スマートフォン版を表示

フランス文学科 Department of French

越境のすすめ—あなたの〈今〉から遠く離れるために

私は何をしたいんだろう、何ができるんだろうと考え込むよりも、今の環境とはまったく異なる場所に、思い切って身を投じてみる。新たな出会いをいくつも経験しながら、自分はこれだというスタイルを手に入れる—
フランス文学科の授業には、中世の吟遊詩人から近代の画家や小説家、20世紀の思想家、映画監督に至るまで、さまざまな時代の、刺激的な人物たちが登場します。その思いがけない言葉や不思議な発想のかずかずに触れながら、自分自身をより深くとらえ、世界をより鋭く感じとるための、新たな、もう一つ別のアンテナをつくっていきます。

フランス文学科の特色

Point 01丁寧な語学学習カリキュラム

ほとんどの新入生は、フランス語を初めてならう人たちです。ついていけるだろうかと不安に思うかもしれませんが、初歩からゆっくりと、着実に指導します。1年次からフランス人教師の授業も必修で、実践的な力の養成にも力を入れています。


Point 02フランス文化への多様な切り口

言語、文学、歴史、思想、美術、映画など、本学科はフランス文化への多様なアプローチが特徴です。他大学のフランス文学・文化系の学科には、あまり例がないといっていいでしょう。

Point 03充実した留学制度

1年間の長期留学、夏休み期間の短期留学に加えて、半年間の中期留学制度もあります。この中期留学はユニークな制度で、毎年学生の注目度も高くなっています。4年間での卒業が可能です。


Point 04ゼミと卒論

3年次と4年次には、学生全員がゼミに所属し、特定のテーマのもとに研究を行います。また卒論も全員が必修です。問題提起の力や理解力、文章力など、社会に出てからも必要なさまざまな能力が間違いなく鍛えられます。完成したときの達成感は、大学生活におけるかけがえのない喜びとなります。

Program Structure(領域・流れ)

フランス文化のありようを理解するには、まずは言語の習得から始めましょう。3年次からは、多種多様な専門科目(「3つの科目群」)や少人数制のゼミ(演習)が始まります。卒業論文(必修)は4年間の集大成です。自説を説得的に展開するすべを身につけます。

主な演習(ゼミナール)のテーマ

  • 読む映画、書く映画
  • ポスト印象派の画家たち
  • ミシェル・フーコーの思想
  • 現代小説とフィクション論
  • パリ・コミューンの資料を読む
  • 現代フランス語の諸問題
  • 小説に描かれた幼少期
  • 小説からの哲学/哲学からの小説
  • 詩人ボードレールが語る文学と美術
  • 生きる速度について考える―文学・映画・音楽を通じて

※教職課程についてはこちらをご覧ください。
※ヘボン・キャリアデザイン・プログラムについてはこちらをご覧ください。

Topics

フランス語の諸相

国際語の一つであるフランス語には話される地域や発話者の年齢層、居住地によってさまざまなバリエーションがあります。海外領のフランス語、国内の地域語、郊外のフランス語の現状とその歴史に触れ、フランス語の真の姿を理解します。

詩と演劇

フランスの移民問題を学ぶために、移民を主人公にしたフランス語の演劇を読みます。作品を日本語に訳した上で実際に演じてみることで、自分の身体を通して他者(Others)の理解を深めます。

時事フランス語

新聞の電子版やニュース動画を材としてフランス社会の諸問題について学び、実践的な語学力と社会的な視座を養います。

私の学び

吉浪 まい Yoshinami Mai 文学部 フランス文学科4年
東京都 宝仙学園高等学校出身

フランスの文化に触れ視野が広がる楽しみ

フランス文化に興味があったので他大学よりもフランス文学に特化している明学を選びました。少人数精鋭のフランス文学科は、クラス単位の授業も複数あるため先生と学生の距離が近いです。また「フランス文化研究」の授業では20区あるパリの街を文化と共に見ていくので楽しみながら自分の視野を広げられる点が魅力です。入学してから始めたフランス語でしたが、2年次と3年次の留学を経て語学力が飛躍的に向上し「DELF B2」という上級者向けの認定試験に合格し自信につながりました。

卒業後はIT業界への就職が決まっています。社会人になってからも仕事と趣味を両立させて、より多くの人にフランス語とフランス語圏の文化の面白さを伝えていきたいと思っています。

ゼミナール紹介

目の冒険者と共に
―印象派の美学をめぐって

湯沢ゼミ / 3年次 /
湯沢 英彦 教授

印象派の絵画を見るための知識を身につけ、自分の視点から説得力のある言葉を生みだす

世界をあらたに見出す

モネやドガ、ルノワールといった印象派の画家たちは、日常の世界から予想外の表情を切り出します。彼ら「目の冒険者」たちは、退屈な常識のメガネを外せば、世界はこう新しい、こう見えるではないか、と教えてくれます。ゼミでは、人や社会の何気ない瞬間に、みずみずしい命を吹きこむ技芸を確認していきます。

心の波立ちを言葉にのせる

私たちは今、情報の洪水に押し流されながら、安易で 粗雑な言葉や物語に頼りがちです。何が欲しいのかも AIが教えてくれ、「感動」という経験も、すでに操作計算の対象。そんな時代に「人」を取り戻すには?例えば、作品を見つめたときの心の波立ちに耳をすませ、それを自分の言葉にのせてみる。ゼミとは、きれいな正解ではなく、多様な声を生み育てるための実験室なのです。

フランス文学科オリジナルサイト

入学試験制度一覧

入学案内 (入試情報)

人材養成上の目的・教育目標

文学部フランス文学科は、文学部の「人材養成上の目的・教育目標」に基づき、フランス文学科の「人材養成上の目的・教育目標」を次のとおり定める。

フランス文学科は、フランスさらにはヨーロッパ全域へと視野を広げることで、ともすれば画一化されがちな日本社会に向けてユニークな発想を提言できるような、斬新な視点をもった創造性あふれる人材を養成することを目的とする。このような目的のもと、本学科では、フランスおよびフランス語圏の言語および文学・芸術・歴史・思想の研究を通じて、感性と知性を養うとともに、自らの着想を他の人々に確かに伝える表現力を鍛え、真に豊かな文明のありようを追求することを教育目標として定める。

卒業の認定・学位授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

文学部フランス文学科は、文学部の「卒業の認定・学位授与に関する方針」に基づき、フランス文学科の「人材養成上の目的・教育目標」に沿った人間を育成するため、所定の期間在学するとともに126単位を修得し、次の能力を身につけることを卒業認定と学位授与の要件とする。
具体的な到達目標は、次のとおりである。

  1. フランス語の文法や発音の基礎を習得し、読み、書き、聞き、話すための実践的な運用能力を身につけている。
  2. フランス語圏の言語・文化・文学・芸術・歴史・思想について、個別的で広汎な知識を身につけるとともに、自らの思考を相対化する術を習得している。
  3. 異なる背景をもつ人々の意見に耳を傾け、現代社会における多様な文化のあり方をともに追究する姿勢を身につけている。
  4. 自分自身で問題を提起し、資料を探索・収集して立論に必要かつ有効な情報を選び出して、論理的かつ説得的に自らの見解を述べる力を獲得している。

教育課程の編成および実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

文学部フランス文学科は、文学部の「教育課程の編成および実施に関する方針」に基づき、フランス文学科の定める「人材養成上の目的・教育目標」および「卒業の認定・学位授与に関する方針」に沿って、次のとおり「教育課程の編成および実施に関する方針」を定める。
フランス文学科では、フランス語およびフランス文化の基礎を学ぶ科目から専門科目群へと、学生の関心を段階的、継続的に引き出し、その深化を促す、一貫した積み上げ方式のカリキュラムを編成する。

  1. 1年次・2年次には、日本人教員とネイティブの教員の担当するクラス制の授業(必修)で、重点的にフランス語の基礎(文法・講読・会話・作文)を学ぶ。フランス語力の指標となる外部検定試験・実用フランス語技能検定試験(仏検)対策の授業も、 1年次より設置している。
  2. 1年次・2年次には、専門教育への導入的な科目(必修・選択)を設ける。フランス語圏の文学、文化、歴史、社会についての概説的な授業を講義形式で行うとともに、個別特殊な問題を扱う演習形式の授業を設ける。
  3. 3年次・4年次には、そうした一連の授業で培われた個別的な関心を深められるよう、さまざまな時代や地域、分野を専門とする教員による、多彩な専門教育科目(選択必修)を配置する。「ことばと文学」、「思想と社会」、「芸術と文化」の3つの系列に分類されるこれらの専門科目を、学生は主体的に選択して履修し、体系的な知識を身につける。
  4. 3年次・4年次には、少人数制の「演習」(必修ゼミ)に所属する。「演習」ではフランス語圏の言語・文学・芸術・歴史・思想の諸問題をテーマに掲げ、グループ学習や議論を通じて、他人の意見を尊重しつつ、自らの見解を説得的に述べるためのコミュニケーション能力を身につけることを目指す。
  5. 4年次必修の「卒業論文」では、指導教官の指導のもとに関心分野をしぼりこみ、論文のテーマを決定する。学生は資料探索、プランの作成、執筆のすべての段階にわたり、指導教官の助言を得ながら、自ら見つけた課題について、資料を探索・収集し、自らの着想を論理的かつ説得的に組み立てる術を学ぶ。
  6. 1年次・2年次に引き続き3年次・4年次でも、読み、書き、聞き、話すための実践的なフランス語の訓練を行う。中級講読の授業(必修)やネイティブの教員による会話中心の授業(選択必修・選択)を通じ、中級、上級へのレベルアップをはかる。仏検対策の授業に加え、3年次以降は、フランス語圏の大学機関への留学に際して取得を要請されるDELF(フランス国民教育省が認定した公式フランス語資格)対策の授業も設置する。

学習成果の評価については授業の性格に応じ、レポート・筆記試験に加え、口頭発表(プレゼンテーション)を通じて、目標達成度や主体的な学びの姿勢を評価する。また、卒業論文に関しては、主査と副査の2名による厳正な審査を通して、主題に関する知識および理解度、問題解決力、創造的思考力を総合的に評価する。

その他、所定単位を修得することによって多文化共生ファシリテーター/サポーターの認証資格取得も可能である。

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

文学部フランス文学科は、文学部の「入学者の受入れに関する方針」に基づき、フランス文学科の定める「人材養成上の目的・教育目標」に照らして、フランス文学科の「卒業の認定・学位授与に関する方針」および「教育課程の編成および実施に関する方針」に沿って、次のとおり「入学者の受入れに関する方針」を定める。

  1. 求める人材像
    1. フランス文学科における学びに取り組む前提として、知識・技能、思考力・判断力および文章読解力・表現力等において、高等学校等で修得すべき基礎的な能力を身につけている。
    2. フランスの言語、文学、歴史、芸術、思想を窓口として、広くヨーロッパおよびフランス語圏の文化を学ぼうという志をもち、また、自国の文化とも英語圏の文化とも異なる、多様で刺激に満ちた文化のありようを学び、常識にとらわれない発想や斬新な提言ができるようになりたいという意欲をもっている。
    3. 本学の教育理念である“Do for Others(他者への貢献)”を理解・共感し、現代社会に生起する様々な問題に関心をもち、フランス文学科における主体的な学びを通して共生社会の担い手となる意欲をもっている。
  2. 入学者選抜の基本方針
    上記「求める人材像」に掲げる基礎的な能力、志および意欲をもっているか否かを評価する。
  3. 入学者選抜の種類と評価方法
    入学者選抜にあたっては,「一般入学試験」または「特別入学試験」を行い,「入学者選抜の基本方針」に則って評価する。入学者選抜の種類として,一般入学試験による「全学部日程」,「A日程」のほか,大学入学共通テストを用いた「大学入学共通テスト利用入学試験」がある。そのほか「自己推薦AO入学試験」,「指定校推薦入学試験」,「系列校特別推薦入学試験」などの特別入学試験がある。  評価方法も試験の種類によって,筆記試験のほか筆記による語学(英語やフランス語)の基礎学力を重視するものや面接により知的好奇心や学習意欲をみるものなどがあり,これらの試験を通じて本学科で学び,社会で活躍する人材を選抜する。

おすすめ