27日 Japanknowledge(ジャパンナレッジ)(事典データベース)
---(株)ネットアドバンス 山本京子氏
7月4日 RefWorks(レフワークス)(参考文献管理ツール)
---プロクエスト日本支社 川畑篤之氏

2012年5月24日 | 大学学習教育支援の取り組み

アカデミックリテラシー・ミニレクチャーを図書館内で開催します

教養教育センターでは、横浜校舎開講科目「アカデミックリテラシー1」「アカデミックリテラシー研究1」の既修者・履修者を除く1・2年次生対象にレポートの書き方講座を図書館内で実施します。

詳細は下記のURLをご参照ください。
http://mgu-cfla.cc-town.net/modules/news/article.php?storyid=250

2012年4月13日 | 大学学習教育支援の取り組み

岡山県が配信するYouTube動画でヘボン博士が編纂した『和英語林集成』が取り上げられました

岡山県では2013年の美作国(みまさかのくに)建国1300年を記念して「晴れの国おかやまチャンネル(YouTube)」にて動画配信をしています。
今回、配信された「まさかの発見~TAMAGOKAKEGOHAN~」に、ヘボン博士が編纂した『和英語林集成』(本学図書館所蔵)が登場しています。

皆さん、「たまごかけごはん」と『和英語林集成』の共通点って何だと思いますか…?

実は、岡山県出身の岸田吟香という人物がこの2つに大きく関わっています。
詳しくは、動画の中で紹介されています。ぜひご覧ください。

2012年4月4日 | 外部貸出・展覧会出品情報