ボランティアファンド学生チャレンジ賞2017 受賞企画決定!

今年で第11回目を迎えたボランティアファンド学生チャレンジ賞2017(通称「ボラチャレ」)受賞企画が決定しました。
今回は書類審査・面談を経て6企画への助成が決定し、2017年12月20日(水)に奨励金授与式がおこなわれました。

これから2018年9月末日まで、みなさんの企画が実践されていきます。ボランティアセンターでもウェブサイトやSNSで応援していきます!

*ボランティアファンド
大学グッズを購入することで気軽にボランティアに参加できるファンドです。グッズ本体価格の10%がファンドに積み立てられます。

*ボランティアファンド学生チャレンジ賞
「ボラチャレ」は明学生の主体的なボランティア活動を支援する「明学生のための奨励金」です。ボランティアファンドから奨励金が支給されます。

ボランティアファンド学生チャレンジ賞2017 受賞プロジェクト一覧

1) FYSライブパフォーマンス  【スタートアップ部門】

  団体名:For Your Smile

《内容》
障がい者施設や老人ホームなどで、歌とダンスのライブパフォーマンスを披露し、音楽の楽しさや大切さを伝える。




2) 1日でできる手話講座  【スタートアップ部門】

  団体名:ハム

《内容》
キャンパスで明学生や一般の方を対象にした手話スクールを開講し、聴覚障がいの認知度や聴覚障がいのある方との接し方について広める。




3) Do for 子ども食堂  【スタートアップ部門】

  団体名:ESS地域貢献部

《内容》
学内で中学生以下の子どもとその保護者を対象にした「子ども食堂」を開催し、料理のお手伝いから主体的に参加してもらう。また、地域の農家から廃棄野菜を提供していただくことで地域の輪を広げるきっかけを作る。




4) 人と犬、つなぎ・つながるプロジェクト  【ジャンプアップ部門】

  団体名:MGハロードッグ

《内容》
2016年度ボラチャレ・スタートアップ部門助成企画。犬の飼育放棄率・殺処分数の減少、保護犬の譲渡率上昇につながることを目的とし、5月の大学祭「戸塚まつり」での保護犬についての啓発イベント開催や動物愛護施設でのボランティアなど、明学生を巻き込みながら実施する。




5) 学生のチカラで、笑顔“ニュンニャム”を守ろう、広げよう!  【ジャンプアップ部門】

  団体名:ニュンニャム

《内容》
報告会や写真展を通して物資の寄付を募り、カンボジアYMCAの子どもたちに送る。また、長期休みを利用して現地で必要とされている植樹や園庭の整地などボランティア活動を実践する。外部から支援者が入ることでチャイルドケアセンターの子どもたちのドロップアウト率減少を目指す。また、企業訪問やアンケートなどで企業に人身売買の対策強化を呼びかける。




6) 三つ折りパンフレット  【ジャンプアップ部門】

  団体名:明治学院大学任意団体 NPO法人 JUNKO Association

《内容》
ベトナム、ミャンマーの子どもたちの学習環境を整えるため学校設備の寄付に着手している。より多くの人に団体の活動を知ってもらうため、より簡単に団体の存在や活動を知ってもらうための広報媒体を作成する。内容を現状にあわせ刷新するとともに、より手に取りやすい広報物にする。