スマートフォン版を表示

明治学院大学としての取り組み

目的

  • すべては、東京2020オリンピック・パラリンピック大会の成功のために

    責任者:亀ヶ谷 純一 Junichi Kamegaya
    教養教育センター教授
    学長補佐

    東京2020オリンピック・パラリンピック大会の直接的・間接的な関わりを通じて、学生が、オリンピックの本質である「世界・地域との連携と多様性を理解」し、学生の学びと成長が東京2020オリンピック・パラリンピック大会の成功に貢献できるよう、取り組んでいきます。

体制図


MGオリンピック・パラリンピックプロジェクト実行委員会

2016年、有志の学生たちにより立ち上げられたMGオリンピック・パラリンピックプロジェクト実行委員会。代表、副代表が各企画リーダーと連携し、さまざまな企画を立案・実行します。

代表:日比 麻記子(Makiko Hibi) 心理学部 心理学科4年 いよいよ東京2020 オリンピック・パラリンピック大会の本番が近づき、団体としてのフィナーレを迎えます。これまでの活動の集大成としてメンバーの想いを込めた企画を成功させるため、全員で一丸となって頑張りたいと思います。また、大会本番ではメンバーが様々な形で活動する予定です。ビッグイベントに関われる貴重な機会に、メンバー1人1人がそれぞれの場所で活躍し、有意義な経験が得られることを願っています。

副代表:石井 柚衣(Yui Ishii) 法学部 政治学科 3年 この度、副代表を務めることになりました、法学部政治学科3年の石井柚衣です。
ついに東京2020オリンピック・パラリンピック大会の本番まで3ヶ月、私たちの活動期間も残りわずかとなりました。緊張や不安もありますが、先輩方が築いてくださったMGオリパラを引き継いでいきます。明学生としてできることを行い、オリパラを盛り上げ、集大成としてふさわしい活動となるよう精一杯頑張ります!