スマートフォン版を表示

ボランティアセンター長、コーディネーター紹介

明治学院大学ボランティアセンターには、センター長やスタッフを担う教職員の他に、専門のコーディネーターがいます。多彩な経歴を生かして様々な視点からのアドバイスが可能です。ぜひボランティアセンターにお越しください。

ボランティアセンター長

教養教育センター 教授

猪瀬 浩平(Kohei Inose)

2007年に本学に着任以来、ボランティア学の授業を担当してきました。2015年度からボランティアセンター長補佐となり、今年ボランティアセンター長になりました。埼玉県に生まれ、子どもの頃から障害者運動に巻き込まれてきました。学生の頃から、見沼田んぼの保全に関わり始め、その延長で農業やアートに関わる様々な現場に出会ってきました。私は、ボランティアとは、人びとが、小さい声、弱い声に耳を傾け、大きな力に頼ることなく、この世界を、他者と共に生きるために自ら行うはたらきであると考えます。皆さんの社会を変えようとする壮大な計画や、世界のあり方についての疑問、そしてふとしたときにもれるささやかなつぶやき、それがあふれるボラセンにしていきたいと考えています。

ボランティアコーディネーター

磯野 昌子(Yoshiko Isono)

2020年4月より、ボランティアコーディネーターとなりました。逗子市でフェアトレードタウンの活動をしています。以前は海岸沿いでショップ&カフェの店主もやっていました。また、地球の木というNGOでネパールやラオス、カンボジアの支援活動をしています。ネパール人の夫と国際結婚しており、二児の母でもあります。専門は「開発教育」「国際協力」「フェアトレード」「まちづくり」「ジェンダー」等。メッセージはこちら

ボランティアコーディネーター

菅沼 彰宏(Akihiro Suganuma)

2019年4月よりボランティアコーディネーターとして明学に勤務していますが、国際学部の一期生です。非常に長いお付き合いですね。明学に来る前は、行政主導で設立された団体で身近な地域における多文化共生を進める仕事や、それら社会課題の解決に向けた取り組みを行う団体の支援などに携わってきました。国際協力や外国人支援、アートによる社会包摂など関心は幅広いので、お気軽にお問い合わせください。メッセージはこちら

ボランティアコーディネーター

田口 めぐみ(Megumi Taguchi)

岐阜県生まれです。前職は小中学校の教員でした。現在も心理士として都内の小中学校を訪問して子ども達の発達と支援について先生方と一緒に考えています。「言語聴覚士」「公認心理師」「臨床発達心理士」「小学校教諭免許」「中学校教諭免許」「特別支援学校免許」などの資格を所有しています。子ども支援、障がい者支援のことなど気軽におたずねください。メッセージはこちら

おすすめ