スマートフォン版を表示

英文学科 Department of English

英語を学び、英語で学び、英語を通じて人間と世界の関係を考えます

国際語である英語の運用能力を伸ばし、異文化への深い理解と洞察力を身につけます。文学や言語の研究を通じて人間理解を深め生き方を追究する、国際的なコミュニケーション能力を磨くなど、各々の目標に向かって学ぶことができます。英語修得には地道な努力も求められますが、その苦労を越えて新しい世界をつかもうとする、意欲ある学生を期待しています。

英文学科の特色

Point 01「英語の明学」ならではの英語教育。約30名のネイティブ教員

少人数制の学習環境で、「聞く・読む・話す・書く」という英語の4技能の基本訓練を行います。また、国際協働型交流クラス(COIL)では、オーストラリア・オランダ・スイスなどの大学とオンライン上でつながり、海外の学生とチームで活動するなど多用な授業も実施しています。


Point 023つのコースに分かれ専門研究

3・4年次にイギリス文学コース、アメリカ文学コース、英語学コースの3コースから希望のコースを選択して、少人数ゼミでそれぞれの専門分野について深く学びます。


Point 03英語の本場で学ぶ留学、海外インターンシップ

文学、文化の根幹にある歴史や価値観や多様性を現地で学ぶ短期・長期の留学制度を制定し、体験者の声も聞ける学科独自の説明会を開催。また、留学とインターンシップを併せた海外インターンシップなどへの参加も奨励しています。


Point 04英語でディベート会話力と思考力を高める

3・4年次には英語運用能力をさらに高めるために、「スピーチ」「ディベート」「ディスカッション」などを扱った科目を設定しています。英語で自分の意見を伝える力を育み、異文化コミュニケーションへの実践力を培います。


Point 05教員志望学生をバックアップ

中学校・高等学校英語教員免許状の取得が可能です。

Program Structure(領域・流れ)

1年次から少人数クラスで着実に英語力の基礎を固めるのと同時に、ゼミ形式や講義形式の授業で「イギリス文学」「アメリカ文学」「英語学」の基礎を学習します。3年次からは3つの専門コースに分かれ、専門知識を修得します。また各コースの「3・4年次演習」では、人間的な触れ合いの中で専門的な研究に取り組みます。

主な演習(ゼミナール)のテーマ

  • イギリス映画に見られるイギリスの社会階層や移民の問題
  • シェイクスピアの『ハムレット』を原書講読する
  • 黒人文学と人種社会アメリカの抱える諸問題
  • 第二次世界大戦後のアメリカ社会とビート詩人そしてポピュラー音楽の詩人たち
  • 言語の機能と言語使用を左右する社会的要因との関係
  • 「国際(または世界)英語」の地理的、歴史的、文化的側面の研究
  • 幼児の言語能力と第一言語獲得の研究
  • 生成文法理論と人間言語の普遍性と多様性
  • 英語教育学とその関連諸領域(英語学、応用言語学、教育学、認知心理学等)の知見など

※教職課程についてはこちらをご覧ください。
※ヘボン・キャリアデザイン・プログラムについてはこちらをご覧ください。

Topics

英語教員の会

多くの教員を輩出してきた英文学科では、中高の英語教員として活躍する卒業生と教員志望の現役学生が参加し、現場の声を聞き刺激を受けることができる「英語教員の会」を開催し、教員志望の学生をバックアップしています。

Business English等

英文学科でにつけた英語力を活かしたさまざまなキャリアで即戦力・実践力となるBusiness English A・BやPractical Career English A・Bなどの科目も開講しています。

英文学科講演会

毎年学外の研究を招聘してイギリス文学、アメリカ文学、英語学に関する講演会を催し、多くは一般公開としています。

私の学び

川島 凜 Kawashima Rin 文学部 英文学科4年
東京都 中央ろう学校出身

言語学を深く学んで得た新たな価値観

高校で学習する範囲を超えた高水準の文法を修得したいという一心から、英語を取りまく文化や歴史といった背景まで深く分析しながら学べる明学の英文学科を志望しました。現在は英語学コースに所属し、ゼミでは言語学を専攻しています。世界各国に存在する言語データを分析しながらその言語独自の規則を発見することで、人間だけがその規則を理解して数や言語を使いこなせているということを学びました。

卒業後は新聞社に入社し、ゼミで得た新たな価値観を活かしたいと考えています。企業で活動する人々がモチベーションを高く持って働けるように、日々多角的かつ新鮮なアイディアを生み出したり、コミュニケーションを大切にしながら効率良く業務に取り組んだりすることが目標です。

ゼミナール紹介

アメリカ文学の世界

アメリカ文学演習/3~4年次/
小椋 道晃 専任講師

精読×ディスカッション

原文で作品と向かいあい、読み取った内容を分析
さらに議論を重ねることで新たな発見がある

ディスカッションを通して新たな自分を発見

アメリカ文学には、よく言えば個性的、悪く言えばあまり関わりたくないような登場人物がたくさんいます。ゼミではそのような強烈な個性をもった人物が出てくる小説や映画を精読し、歴史や文化への理解を深めると共に、学生同士でさまざまに議論します。積極的な議論の中で、学生がお互いの異なる意見に耳を傾け、多様な解釈を導き出していきます。親しい友人同士であっても全く違った見方をするのだという驚きと発見は、ひるがえって、自分自身を深く知ることにもつながります。

言葉への感度を高め、作品の深層に迫る

小説を英語の原文で読むと、翻訳からはこぼれ落ちた細部の表現方法に気づかされることがあります。母語でない言語だと読むスピードは落ちますが、その分、ゆっくりと作品に向き合うことができるでしょう。〈何が〉書かれているか以上に、〈どのように〉書かれているかということにも注目し、言葉への意識を高め、作品の深層に迫っていきます。このような精読のレッスンは、たしかな英語力を身につけるだけでなく、文学作品の読解力と多角的な思考力、そして自らの考えを明確にアウトプットできる能力を鍛えることにもつながります。

英文学科オリジナルサイト

入学試験制度一覧

入学案内 (入試情報)

人材養成上の目的・教育目標

文学部英文学科は、文学部の「人材養成上の目的・教育目標」に基づき、英文学科の「人材養成上の目的・教育目標」を次のとおり定める。

英文学科の教育目標は、一つには、英語による文学や文化の読解と分析を通じて、人間性への洞察と英語圏社会の理解を深めることである。またもう一つに、英語という言語を様々な側面から科学的に研究することにより、人間の相互交流に不可欠なことばの本質・機能についての洞察を深めることも、目標として掲げる。さらに、以上の目標到達と連動して、実践的な英語コミュニケーション能力をみがくことを目指す。国際語である英語の運用能力を身につけることは、他者と意思疎通し、他者を理解しともに生きること、自己と他者の社会や文化の深い理解と洞察に到達するための前提条件である。

卒業の認定・学位授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

文学部英文学科は、文学部の「卒業の認定・学位授与に関する方針」に基づき、英文学科の「人材養成上の目的・教育目標」に沿った人間を育成するため、所定の期間在学するとともに130単位を修得し、次の能力を身につけることを卒業認定と学位授与の要件とする。
具体的な到達目標は、次のとおりである。

  1. 英語による文学、英語圏の文化に関する基礎的知識、幅広い教養を身につけている。
  2. 英語という言語に関しての科学的基礎知識、応用知識を身につけている。
  3. グローバル化社会で使える英語の4技能(読む、書く、話す、聴く)を身につけている。
  4. 異文化社会に対する深い理解と分析力をもち、グローバル化社会の情報や現実に対応できる能力を身につけている。

教育課程の編成および実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

文学部英文学科は、文学部の「教育課程の編成および実施に関する方針」に基づき、英文学科の定める「人材養成上の目的・教育目標」および「卒業の認定・学位授与に関する方針」に沿って、次のとおり「教育課程の編成および実施に関する方針」を定める。

グローバル化社会で通用する実践的な英語コミュニケーション能力を習得させるために、1年次に英語関連基礎科目、2・3年次には英語関連発展科目を必修として設け、基礎から発展レベルまで、4技能を統合して総合的に教授する。英米の文学、そして英語学についての基礎知識、幅広い教養を身につけるために、1・2年次にそれぞれ3分野の「入門」と「概論」の専門基礎科目を、3・4年次には、基礎知識を発展させるべく専門コース科目と少人数制の各種「演習」(ゼミ)を選択必修として設ける。これらの専門科目は、英語関連発展科目や多彩な専門コース科目と連動しながら、最終的には、人間や言語や異なる文化のあり方に対して学生が獲得した理解と洞察力の成果の一端として、ゼミ論や卒論の執筆へと導くことになる。なお、学修成果の評価は、筆記試験、レポートの提出など、各科目のシラバスに定められた方法によって行う。

その他、所定単位を修得することによって多文化共生ファシリテーター/サポーターの認証資格取得も可能である。

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

文学部英文学科は、文学部の「入学者の受入れに関する方針」に基づき、英文学科の定める「人材養成上の目的・教育目標」に照らして、英文学科の「卒業の認定・学位授与に関する方針」および「教育課程の編成および実施に関する方針」に沿って、次のとおり「入学者の受入れに関する方針」を定める。

  1. 求める人材像
    1. 英文学科の学びに取り組む上で、知識・技能、思考力・判断力および文章読解力・表現力等において、高等学校等で修得すべき基礎的な能力を身につけている。
    2. 英語を熱心に学び、英語圏の文化や文学作品あるいは言語についての探求を通じて、自己を養い深めるだけではなく、自らの様々な殻を破り外の世界へと精神を広げようとする意欲をもっている。
    3. 本学の教育理念である“Do for Others(他者への貢献)”を理解・共感し、現代社会に生起する様々な問題に関心をもち、英文学科における主体的な学びを通して共生社会の担い手となる意欲をもっている。
  2. 入学者選抜の基本方針
    上記「求める人材像」に掲げる基礎的な能力、志および意欲をもっているか否かを評価する。
  3. 入学者選抜の種類と評価方法
    入学者選抜にあたっては,「一般入学試験」または「特別入学試験」を行い,「入学者選抜の基本方針」に則って評価する。入学者選抜の種類として,一般入学試験による「全学部日程」,「A日程」,「B日程」のほか,大学入学共通テストを用いた「大学入学共通テスト利用入学試験」がある。そのほか「自己推薦AO入学試験」,「指定校推薦入学試験」,「系列校特別推薦入学試験」などの特別入学試験がある。評価方法も試験の種類によって,筆記試験のほか小論文により論述表現力を重視するものや面接により知的好奇心や学習意欲をみるものなどがあり,これらの試験を通じて本学科で学び,社会で活躍する人材を選抜する。

おすすめ