演劇身体表現コース

演劇、身体表現の歴史は古く、豊かな多様性を持ち、現在も活発に行われています。このコースでは、従来の実技修得中心の方向とは異なり、演劇、バレエ、ダンス、ミュージカル、伝統演劇など幅広く、古今東西の舞台芸術の知識、理論、歴史について専門的に深く学びます。そして比較演劇学の視点から、東西の演劇の差異性と類似性、その独自の本質、特質を探ります。またそれとともに、声や体のベーシックな身体技法の実習、実践型の講義も行います。

卒業後の進路としましては、舞台芸術と社会を媒介する、プロデューサーや劇場企画制作者、批評家、研究者、ドラマトゥルク、実践家などをはじめ、一般のさまざまな業界や分野でも活躍出来る人材の育成を目指しています。

1年次

1年次はコース選択は行わず、6つのコース全ての入門的な講義を受講します。

コースに分かれていないこの時期に、学生たちは「演劇概論」「身体表現論概説」などの授業を通じて演劇とは何か、身体とは何かを学びます。この時期に大切なのは様々な芸術のジャンル、作品に数多く接し、自分の芸術的な嗜好を知ることです。

2年次

「演劇身体表現論2年次演習」など、いよいよコースに分かれての授業になります。演劇という<今><ここで>行われる生の芸術は、体験しないと分かりません。より専門的に演劇を学ぶ1年間は、同時に様々な舞台作品に実際に、出来るだけ多く触れる時期でもあります。

3年次

戸塚校舎から白金校舎に移行すると、コースの座学も一段と多くなります。バレエ、伝統芸能、ミュージカル、パフォーマンスなど、細分化された演劇を専門的に学びながら、「演劇身体表現文献講読」「舞台芸術論」「西洋演劇研究」などでしっかりと演劇学、演劇理論も学んでいきます。

4年次

いよいよ演劇身体表現コースの集大成です。「卒業論文ゼミナール」を通して、自分の更に深めていきたい研究テーマを同じ志を持った仲間たちと一緒に形にしていきます。3年間演劇身体について学んだ成果を発揮してください。

4年間の流れ・カリキュラム表 PDF


学習についてのポイント

多様な舞台芸術についての文献講読の指導も丁寧に行いますので、鋭い感覚と批判的な思考力、分析力を養い、異なった価値観を持った他者との柔軟で自在な対話力、コミュニケーション力を身につけて下さい。


教員紹介


芸科生に聞く

演劇身体表現コースの魅力や授業について、学び以外の活動など在学生や卒業生にインタビューしました。


教員からのメッセージ

演劇、舞台芸術の魅力には、“生”の面白さがあります。そこでは生身の観客と演者が向い合って、一回性の充実した時間、空間を生き、創り上げます。身体や身体表現に注目し、そうした体験、自在なコミュニケーションの意味や可能性について、授業では映像を駆使して、多面的な角度から分析、研究を行いますが、同時に自分で積極的に劇場に足を運び、直接生で優れた舞台芸術に出会って下さい。


卒論リスト<2021年度>

卒論タイトル
震災時における演劇の役割と必要性
賢治世界の翻案とメディアによる変容
ギリシャ悲劇からみる「埋葬」と「死生観」
韓国作品におけるアイデンティティー ー受容される文化作品とこれからー
舞台美術が持つ力 ー劇場空間の影響と進化する舞台美術ー
演じる自己と感情 - 抑圧から解放への演劇セラピー論 -
海外ミュージカル再現の壁と日本独自のミュージカル ―特色の中に存在する足枷―
生きづらさを抱える人々のための演劇とはなにか
現代社会を生きる私たちの身体性
日韓アイドル比較に見る身体表現規模論
「くるみ割り人形」から見るクラシックバレエの中のディヴェルティスマンとキャラクターダンス
映画「アラジン」から考える女性の幸せとは
ミュージカル『マリー・アントワネット』から読み解く衣裳の視覚伝達性
受け継がれる落語の価値観ー宮藤官九郎にみられる"業の肯定"
世界的な三大バレエを成功させたチャイコフスキーからバレエの在り方について考える
『レ・ミゼラブル』 小説からミュージカルへ ~ユゴーがコロナ渦の人々に伝えること~
『ジゼル』からみる美と芸術の価値観

過去の卒論リスト