スマートフォン版を表示

教育発達学科

心理学科 | 教育発達学科

教育発達学科では、心理学、教育学(初等教育)、障害科学の3領域を融合した「教育発達学」の学びを通して、子どものこころと発達をめぐる問題の解決の道を探究します。そして、学齢期における子どものこころを理解し、こころの成長を支援できる教員、今日の学校教育における課題解決に取り組むことのできる人材育成を目指します。

教育発達学科の特徴

子どもがつまずかないための教育発達学

現代の子どものこころをめぐる問題には、発達や障害のメカニズムを理解した上で生活全体を視野にいれて包括的にアプローチすることが必要です。教育発達学科は、循環型教育システムを通して、子どもの理解と支援に関する学びを深め、①問題の予防と解決ができる力、②計画・実践・評価・改善サイクルを通じた個別支援と集団指導を行う力、③教科指導と生活指導を関連付けて実践する力を備えた、「こころを育て、子どもを支える」人材を育成します。

進路に合わせた3つのコース[2年次~]

1年次は子ども理解の基盤となる学びが中心。2年次からは専門性や進路に応じた3つのコースから1つを選択。教育現場で求められる多様な支援の在り方に対応する力を身に付け、進路を多彩に広げます。

※1 小学校教諭一種免許状と併せて取得する必要があります。
※2 他学科履修による副免許。各学年5~10人程度、選考あり。
※3 国際教育コース以外の学生でも、各コースで指示された科目の履修を満たした上で、所定の科目を履修すれば取得することが可能です。

4年間の流れ・カリキュラム

   

PDF(大学案内抜粋)

※カリキュラム編成は変更の可能性があります。
※年次は、当該科目を履修できる最低年次を表します。
※ヘボン・キャリアデザイン・プログラムについてはこちらをご覧ください。
※2019年度予定カリキュラムです。実際のカリキュラム・科目名は変更の可能性があります。
※コースごとに特徴的な科目を記載しています。一部の科目を除き、時間割が許せばどのコースの科目も履修可能です。
※他のコースの科目でも選択必修に指定されている科目があります。
※中学校教諭二種免許状(英語)は他学科履修によって取得できます(選考あり)。
※教職課程についてはこちらをご覧ください。
※特別支援学校教諭一種免許状(知的障害者・肢体不自由者・病弱者)の取得には、小学校教諭一種免許状を併せて取得する必要があります。
※社会教育主事については、2020年4月より、「社会教育士」という新たな称号付与が予定されており、それに伴い本学でも関連科目の一部改正が行われる予定です。
*異なるコースでも、選択必修科目として指定されています。

主な科目紹介

Featured ① 算数

小学校算数科の学習内容を、心理・数学の双方から分析し理解する

小学校算数科に関して、第1学年から第6学年における学習内容の全体を把握し、理解することがテーマです。数概念とこれに伴う計算についての理解、図形を探究するための方法として作図や証明する力の習得、問題解決のために統計の知識・技能を活用できることを目標とします。

Featured ② 障害児・者心理学(学習)

発達支援-教育指導を事例から学ぶ

障害のある子どもたちの行動や学習・コミュニケーション障害を理解し、その発達を支援し、教育指導を円滑に行うにあたって必要な基礎知識を学びます。

Featured ③ 多文化共生教育

グローバル化時代の多文化教育

グローバル化が進む社会への理解を深めた上で、多文化共生に関わる概念を学び、多文化社会における学習や教育を実践するための知識と能力を身につけます。

私の学び


柴田 康平
Kouhei Shibata
心理学部 教育発達学科(2019年卒)
東京都 大泉高等学校出身

特別支援教育の知識を習得し自立する力を子どもたちへ

特別支援学校の教員を目指し、その夢をかなえられる大学を探している中で明治学院大学の教育発達学科を見つけました。特別支援教育は、一人ひとりの実態に合わせた教育を行うのが基本です。そのためには、教員自身がどのように工夫して指導するかが重要なポイントになります。子どもの実態把握の仕方、指導方法、配慮すべきことなどの学びを、講義と実習、学生同士のディスカッションを通して日々深めています。教育発達学科は、学科内の関わりが多いところが気に入っています。教員という同じ目標と志を持つ仲間、子どものことについて情熱を持って考えるモチベーションの高い仲間と共に学ぶことはとても有意義です。それが自分にとって大きな刺激になってい ます。将来は、特別支援学校の教員として活躍するビジョンを描いています。この学科で習得した専門的な知識を活用し、自立して社会参加する力を子どもたちに身につけてもらい、豊かな人生を送れるようサポートしていきたいと思っています。

履修モデル(1年次秋学期)

卒業後の進路(2016~2018年度)

主な就職先

あいおいニッセイ同和損害保険/ ANAエアポートサービス/ 恩賜財団済生会/ 神奈川県教育委員会/ 川崎市教育委員会/ 北区役所/ クラブツーリズム/ 埼玉県教育委員会/ 埼玉県庁/ 相模原市教育委員会/ JTBグループ/ 資生堂/ 品川区教育委員会/ ジョンソン・エンド・ジョンソン/ スターフライヤー/ 住友生命保険/ 全日空商事/ 捜真バプテスト学園/ 高梨乳業/ 千葉県教育委員会/ 千葉市教育委員会/ 東京ドームホテル/ 東京都教育委員会/ 東京YMCA学院/ 栃木県教育委員会/ 日本郵便/ 日本航空/ パソナ/ 八王子市役所/ 藤沢市役所/ 二葉学園/ 船橋市教育委員会/ 文京区役所/ 法務省/ みずほフィナンシャルグループ/ 光村図書出版/ 港区教育委員会/ 横浜市教育委員会/ 横浜市役所/ 横浜市リハビリテーション事業団/など
2019年5月1日現在

就職内定者業種別比率(%)

入学試験制度一覧

入学案内 (入試情報)にてご確認ください。