スマートフォン版を表示

主なプログラム6学部16学科の多彩な学びや、キャンパスライフを体感できるプログラムをご紹介します。

  • 学科ガイダンス

    各学科の教員が、学科の特色やカリキュラムについて詳しく説明します。

  • 模擬授業

    6学部16学科の多彩な学びを、実際に体験できます。夏のオープンキャンパスでのみ開催される特別プログラムです!実施する模擬授業の詳細は、本ページ下部分をご覧ください。

  • 入試説明

    各入試制度の特徴や、2019年度入試の変更点などのポイントをわかりやすく解説します。

  • ボランティアミュージアム

    明治学院大学で行われているボランティアについて実際に活動している学生達が紹介します。

  • 学部・学科イベント

    学部・学科が企画する独自のイベント。趣向を凝らした内容が魅力です。実施する学部・学科イベントの詳細は、本ページ下部分をご覧ください。

  • 留学ガイダンス

    学生の留学体験を交えながら留学制度をご紹介。グローバル化に向けた大学の取り組みをたっぷりとお話します。

  • 個別相談コーナー

    受験のことから学生生活のことまで、さまざまな質問に、大学スタッフが1対1で丁寧にお答えします。お気軽にお越しください。

  • 明学生と語るコーナー

    学生による相談コーナーです。明学生のリアルなキャンパスライフについて、何でも質問してみてください。

  • キャンパスツアー

    学生がツアーガイドとなって、横浜キャンパスの「おすすめスポット」をご案内します。お気に入りの場所を見つけてください!

  • チャペルコンサート

    「オルガン講座」受講生と本学オルガニストによるパイプオルガン演奏です。素敵な音色をお楽しみください。

  • 資料配布・閲覧コーナー

    過去問題の閲覧や、課外活動資科、学部や学科のパンフレット、学内広報誌の白金通信等を配布しています。

  • 図書館

    白金キャンパスの図書館のコンセプトは「書斎のような図書館」。本館2階にメインカウンター、5階にレファレンスカウンターがあり、落ち着いた都会の雰囲気の中で学生の学習環境を支えています。

  • 明治学院歴史資料・パネル展示

    港区の指定文化財でもある明治学院記念館1階の歴史資料館展示室にて、明治学院の歴史をパネルや書物、DVD等で展示しています。

英語対策特別講座(申込制)
英語対策特別講座(申込制)

※入場の際に参加証を確認します。15:10までにお越しください。

受験英語から資格試験、ビジネス英語、日常会話まで、小学生から社会人まで全世代に影響を与え続ける『スタディサプリ』英語講師の関正生先生が「明学英語」必勝法の特別講座を開催!

関 正生 MASAO SEKI

慶應義塾大学文学部(英米文学専攻)卒業。TOEICテスト990点満点取得(新形式テストでも満点取得)。リクルート運営のオンライン予備校『スタディサプリ』で、全国の大学受験生・中学生に、『スタディサプリEnglish』のTOEIC対策講座では社会人に授業を行う。有料受講者数は40万人以上。著書は『カラー改訂版 世界一わかりやすい英文法の授業』『英文法ポラリス』(いずれもKADOKAWA)など53冊、累計130万部(韓国・台湾でも翻訳出版)。また、NHKラジオ講座『基礎英語2』でコラムを連載中。


申し込みはこちら

当日パンフレット(PDF) イベントのタイムテーブル等の詳細をご案内します。

模擬授業

  • 文学部 英文学科 担当者 : 生田 少子

    「コミュニケーションの言語学」

    社会言語学の立場から、コミュニケーションの手段としての言語の機能に注目し、英語と日本語における言語使用の例を取り上げながら、私達のことばと社会的コンテクストとの関係について考えます。

  • 文学部 フランス文学科 担当者 : 齊藤 哲也

    「フランスと映画の切っても切れない関係」

    だれもが一度は見たことのある映画。そんな映画と「フランス」との切っても切れない、深~い関係をご存じだろうか。私たちの身近にある映画に「歴史」と「分析」という観点から(再)接近し、さらにその魅力を探るこころみ。

  • 文学部 芸術学科 担当者 : 西堂 行人

    「芸術と出会うこと」

    芸術にとって重要なのは、出会いです。いつ、どのようなタイミングで芸術と出会うのか。出会ったことで自分の中で何が変化するのか。これから芸術を学びたいと思う生徒さんたちに、「出会い」の重要さを伝授します。

  • 経済学部 経済学科 担当者 : 山内 勇

    「イノベーションの経済学」

    イノベーションという言葉はよく耳にすると思います。 しかし、それが一体何なのかということは学ぶ機会が少なかったと思います。 この講義では、経済学を使って、イノベーションというものを考えていきます。

  • 経済学部 経営学科 担当者 : 北浦 貴士

    「ヘボンの教え子・高橋是清―アベノミクスの手本となった高橋財政―」

    本学の源流であるヘボン塾で学んだ後、やがて大蔵大臣・総理大臣を歴任した高橋是清。傑出した財政家として名を残した彼は、昭和恐慌からいかにして日本経済を救ったのか。「アベノミクス」とも対比させながら、彼の志と功績の軌跡をたどってみましょう。

  • 経済学部 国際経営学科 担当者 : 生方 雅人

    「将来を考えるファイナンス」

    企業はお金を管理しながら将来に向けた活動について何をすべきかを考えています。将来のことを今考えてみる、その助けとなる概念である現在価値やリスクの話を中心に、ファイナンスという科目を紹介していきます。

  • 社会学部 社会学科 担当者 : 浅川 達人

    「都市空間の社会学入門――都市ってどんな社会? 」

    目で見ることも,手で触ることもできない,”都市空間”。この中で,私たちは生活しています。私たちの暮らしを水路付けている”都市空間”を可視化するには,どうすればよいか。一緒に考えたいと思います。

  • 社会学部 社会福祉学科 担当者 : 北川 清一

    「地球より重たい人間(子ども)の命」

    「律くん」は子どもの施設で暮らす自閉症児。施設で「律くん」を担当するソーシャルワーカーが「律くん、こっち向いて」と呼びかけても応えてくれない。ところが、ママが「律くん」と呼びかけると直ぐに振り向く。この違いの意味を考えてみたい。

  • 法学部 法律学科 担当者 : 伊室 亜希子

    「未成年者の契約-実は身近な契約、こんなところに気をつけよう」

    普段いろいろな場面で、あまり意識はしていなくても、わたしたちは契約を結んで生活しています。未成年者が契約をするとはどういうことか、何に気を付けたらいいか、についてお話しします。関連して成年年齢の引き下げについても、お話しします。

  • 法学部 消費情報環境法学科 担当者 : 大野 武

    「不適切なネット書き込みの法的責任」

    ネット上への不適切な内容の投稿による被害が社会問題となっています。この授業では、この問題にはどのような特質があるのか、被害者の救済はどの程度可能なのかなど、その実態と課題について考えます。

  • 法学部 グローバル法学科 担当者 : Vallor, Molly

    「中世の土地所有と法」

    日本語/英語の教材を使用しつつ、中世の日本/ヨーロッパの土地所有について取り上げる。日本中世の「徳政令」は独自の法的性格と背景を持っていた。現代の法とは異なった法体系が過去に存在していたことを考える。

  • 法学部 政治学科 担当者 : 渡部 純

    「日本政治をどう見るか」

    いくつかのイデオロギー対立軸に着目して最近の日本政治を整理してみます。

  • 国際学部 国際学科 担当者 : 張 艶

    「世界経済を学び、国際舞台で活躍しよう」

    トランプ政権下のアメリカ経済はどうなっているのか、中国は経済大国なのか、最近の米中貿易摩擦が日本と世界経済にどう影響するのか、国際学部の外国人教員が世界経済のいまについて分かりやすく解説します。

  • 国際学部 国際キャリア学科 担当者 : Gill, Thomas

    “Money, Money, Money”

    What is money? It is a convenient device that makes it easier for people to exchange goods and services. But in the Bible it says that “the love of money is the root of all evil.” Is that true? And if so, why is it the love of money that is evil, rather than the love of things you buy with money? This lecture will analyse attitudes to money in many different parts of the world.

  • 心理学部 心理学科 担当者 : 宮本 聡介

    「人の心は読める?読めない? ー 社会心理学からの一つの見解 ー」

    「心理学を学ぶと人の心を読めるようになる?」という疑問を持っている人,たくさんいると思います。社会心理学,特に”対人認知”という研究分野に触れながら,この疑問にお答えしようと思います。

  • 心理学部 教育発達学科 担当者 : 辻 宏子

    「算数科でプログラミング!?-これから求められる『考える』力とは」

    これからの学校教育に関するキーワードの一つである「プログラミング的思考」を取り上げ、算数科の学習内容と「プログラミング的思考」の関わりから、皆さんと「考える」力について探りたいと思います。

学部・学科イベント

  • 社会学部 社会学科

    「社会学科相談会――社会学科への扉2018」

    「社会学ってどういう学問?」「一人暮らしの人はどういうところに住むの?」「出版社に就職したいんですが?」…高校生のみなさんの質問に、学生と教員がお答えします。社会学科の空気をちょっと味わってください。

  • 社会学部 社会福祉学科

    「社会福祉学科オープンカフェ」

    ソーシャルワークコース・福祉開発コースの学生と教員がお菓子と飲み物を用意してお待ちしています。本学科での学びや学生生活について,ぜひお気軽にご相談ください。学科紹介パネルの展示も行います。

  • 国際学部

    「国際学部を知ろう!~Lets’ explore your future~」

    学部紹介のパネル・資料の展示、学生・教職員による学部紹介を行います。

  • 心理学部 心理学科

    「個別相談」

    心理学科の教員などが、心理学科で学ぶことに関する様々な疑問に個別でお答えします。

  • 心理学部 教育発達学科

    「教育発達学科にTouch!」

    講義でも取り上げる教材・教具を実際に手にとって、その目的や成果を実感しましょう。学科紹介パネルや在学生・卒業生の学習成果なども展示し、本学科の持つ魅力を豊かにお伝えします。

  • 心理学部 教育発達学科

    「教員との個別相談」

    入試制度や取得可能な資格、コース制、各種実習、進路など、本学科をもっと知りたいあなたをお待ちしています。

  • 心理学部 教育発達学科

    「学科関連施設紹介」

    学科関連施設(音楽実習室、図画工作実習室、家庭科実習室、ピアノ練習室等)の紹介ツアーを行います。

お問い合わせ

TEL 03-5421-5151入学インフォメーション

[ 月-金 9:00−16:00 / 土 9:00-12:00 ※大学行事等のため閉室となる場合があります。  窓口取扱時間はこちらよりご確認ください。]