スマートフォン版を表示

英文学科

英文学科 | フランス文学科 | 芸術学科

国際語である英語の素養を伸ばし、異文化への深い理解と洞察力を身につけます。文学や言語の研究を通じて人間理解を深め生き方を追究する、国際的なコミュニケーション能力を磨くなど、各々の目標に向かって学ぶことができます。英語修得には地道な努力も求められますが、その苦労を越えて新しい世界をつかもうとする、意欲ある学生を期待しています。

英文学科主催イベント・講演会

英文学科の特徴

英文学科への入学の動機は、実にさまざま。深い教養と問題解決力、語学力を活かしてあこがれの職業に就きたい人、『ハリー・ポッター』を原語で読んでみたい、在学中に留学体験をしてみたいなど英米文化への興味から学ぶ人も。「英語の明学」ならではの実績ときめ細かい学びが、学生一人ひとりの将来をバックアップしています。

「英語の明学」ならではの英語教育 約30名のネイティブ教員

少人数制の英語環境で、読解・会話・聴き取り・作文などの基本訓練を行います。また、オンラインプログラムでの学習や、オーストラリアの大学とのビデオ会議形式の授業など、多様な学びを展開しています。

英文学の本場で学ぶ留学、海外インターンシップ

文学、文化の根幹にある歴史や価値観を現地で学ぶ短期・長期の留学制度を制定し、体験者の声も聞ける学科独自の説明会を開催。また、留学とインターンシップを合わせた海外インターンシップなどへの参加も奨励しています。

英語でディベート会話力と思考力を高める

3・4年次には英語運用能力をさらに高めるために、「スピーチ」「ディベート」「ディスカッション」などを扱った科目を設置しています。英語で自分の意見を伝える力を育み、異文化コミュニケーションへの実践力を培います。

現役英語教員の卒業生が教員志望学生をバックアップ

多くの教員を輩出してきた英文学科では、卒業生が「英語教員の会」に参加し、講演会や卒業生の報告などを行う活動を続けています。教員志望の学生にとっては、現場の声を聞き、刺激を受けることのできる貴重な機会となっています。また、毎年秋には「教員採用試験対策セミナー」も開催され、長年にわたって優秀な教員を多数輩出しています。
※英語教育関連科目や教職課程の履修で、英語教員免許状の取得が可能です。

4年間の流れ・カリキュラム

   

PDF(大学案内抜粋)

   

*スピードリーディング、ディスカッション、ディベート、パブリック・スピーキング、アカデミック・ライティングなどのクラスが含まれます。
※年次は、当該科目を履修できる最低年次を表します。 
※教職課程については こちらをご覧ください。
※ヘボン・キャリアデザイン・プログラムについては こちらをご覧ください。

主な科目紹介

Featured ① 英語オーラルコミュニケーション

事前にオンラインで予習し留学生も交えてクラスでディスカッション

海外の大学から英語で配信されるオンラインコースを教材とし、リベラルアーツと英語発信力を教室内外で学習することでグローバル人材に必要な能力を養います。

Featured ② イギリス文学入門

地理、歴史、文化などを関連させてイギリス文学を学ぶ

イギリス文学について複合的視野を持って理解するために、イギリスの地理や歴史、中世から近世までの社会など、基本的な知識を習得しながら学んでいきます。

Featured ③ アメリカ文学批評

文学作品への批評的視点と分析方法を演習形式で学ぶ

ティーンエイジャー向けのアメリカ文学作品を素材に、批評手法について学んだ後、英語で書かれた批評文を実際に読み、批評理論に関する理解を深めます。

Featured ④ 社会言語学

言語使用は文化・社会・思考とどのように関わっているのか

英語と日本語を対象に、日常の言語使用と文化・社会・思考に関わるさまざまなトピックから、言語のバラエティ及びバリエーションに関わる側面を考察します。

Featured ⑤ 英語教育基礎論

日本における英語教育についてアクティブ・ラーニング型授業で学ぶ

日本人学習者が英語を習得するプロセスについて学び、中学校・高等学校において効果的な英語科指導法や求められる英語教師像について考えます。

私の学び


齋藤 瑞葵
Mizuki Saito
文学部 英文学科(2019年卒)
埼玉県 さいたま市立浦和高等学校出身

ネイティブスピーカーから学べる生きた英語

高校時代から英語が好きだった私は、大学でより深く学びたいと考えました。なかでも明治学院大学の英文学科を選んだのは、2年次までにイギリス文学、アメリカ文学、英語学についての基礎を幅広く学習し、その上で3年次からより興味のある分野を選択できるというカリキュラムに魅力を感じたからです。私は「英語でのコミュニケーション能力を高めたい」という思いから、読み書きや文法だけでなく、リスニングやスピーキングの授業をはじめとしたネイティブの先生方の授業も積極的に受けました。英文学科では、2年次の必修科目にもネイティブの先生方が担当される授業が多く、英語力を伸ばすのにはとても良い環境でした。同学科は学生の人数が多いのですが、一方で授業は少人数制を採っているものが多いのが特徴です。そのおかげで先生との距離も近く、友人との関わりもより深くなり、とても楽しく充実した授業を受けることができたのだと思います。

履修モデル (例)2年次春学期

卒業後の進路 (2016~2018年度)

主な就職先

アシックスジャパン/ アステラス製薬/ ANAエアポートサービス/ 小田急電鉄/ 神奈川県教育委員会/ 神奈川県庁/ キヤノンマーケティングジャパン/ KDDI/ コーセー/ JTBグループ/ JVCケンウッド/ JALスカイ/ 小学館集英社プロダクション/ 日本製鉄/ SUBARU/ 住友商事マシネックス/ 全日本空輸/ ソフトバンク/ 損害保険ジャパン日本興亜/ 大和ハウス工業/ 中央労働金庫/ ディスコ/ 東京都教育委員会/ 凸版印刷/ 日本赤十字社/ 日本通運/ 日本郵便/ 日本航空/ 野村證券/ 博報堂/ 東日本旅客鉄道/ フェラガモ・ジャパン/ ホテルオークラ東京/ みずほフィナンシャルグループ/ 三井住友銀行/ 三井住友信託銀行/ 三菱食品/ 明治安田生命保険/ 横浜銀行/ 楽天/ など
2019年5月1日現在

就職内定者業種別比率(%)

入学試験制度一覧

入学案内 (入試情報)にてご確認ください。