スマートフォン版を表示

心理学科

心理学科 | 教育発達学科

“人と社会との関わりを重視した心理学”が心理学科の特徴の一つです。こころのメカニズムの科学的理解、複雑化する社会の中でどのような人や状況にも対応できる力、つまり、心理学に基づく分析力・実践力を身につけます。こころの科学的解明に興味を持ち、身につけた心理学の知識や研究方法を応用した社会貢献を志す学生を歓迎いたします。

※各ニュース、イベントの日時は掲載日を表示しています。各イベントの開催日は各ページにてご確認ください。

※心理学科は公認心理師カリキュラムに完全対応します。詳しくはこちらをご覧ください。
2018年度までの心理学科入学者(文学部心理学科卒業生を含む)を対象とした、公認心理師受験資格の特例措置に基づいた、在学中に取得した科目の読み替え表はこちらをご覧ください。

心理学科の特徴

心理学部にある心理学科として、より専門的で幅広い心理学に関する学びを提供しています。15名の専任教員の下、科学的手法によりこころを解明する基礎領域と、個人だけではなく家族・集団・コミュニティを対象とした支援の方法を身につける臨床領域までさまざまな心理学領域について学習できます。

4つの履修モデル

企業・ビジネスモデル

・一般企業への就職を目指します
・コミュニケーション力や問題解決力が、高い就職率として結実

公務員・教員モデル

・国家公務員心理職(家庭裁判所調査官など)、地方公務員(児童相談所・県庁・警察官など)、中学・高校教員を目指します

心理専門職モデル

・公認心理師・臨床心理士などの心理職資格取得を目指します
・スクールカウンセラー、医療機関心理士、教育相談員、児童福祉施設心理職など実績多数

研究者モデル

・大学、企業・自治体の研究所などでの研究者や教員を目指します
・本学大学院に加え、他大学大学院への進学実績多数

留学や国際交流も視野に入れた心理学のための英語教育

先進的な海外の研究動向を理解するために、「心理学英語講読A・B」などの科目を通して英語文献に触れます。また積極的に海外で学びたい学生の留学をサポートしています。

充実した実験・観察設備

より高度な専門知識とスキルを磨くための実験設備や観測機器が充実。また、統計的な手法が企業でも重要視されるなか、ビッグデータを扱えるコンピュータを導入し、調査・分析に役立てています。

国家資格である「公認心理師」養成カリキュラムへの完全対応

2018年4月以降の入学者は、指定された科目を在学中にすべて修めて卒業後、大学院において指定された科目をすべて修めて修了する、または、厚生労働省・文部科学省が指定する機関において指定された期間の実務経験を得ることにより、公認心理師国家試験の受験資格を取得することができます。

キャリア教育の充実化を図り多彩な進路選択が可能に

3年次には、さまざまな業界で活躍するゲストスピーカーによる科目「心理学とキャリア」を開講。心理学をキャリアにどう活かせるのか、実践的な知識とスキルを学びます。大学院進学者や修了生の話を聞く、白金心理学会主催の大学院進学イベントも開催しています。

徹底した少人数教育で実用的スキルを身につける

入学後すぐに始まる「基礎演習」で心理学の学習法を学びます。その後も4年間を通して、少人数制による実験実習科目や演習により実践的な心理学を学習します。教員や学生との活発なディスカッションを通してコミュニケーション力や問題解決力を養います。

4年間の流れ・カリキュラム

PDF(大学案内抜粋)

※年次は、当該科目を履修できる最低年次を表します。
※教職課程についてはこちらをご覧ください。
※ヘボン・キャリアデザイン・プログラムについてはこちらをご覧ください。
※2019年度予定カリキュラムです。実際のカリキュラム・科目名は変更の可能性があります。

主な科目紹介

Featured ① 心理学的支援法

職場、学校、地域社会などのさまざまな場で必要とされる心理学的支援について、基本的な理解を得る

心理学的支援を行う上での前提となる定義・倫理について学んだ上で、支援が必要とされる場や対象、適用と限界などについて概観し、代表的な心理療法とそれぞれの場における心理学的支援の実際について学びます。さらに、支援者となるために必要なコミュニケーションスキルや心の健康教育について学びます。

Featured② 社会・集団・家族心理学Ⅱ

現代社会におけるさまざまな家族の問題を理解し、その援助方法を学ぶ

家族心理学および家族療法の基礎理論を学び、家族の葛藤や問題をどのように理解し、臨床的な援助につなげていくかについて学習します。家族というシステムの複雑さについて理解を深め、家族をより多面的に理解できるようになることが目標です。

私の学び


大野 めぐみ
Megumi Ohno
心理学部 心理学科(2019年卒)
東京都 小平南高等学校出身

ストレス社会を生きる人々のメンタルヘルスを支える力を養成

高校生のころ、うつ病になる人・ならない人の違いに興味を持ち、心理学を学びたいと思ってこの学科を志望しました。大学での学びでは、3年次の「臨床心理実習A」という授業で、グループワークを通して人の話を聞く姿勢や相手への質問の仕方などを工夫して信頼関係を築き、相手に傾聴することの大切さを学びました。これは日常生活で初対面の人と接する時などにも役立っています。また、ゼミでは大学生活を送る中で自分が強く関心を持った、ストレス状況下で心理的不適応を乗り越えてうまく適応する力「レジリエンス」をテーマに卒業論文を執筆しています。心理学には幅広い専門領域がありますが、明治学院大学ではさまざまな先生方の元でそれぞれの専門領域を学べることが魅力です。将来は大学院に進学し、うつ病による休職者をテーマに研究したいと考えています。さらにその先は 企業に所属する臨床心理士になって、メンタルヘルス不調者に対する心理的援助や心理的な問題の予防などを行いたいと思います。

履修モデル(例)3年次春学期

卒業後の進路

卒業生の約7割がIT・金融等の一般企業に就職し、その他、医療・福祉関係、公務員・教員など、進路は多岐にわたります。人のこころと関わる仕事は多くの領域に関係しているため、心理学を学んだ卒業生の活躍の場が広がっています。また、心理学をさらに専門的に研究したい学生、あるいは、心理学の専門家(公認心理師・臨床心理士など)を目指したい学生のためには本学大学院(心理学研究科博士前期・後期課程)があり、博士前期課程には「心理学」「臨床心理学」の2コースが開設されています。「臨床心理学コース」は公認心理 師養成カリキュラムに完全対応しており、指定された科目を全て修めて修了することにより、公認心理師国家試験の受験資格を取得することができます。加えて、「臨床心理学コース」は臨床心理士養成のための第一種指定大学院となっており、学生は、指定されたカリキュラムを修めることにより臨床心理士の資格試験を受験することができます。「心理学コース」では、研究者を目指す人材を育成します。

主な就職先(2015~2017年度)

健康保険協会/損害保険ジャパン日本興亜/大日本住友製薬/タカラトミーマーケティング/東京都庁/東ハト/独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構/戸田中央医科グループ/日本通運/日本郵便 /日本経済広告社/日本旅行/野村證券/パソナ/東日本旅客鉄道/ブライダルプロデュース/ホシザキ/星野リゾート/マクロミル/みずほフィナンシャルグループ/三井住友銀行/三菱UFJ信託銀行/山 の上ホテル/横浜銀行/横浜市教育委員会/りそなグループ/良品計画/ワークスアプリケーションズ など
2018年5月1日現在

入学試験制度一覧

入学案内 (入試情報)にてご確認ください。