スマートフォン版を表示

フランス文学科

英文学科 |  フランス文学科 |  芸術学科

約30カ国もの国々で公用語として使用されるフランス語。〈日本〉でも〈アメリカ〉でもない〈フランス語圏〉という地域の文化・芸術の歴史や、それを支える感覚の在り方を、言語と共に学びます。文学や思想をめぐる豊かで鋭い言葉、美術や映画の斬新なイメージと出会い、みずみずしい感性で個々の創造力の扉を押し開いてみてください。

フランス文学科の特徴

新たな言語を学び、その文化や歴史について深く考察することは、何よりもまず、新たな価値観や思考法に向かって自己を開放することにつながります。4年間を通じて、豊かな発想の源をたくさん蓄えましょう。

フランス人教員による授業で耳から学ぶ

フランス文学科のほとんどの新入生は、入学して初めてフランス語に触れます。フランス語の学習は、文法、会話、テキストの講読から始まります。まずは、ネイティブの教員による授業で発音に耳を慣らすことが大切です。文学や芸術、思想などへの興味が、上達を後押しします。

文学、アート、音楽などさまざまな領域を横断的に学修

文学作品を楽しみつつ、同時にアートや音楽、映画、思想、歴史、社会問題やモードなど、さまざまな観点からフランス文化の過去と現在を考察し、ユニークな発想と表現を培います。

講演会や芸術鑑賞で本物のフランス文化に触れる

映画の上映やコンサート、フランス人研究者による講演会、ワインの講習会など、さまざまな特別授業やイベントを通して、フランス文化に直に触れる機会を提供しています。

短期・中期・長期 多彩な留学プランを用意

4年間の間に一度は留学を体験したい。そうした意欲を、フランス文学科では積極的にサポートしています。1 ヶ月、半年、1年の期間で、パリやディジョンの大学付属語学学校、エクス=アン=プロヴァンス政治学院、レンヌ第二大学、ニース・ソフィア・アンティポリス大学への留学制度を制定。単位認定制度により、卒業を遅らせることなく異文化を体験することが可能です。

検定対策や留学に向けた対策科目も充実!

  • DELF(フランス国民教育省認定のフランス語資格)対策のできる 「Préparation au DELF」
  • 実用フランス語技能検定試験(仏検)対策のできる「検定対策フランス語(2級~5級)」
  • インターネット上のニュースや、フランスの生活や文化についての最新の情報が読めるようになる「時事フランス語」

4年間の流れ・カリキュラム

   

PDF(大学案内抜粋)

・「 Exercices Pratiques」や「仏会話」は、全てフランス人教員による授業です。 
・3年次演習(ゼミ)は、同時に2つのゼミに所属することができます。
※年次は、当該科目を履修できる最低年次を表します。
※教職課程については こちらをご覧ください。
※ヘボン・キャリアデザイン・プログラムについては こちらをご覧ください。
※2019年度予定カリキュラムです。実際のカリキュラム・科目名は変更の可能性があります。

主な科目紹介

Featured ① フランス語の諸相

世界の中のフランス語の現状を通して多言語主義を考える

スイス、ベルギー、カナダ、北アフリカへと広がるフランス語の現状を知り、それぞれの地域のフランス語の特性や、地域特有の問題について考察します。

Featured ② 現代翻訳論

日ー仏の翻訳の現場で、正確かつ創造的な翻訳について考える

日本文学の翻訳を手がけるフランス人教員が、豊富な実例をもとに翻訳論の基礎と実践を伝授。文学研究の新たな展開と翻訳の関係について論じます。

Featured ③ 観光フランス語

ガイドブックを原文で読みこなし、フランスの観光の現状を知る

フランス語で書かれたガイドブックの読み方を学び、フランスの観光地や観光業の現状についての新聞・雑誌記事を読み、実践的な語学力を身につけます。

Featured ④ 写真芸術

ダゲレオタイプから現代アートまで、写真術の刺激的な展開を知る

19世紀にフランスで発明された写真術が、当時の社会にどれほどインパクトを与え、新たな芸術表現の道を開いたか、作品鑑賞と文献講読を通じて考えます。

私の学び


菅原 美乃里
Minori Sugawara
文学部 フランス文学科(2019年卒)
神奈川県 弥栄高等学校出身

日々の暮らしから語学を学んだ半年間のパリ留学

私はパンが大好きで、「パンと言えばフランス」というところからフランス語に興味を持ちました。もともと語学も好きだったので、大学では英語以外の語学を学びたいと思い、フランス語を学べるフランス文学科に入学しました。特に印象に残っているのは、パリへの留学です。半年間、パリ カトリック学院に通い、フランス語はもちろん、フランスの文化や歴史、ファッションなどについても学びました。留学プログラムにはホームステイと寮生活の2つがあったのですが、私はホームステイを選択し、フランスの一般の家庭でお世話になりました。現地の大学での授業も充実したものでしたが、ホームステイ先でのマダムとのコミュニケーションもとても刺激的で、たくさんの学びを得ることができました。留学は、実際に現地で生活しながら語学や文化を学べるとても貴重な機会です。フランス文学科を目指す皆さんにも、ぜひ経験してもらいたいと思います。

履修モデル(例)2年次春学期

卒業後の進路

卒業生は金融・保険業界をはじめ、食品関連や広告・出版、航 空会社や旅行関連の企業、ファッション業界などへ進んでいます。その他、中学・高校の教員になる人、大学院に進学して研究を続ける人、また、フランスに留学してダンサーやパティシエを目指す人など、フランス文学科の自由な雰囲気を反映して、卒業生の進路も多彩です。

主な就職先(2015~2017年度)

あいおいニッセイ同和損害保険/アサツーディ・ケイ/イッセイミヤケ/茨城県警察本部/SMBC日興証券/エノテカ/LVMHファッション・グループ・ジャパン/兼松/コーセー/JTBグループ/シャープ/シンガポール航空/スイスポートジャパン/住友商事マシネックス/全国共済農業協同組合連合会/全日本空輸/ソフトバンク/第一生命ホールディングス/大和証券グループ本社/大和ハウス工業/高見/竹中工務店/東京ドームホテル/長野県教育委員会/日本郵便/日本航空/公益財団法人日本舞台芸術振興会/野村證券/パーソルキャリア/博報堂プロダクツ/ポーラ/みずほフィナンシャルグループ/三井住友銀行/三菱UFJ銀行/ヤギ/横浜銀行/楽天/リシュモンジャパン/りそなグループ/良品計画 など
2018年5月1日現在

入学試験制度一覧

入学案内 (入試情報)にてご確認ください。