スマートフォン版を表示

フランス文学科 Department of French

ヨーロッパへの越境、そしてフランスの過去と現在を旅するために

約30カ国もの国々で公用語として使用されるフランス語。フランスはもちろん、さらに 〈フランス語圏〉という広域の文化・芸術の歴史や、それを支える感覚の在り方を、言語と共に学びます。文学や思想をめぐる豊かで鋭い言葉、美術や映画の斬新なイメージと出会い、みずみずしい感性で個々の創造力の扉を押し開いてみてください。

フランス文学科の特色

Point 01フランス人教員による授業で耳から学ぶ

フランス文学科のほとんどの新入生は、入学して初めてフランス語に触れます。フランス語の学習は、文法、会話、テキストの講読から始まります。まずは、ネイティブの教員による授業で発音に耳を慣らすことが大切です。文学や芸術、思想などへの興味が、上達を後押しします。


Point 02短期・中期・長期、多彩な留学プランを用意

4年間の間に一度は留学を体験したい。そうした意欲を、フランス文学科では積極的にサポートしています。1ヶ月、半年、1年の期間で、パリやディジョンの大学付属語学学校、エクス=アン=プロヴァンス政治学院、レンヌ第二大学、ニース・ソフィア・アンティポリス大学への留学制度を制定。単位認定制度により、卒業を遅らせることなく異文化を体験することが可能です。


Point 03講演会や芸術鑑賞で本物のフランス文化に触れる

映画の上映やコンサート、フランス人研究者による講演会、ワインの講習会など、さまざまな特別授業やイベントを通して、フランス文化に直に触れる機会を提供しています。


Point 04文学、アート、音楽などさまざまな領域を横断的に学修

文学作品を楽しみつつ、同時にアートや音楽、映画、思想、歴史、社会問題やモードなど、さまざまな観点からフランス文化の過去と現在を考察し、ユニークな発想と表現を培います。


Point 05検定対策や留学に向けた対策科目も充実!

  • DELF(フランス国民教育省認定のフランス語資格)対策のできる 「Préparation au DELF」
  • 実用フランス語技能検定試験(仏検)対策のできる「検定対策フランス語(2級~5級)」
  • インターネット上のニュースや、フランスの生活や文化についての最新の情報が読めるようになる「時事フランス語」

4年間の流れ・カリキュラム

1

フランス語の基礎を習得し、「フランス語圏」の文化を学ぶ

基礎をしっかり定着できるカリキュラム編成でフランス語を体得すると共に、フランスからヨーロッパ、そしてアフリカやカリブ海に至る「フランス語圏」の文化を広く学んでいきます。


  • 明治学院共通科目フランス語・Exercices Pratiques 1
  • フランス学概説・フランスの歴史
2

興味あるテーマを掘り下げる

週4回の語学カリキュラムで、フランス語の習得をさらに進めます。興味あるテーマを掘り下げて発表する科目も開講。


  • 3年次からの専門研究に備えたプレ・ゼミ「基礎研究」
3

全員がゼミに参加

3年次からは、3系統の科目群を指針に、自身の興味ある分野への学びが始まります。また、全員がゼミに参加し、それぞれが見いだしたテーマについて研究を深め合い、議論や発表を通して、社会に出てから必要となる自己表現力、説得力を磨いていきます。


  • フランス学発展科目[3系統]
  • 3年次演習
4

卒業論文の執筆へ向けて

ゼミの担当教員と相談し、4年間の集大成となる卒業論文執筆に向けて研究をさらに深めます。卒論のテーマは実に多様です。


  • 4年次演習
  • 卒業論文

※教職課程についてはこちらをご覧ください。
※ヘボン・キャリアデザイン・プログラムについてはこちらをご覧ください。

フランス文学科で学べる主な科目

観光フランス語

ガイドブックを原文で読みこなし、フランスの観光の現状を知る

フランス語で書かれたガイドブックの読み方を学び、フランスの観光地や観光業の現状についての新聞・雑誌記事を読み、実践的な語学力を身につけます。

フランス語の諸相

世界の中のフランス語の現状を通して多言語主義を考える

スイス、ベルギー、カナダ、北アフリカへと広がるフランス語の現状を知り、それぞれの地域のフランス語の特性や、地域特有の問題について考察します。

現代翻訳論

日仏の翻訳の現場で、正確かつ創造的な翻訳について考える

日本文学の翻訳を手がけるフランス人教員が、豊富な実例をもとに翻訳論の基礎と実践を伝授。文学研究の新たな展開と翻訳の関係について論じます。

写真芸術

ダゲレオタイプから現代アートまで、写真術の刺激的な展開を知る

19世紀にフランスで発明された写真術が、当時の社会にどれほどインパクトを与え、新たな芸術表現の道を開いたか、作品鑑賞と文献講読を通じて考えます。

私の学び

山下 夕葵 Yamashita Yuki 文学部 フランス文学科4年
茨城県 茗渓学園高等学校出身

さまざまな角度からフランスを探究

フランスのお菓子やパンが好きで、その多様な文化に興味を持ちました。フランス語を基礎から学びながら、さまざまな角度からフランスを知りたいと思いフランス文学科を志望しました。1年次の授業で人間の内面に意識を向けたシュルレアリスムという芸術運動を知り、そこから3年次に映画研究のゼミに所属。「映画とは何か」という根源的な問いに立ち戻りながら観るものの新たな側面を探り、さらに絵画や文学などにも触れることに努めました。

留学により学びのモチベーションが向上

2年次に学科の中期留学プログラムで約4 ヶ月間、 フランスのディジョンに留学しました。言語の壁や異文化に触れ、刺激に満ちたかけがえのない体験でした。コミュニケーションが上手にとれないもどかしさがモチベーションを高め、3・4年次の学びにつながりました。将来はフランスの多様な文化を日本に広めるような仕事や、フランスに興味を持つ学生のためへの貢献をしたいと考えています。

履修モデル例:2年次春学期

  Mon Tue Wed Thu Fri
1 英語研究2
2 フランス文学史 Exercices Pratiques 2 フランス語研究2 基礎研究
3 フランス語研究1 フランス語演習中級 日本文学 芸術学の基礎1
4 スポーツ方法学1 心理学入門1 フランス語表現法1 検定対策フランス語2
5

フランス文学科オリジナルサイト

入学試験制度一覧

入学案内 (入試情報)

人材養成上の目的・教育目標

文学部フランス文学科は、文学部の「人材養成上の目的・教育目標」に基づき、フランス文学科の「人材養成上の目的・教育目標」を次のとおり定める。

フランス文学科は、フランスさらにはヨーロッパ全域へと視野を広げることで、ともすれば画一化されがちな日本社会に向けてユニークな発想を提言できるような、斬新な視点をもった創造性あふれる人材を養成することを目的とする。このような目的のもと、本学科では、フランスおよびフランス語圏の言語および文学・芸術・歴史・思想の研究を通じて、感性と知性を養うとともに、自らの着想を他の人々に確かに伝える表現力を鍛え、真に豊かな文明のありようを追求することを教育目標として定める。

卒業の認定・学位授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

文学部フランス文学科は、文学部の「卒業の認定・学位授与に関する方針」に基づき、フランス文学科の「人材養成上の目的・教育目標」に沿った人間を育成するため、所定の期間在学するとともに126単位を修得し、次の能力を身につけることを卒業認定と学位授与の要件とする。
具体的な到達目標は、次のとおりである。

  1. フランス語の文法や発音の基礎を習得し、読み、書き、聞き、話すための実践的な運用能力を身につけている。
  2. フランス語圏の言語・文化・文学・芸術・歴史・思想について、個別的で広汎な知識を身につけるとともに、自らの思考を相対化する術を習得している。
  3. 異なる背景をもつ人々の意見に耳を傾け、現代社会における多様な文化のあり方をともに追究する姿勢を身につけている。
  4. 自分自身で問題を提起し、資料を探索・収集して立論に必要かつ有効な情報を選び出して、論理的かつ説得的に自らの見解を述べる力を獲得している。

教育課程の編成および実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

文学部フランス文学科は、文学部の「教育課程の編成および実施に関する方針」に基づき、フランス文学科の定める「人材養成上の目的・教育目標」および「卒業の認定・学位授与に関する方針」に沿って、次のとおり「教育課程の編成および実施に関する方針」を定める。
フランス文学科では、フランス語およびフランス文化の基礎を学ぶ科目から専門科目群へと、学生の関心を段階的、継続的に引き出し、その深化を促す、一貫した積み上げ方式のカリキュラムを編成する。

  1. 1年次・2年次には、日本人教員とネイティブの教員の担当するクラス制の授業(必修)で、重点的にフランス語の基礎(文法・講読・会話・作文)を学ぶ。フランス語力の指標となる外部検定試験・実用フランス語技能検定試験(仏検)対策の授業も、 1年次より設置している。
  2. 1年次・2年次には、専門教育への導入的な科目(必修・選択)を設ける。フランス語圏の文学、文化、歴史、社会についての概説的な授業を講義形式で行うとともに、個別特殊な問題を扱う演習形式の授業を設ける。
  3. 3年次・4年次には、そうした一連の授業で培われた個別的な関心を深められるよう、さまざまな時代や地域、分野を専門とする教員による、多彩な専門教育科目(選択必修)を配置する。「ことばと文学」、「思想と社会」、「芸術と文化」の3つの系列に分類されるこれらの専門科目を、学生は主体的に選択して履修し、体系的な知識を身につける。
  4. 3年次・4年次には、少人数制の「演習」(必修ゼミ)に所属する。「演習」ではフランス語圏の言語・文学・芸術・歴史・思想の諸問題をテーマに掲げ、グループ学習や議論を通じて、他人の意見を尊重しつつ、自らの見解を説得的に述べるためのコミュニケーション能力を身につけることを目指す。
  5. 4年次必修の「卒業論文」では、指導教官の指導のもとに関心分野をしぼりこみ、論文のテーマを決定する。学生は資料探索、プランの作成、執筆のすべての段階にわたり、指導教官の助言を得ながら、自ら見つけた課題について、資料を探索・収集し、自らの着想を論理的かつ説得的に組み立てる術を学ぶ。
  6. 1年次・2年次に引き続き3年次・4年次でも、読み、書き、聞き、話すための実践的なフランス語の訓練を行う。中級講読の授業(必修)やネイティブの教員による会話中心の授業(選択必修・選択)を通じ、中級、上級へのレベルアップをはかる。仏検対策の授業に加え、3年次以降は、フランス語圏の大学機関への留学に際して取得を要請されるDELF(フランス国民教育省が認定した公式フランス語資格)対策の授業も設置する。

学習成果の評価については授業の性格に応じ、レポート・筆記試験に加え、口頭発表(プレゼンテーション)を通じて、目標達成度や主体的な学びの姿勢を評価する。また、卒業論文に関しては、主査と副査の2名による厳正な審査を通して、主題に関する知識および理解度、問題解決力、創造的思考力を総合的に評価する。

その他、所定単位を修得することによって多文化共生ファシリテーター/サポーターの認証資格取得も可能である。

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

文学部フランス文学科は、文学部の「入学者の受入れに関する方針」に基づき、フランス文学科の定める「人材養成上の目的・教育目標」に照らして、フランス文学科の「卒業の認定・学位授与に関する方針」および「教育課程の編成および実施に関する方針」に沿って、次のとおり「入学者の受入れに関する方針」を定める。

  1. 求める人材像
    1. フランス文学科における学びに取り組む前提として、知識・技能、思考力・判断力および文章読解力・表現力等において、高等学校等で修得すべき基礎的な能力を身につけている。
    2. フランスの言語、文学、歴史、芸術、思想を窓口として、広くヨーロッパおよびフランス語圏の文化を学ぼうという志をもち、また、自国の文化とも英語圏の文化とも異なる、多様で刺激に満ちた文化のありようを学び、常識にとらわれない発想や斬新な提言ができるようになりたいという意欲をもっている。
    3. 本学の教育理念である“Do for Others(他者への貢献)”を理解・共感し、現代社会に生起する様々な問題に関心をもち、フランス文学科における主体的な学びを通して共生社会の担い手となる意欲をもっている。
  2. 入学者選抜の基本方針
    上記「求める人材像」に掲げる基礎的な能力、志および意欲をもっているか否かを評価する。
  3. 入学者選抜の種類と評価方法
    入学者選抜にあたっては、「一般入学試験」または「特別入学試験」を行い、「入学者選抜の基本方針」に則って評価する。入学者選抜の種類として、一般入試による「全学部日程」、「A日程」のほか、大学入試センター試験を用いた「センター試験利用入試」がある。そのほか「自己推薦AO入学試験」、「指定校推薦入学試験」、「系列校特別推薦入学試験」などの特別入試がある。
    評価方法も試験の種類によって、一般筆記試験のほか筆記による語学(英語やフランス語)の基礎学力を重視するものや面接により知的好奇心や学習意欲をみるものなどがあり、これらの試験を通じて本学科で学び、社会で活躍する人材を選抜する。