スマートフォン版を表示

芸術学科

英文学科 | フランス文学科 |  芸術学科

芸術を愛し、その素晴らしさを伝える人材を育成します

“芸術”や“アート”に関する知識、理論、歴史について学び、 芸術の伝統と変革という視点を研ぎすましながら、 芸術にまつわるコミュニケーションの在り方なども幅広く探求します。 私たちは、“芸術”に対する興味を大切に育て、確信を持って学ぼうとする意欲には高度な専門知識で応えます。 “芸術”や“アート”のことが頭から離れない学生を期待します。

※各ニュース、イベントの日時は掲載日を表示しています。各イベントの開催日は各ページにてご確認ください。

芸術学科の特徴

本学科は実技習得ではなく、人間・文化・社会との関わりの中で芸術そのものや、その背景までをも総合的に学ぶことのできる日本の大学のパイオニア的存在となる学科です。

1年次にあらゆる芸術分野の領域を学習、2年次より専門領域へ

6つのコース(5つの専門コースと総合芸術学コース)

音楽学コース

現代における音楽の材料を歴史と理論をもとに、多角的に考察。世界各地の民俗音楽やポピュラー音楽を古典から現代まで幅広く学び、自分なりの音楽の世界観を構築します。

映像芸術学コース

厳選した世界のさまざまな国・地域から集めた多彩なジャンルの映画作品100本を鑑賞し、討論を重ねながら映像体験を積みます。作品に託されたメッセージを読み取る視点を修得します。

美術史学コース

世界のあらゆる地域の美術をターゲットに、美術を深く多面的に考察。研究者や学芸員を目指すことも、生活の中の視覚イメージを解読する力を身につけることも可能です。

芸術メディア論コース

従来の芸術の枠に収まらないさまざまな文化的事象を、メディア・コミュニケーションや文化社会学の視座から探究。ワークショップなど実践的な学びを通して柔軟な思考を身につけます。

演劇身体表現コース

舞台芸術の豊かさを、演劇、バレエ、ダンス、ミュージカル、伝統演劇など、古今東西の舞台芸術の歴史や理論、その可能性、意味など多角的に探求します。また、身体技法の実習、実践型講義も開講。

総合芸術学コース

音楽学・映像芸術学・美術史学・芸術メディア論・演劇身体表現の専門5コースを横に紡ぎ、幅広い授業のラインナップから芸術をとらえます。広い視野を持った芸術の理解者を育みます。

学芸員資格

学芸員科目を履修することで、国家資格である学芸員資格を取得することが可能です。学芸員には、美術史学など特定分野の専門知識だけでなく美術館・博物 館の使命や運営、収集品の管理と保全、安全で効果的な展示の企画と実施法など、広範な知識や技能が要求されます。

4年間の流れ・カリキュラム

PDF(大学案内抜粋)

※年次は、当該科目を履修できる最低年次を表します。
※ヘボン・キャリアデザイン・プログラムについてはこちらをご覧ください。

主な科目紹介

Featured ① 音楽学基礎演習

音楽学の基礎を学びながら、各自、与えられた課題について資料を集め、研究し、その成果の発表(プレゼンテーション)を通して、学問的分析・考察の方法を身につけます。

Featured ② 西洋美術史演習

西洋美術史の新しく興味深い研究論文をベースに学生主体で発展研究を行います。春学期に論文を講読し、秋学期には各自がテーマを選んで発表・討論します。

Featured ③ 映画史通説

100年を超える歴史を持つ映画ですが、芸術としてはまだ新しいジャンルです。短いながらも濃密な歴史を、表現、思想、技術面などからたどっていきます。

Featured ④ メディア・コミュニケーション論序説

テレビやインターネットだけでなく、情報や意味を媒介するさまざまなものを「メディア」ととらえ、その歴史をたどりながら芸術表現や文化活動との関係を学びます。

私の学び


田中 ボニー 心
Kokoro Boni Tanaka
文学部 芸術学科(2020年卒)
東京都 世田谷総合高等学校出身

幅広いジャンルの学びを糧にしてアートの世界を追究

芸術家の祖父の影響を受け美術に興味を持っていました。中学生の時に美術の授業で美術史に魅せられて、学芸員の資格取得を目指すように。芸術学科は現役で活躍されている教授が多く、1・2年次に全コースの授業がとれる点にも惹かれて入学しました。もともとは西洋美術に関心がありましたが、授業を受けていく中で興味や研究対象が変化し、現在は日本・東洋美術史のゼ ミに所属しています。2年間にわたり一人の画家の一つの絵画について研究発表を行い、卒業論文でまとめることが目標です。その経験を活かして、将来は美術史に限らず、現代アート、そして現役のアーティストをサポートして世の中に発信していきながら、自身の興味があるもの、研究したいことをもっと突き詰めていきたいと考えています。ここでさまざまなジャンルの授業を受けたことは将来の糧になっており、「芸術は面白い!」と再確認しながら学ぶことができています。

履修モデル(例)2年次春学期

卒業後の進路(2016~2018年度)

主な就職先

AOI Pro./ 赤ちゃんとママ社/ 旭化成ホームズ/ 荒川区役所/ 伊藤忠アビエーション/ 枻出版社/ NTTデータ・フィナンシャルコア/ キリンビバレッジ/ クリーク・アンド・リバー社/ サンリオ/ JVCケンウッド/ 四季/ ZOZOテクノロジーズ/ ソニー・ミュージックエンタテインメント/ 第一生命ホールディングス/ タイトー/ 千葉銀行/ TBSスパークル/ テレビ朝日映像/ 電通クリエーティブフォース/ 東映アニメーション/ 東急エージェンシー/ 東京テアトル/ 東北新社/ 日鉄物産/ 日本赤十字社/ 日本通運/ 日本郵便/ 日本ヴォーグ社/ 日本航空/ 博展/ ハピネット/ 東日本銀行/ ポーラ/ 三井住友海上火災保険/ 三井住友銀行/ ヤフー/ USEN/ U-NEXT/ ワークスアプリケーションズ/ など
2019年5月1日現在

就職内定者業種別比率(%)

入学試験制度一覧

入学案内 (入試情報)にてご確認ください。