スマートフォン版を表示

フランス文学科

英文学科 |  フランス文学科 |  芸術学科

約30カ国もの国々で公用語として使用されるフランス語。〈日本〉でも〈アメリカ〉でもない〈フランス語圏〉という地域の文化・芸術の歴史や、それを支える感覚の在り方を、語学と共に学びます。文学や思想をめぐる豊かで鋭い言葉、美術や映画の斬新なイメージと出会い、みずみずしい感性で個々の創造力の扉が開かれることを期待します。

フランス文学科の特徴

フランス語を学び、フランスの文化や歴史を考察することは、何よりもまず、目の前に新しい世界が広がることにつながります。初めて触れる言語、憧れていた文化への扉を開いてみませんか。

フランス人教員による授業で耳から覚える

フランス文学科のほとんどの新入生は、入学して初めてフランス語に触れます。フランス語の学習は、文法、会話、テキストの講読から始まります。まずは、ネイティブの教員による授業で発音に耳を慣らすことが大切です。文学や芸術、思想などへの興味が上達を後押しします。

文学、アート、音楽などさまざまな領域を横断的に学修

文学作品の楽しみ方を探りながら、同時にアートや音楽、映画、思想や歴史、社会問題やモードなど、さまざまな観点からフランス文化の過去と現在を考察し、ユニークな発想と表現を培います。

講演会や芸術鑑賞で本物のフランス文化に触れる

映画の上映やコンサート、フランス人研究者による講演会、ワインの講習会など、さまざまな特別授業やイベントを通して、フランス文化に直に触れる機会を提供しています。

短期・中期・長期 多彩な留学プランを用意

4年間の間に一度は留学を体験したい。そうした意欲を、フランス文学科では積極的にサポートしています。1ヶ月、半年、1年の期間で、パリやディジョンの大学付属語学学校、エクス政治学院、レンヌ大学、ニース大学への留学制度を制定。単位認定制度により、卒業を遅らせることなく異文化を体験することが可能です。

検定対策や留学に向けた対策科目も充実!

  • DELF(フランス国民教育省認定のフランス語資格)対策のできる 「Préparation au DELF」
  • 実用フランス語技能検定試験(仏検)対策のできる「検定対策フランス語(2級~5級)」
  • ニュースが読めるようになる 「時事フランス語」

4年間の流れ

カリキュラム

・「 Exercices Pratiques」や「仏会話」は、全てフランス人教員による授業です。 
・3年次演習(ゼミ)は、同時に2つのゼミに所属することができます。
※年次は、当該科目を履修できる最低年次を表します。
※教職課程については こちらをご覧ください。
※ヘボン・キャリアデザイン・プログラムについては こちらをご覧ください。
※2018年度予定カリキュラムです。実際のカリキュラム・科目名は変更の可能性があります。

主な科目紹介

Close-up①フランス語の諸相

世界の中のフランス語の現状を通して多言語主義を考える

フランコフォニー(フランス語の話される地域)はスイス、ベルギーなどのヨーロッパ諸国をこえ、北米カナダ、北アフリカ、西アフリカへと広がっています。それぞれの地域の抱える問題を知り、多言語主義について考察すると共に、比較文法の視点からフランス語の特性をくわしく学びます。

Close-up ②フランス語1

初級文法を確実におさえコミュニケーション力の基礎を作る

フランス語特有の発音や文法の体系を反復練習を通じて学び、フランス人講師による会話の授業と並行して、自ら発信できる語学力を身につけます。

Close-up ③現代翻訳論

日‐仏の翻訳の現場に立ち会い正確で創造的な翻訳を考える

日本文学の翻訳を手がけているフランス人教員が、豊富な実例をもとに翻訳論の基礎と実践を教授。文学研究の新たな展開と翻訳の密接な関わりについて論じます。

Close-up ④写真芸術

ダゲレオタイプから現代アートまで写真術の刺激的な展開を知る

19世紀にフランスで発明された写真術が社会にどのようなインパクトをもたらし、芸術の表現に変容をもたらしたかを、作品の検証と文献講読を通じて考察します。

卒業論文タイトル

  • アントワーヌ・ド・サン・テグジュペリ—大地への飛翔—
  • 『ぞうのババール』—絵本にこめられた大人へのメッセージ—
  • 日本とフランスのことわざ
  • ポール・ゴーギャン—地上の楽園タヒチ—
  • パリの眼—パリを愛した外国人写真家ブラッサイ—
  • ヌーヴェルヴァーグの出発点とその成功—フランソワ・トリュフォー研究—
  • ローラン・プティ—クラシック・バレエへの挑戦—
  • エリック・サティ研究—鉛のように鈍重に—
  • フランスの家族—多様化する家族のかたち—

私の学び


田中 佑香
Yuka Tanaka
文学部 フランス文学科(2018年卒)
東京都 若葉総合高等学校出身

大好きな言語を追究し将来は、日仏の懸け橋に

もともと語学が好きだった私は、尊敬するアーティストが好きだと言っていたフランスに興味を持ち、フランス文学科に進学。入学してみると思った以上に国際的な環境でした。学科では、フランス語の文法や読解を中心に、まずは語学の基礎から始まり、文化やフランスに関する文学、社会情勢、制度、歴史などを学んでいきます。私の場合、1年次の文法の授業でフランス語には「時制」「法」が多くあることに興味を持ち、言語学、比較言語学へと興味が深まっていきました。3年次の9月から1年間、協定留学制度を利用してフランスのレンヌ大学へ留学。大学の学部に所属する他の国の留学生、欧州の協定校からきた学生、フランス人学生などさまざまな国の友人たちと一緒に言語学を学ぶことができました。フランスにいた1年で、”食”に関する関心が大いに高まり、将来は食材を扱う貿易関係の仕事に就いてみたいと考えるようになりました。そのためにも卒業後は、フランスの大学院へ進学したいと思っています。

田中さんの語学勉強のおすすめ法:「紙の辞書を一冊の本として持とう」

とにかく困ったら辞書を使って調べていました。また、目先の勉強のためだけでなく辞書そのものを読むこともおすすめします。机の傍らには、英語、フランス語、ラテン語、中国語、そしてもちろん日本語の辞書も。目次から最後の索引まで、たくさんの言葉について書かれているのでとても楽しめます。

履修モデル(例)2年次春学期

卒業後の進路

金融・保険業界をはじめ、食品関連や広告・出版、航空会社や旅行関連の企業、ファッション業界などへ進んでいます。そのほか、中学・高校の教員になる人、大学院に進学して研究を続ける人、また、フランスに留学してダンサーやパティシエを目指す人など、フランス文学科の自由な雰囲気を反映して、卒業生の進路も多彩です。

主な就職先(2015~2017年度)

みずほフィナンシャルグループ/三井住友銀行/三菱UFJ銀行/ゆうちょ銀行/りそなグループ /横浜銀行 /千葉銀行 /野村證券 /大和証券グループ /あいおいニッセイ同和損害保険 /住友生命保険 /第一生命ホールディングス /イッセイミヤケ /LVMHファッション・グループ・ジャパン /コーセー /ジュン /ジョイックスコーポレーション /ストライプインターナショナル /ナルミヤ・インターナショナル /羽田エアポートエンタープライズ /ヤギ /ラコステジャパン /リシュモンジャパン /JTBグループ /全日本空輸 /日本郵便 /日本航空 /アトレ /大和ハウス工業 /竹中工務店 /高見 /テイクアンドギヴ・ニーズ /東京ドームホテル /横浜ロイヤルパークホテル /アサツーディ・ケイ /サイバー・コミュニケーションズ /チューリップテレビ /博報堂プロダクツ /ソフトバンク /楽天 /エノテカ /兼松 /日本食研ホールディングス /良品計画 /全国共済農業協同組合連合会
2018年3月7日現在

入学試験制度一覧

入学案内 (入試情報)にてご確認ください。