スマートフォン版を表示

国際学科

国際学科 | 国際キャリア学科

国際学科は、国際経験豊かで、人文・社会科学の教育・研究に長けた専門家をもって、激動する国際社会を解明する授業を進めています。これにより、学生の他者を思いやる心を育て、国際的に通用する人格的成長を促します。知的好奇心に満ち、自ら物事を考え、積極的に行動し、国際舞台で異文化の人々と共に意欲的に働く学生を期待しています。

国際学科の特徴

6つの専攻から興味関心に合わせて学ぶ

「平和研究」「環境問題」「多文化社会」「比較文化」「国際・比較経済」「比較法政」の6つの専攻分野から興味関心に合わせて1つを選び、学際的な視点から自由に学びをコーディネートできます。

英語で学ぶ「専門外国語」

充実した英語教育で身につけた英語力をツールとして、国際学に取り組みます。同時に、25名程度の少人数クラスで英語をはじめとした外国語を学習します。

世界のあらゆる「地域」に精通した教員から学ぶ

「地域研究科目」では、世界のさまざまな「地域」について学ぶことができるよう、アジアをはじめ、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、中東など数多くの科目を配置。それぞれの地域に造詣の深い教員が、地域について経済や政治、文化などの観点から紹介し、地域の課題や解決方法を学生と一緒に考察します。

国内外のフィールドワークへ

2年次からの演習・実習科目では、自ら定めたテーマを掘り下げていきます。校外実習は学んだことを確認し実体験するチャンスです。現地に赴き1~2週間をかけて担当教員と共に実地で学びます。

さまざまな留学スタイルで国際社会から学ぶ

短期・中期・長期の留学のほか、Walt Disney World Resort®で働きながら学ぶことのできる留学プログラムや、オーストラリアでティーチングアシスタントを行うインターンシップ、国連ユースボランティアなど、留学や海外体験の多様なプログラムを用意して支援を行っています。また、学内に居ながら海外からの留学生と交流を深められるのも本学科の特徴です。

サンフランシスコ州立大学と本学の2つの学位を取得可能

ダブル・ディグリー制度(二重学位)により、明治学院大学とサンフランシスコ州立大学両方の学位を取得することが可能です。約2年間の留学を含め4.5年~5年で双方の学士号を取得することができる制度です。

4年間の流れ

カリキュラム

※年次は、当該科目を履修できる最低年次を表します。
※教職課程についてはこちらをご覧ください。
※ヘボン・キャリアデザイン・プログラムについてはこちらをご覧ください。
※2018年度予定カリキュラムです。実際のカリキュラム・科目名は変更の可能性があります。
※開講科目は上記以外にもあります。詳細は講義概要(シラバス)をご覧ください。

主な科目紹介

Close-up ①平和学1

「平和研究」の系譜と背景

新しい学問領域として「平和学」がなぜ求められているのかを知り、事例に即しながら、平和研究の系譜と、それが求められてきた背景の大要と意義を学びます。

Close-up ②国際関係論

現代の国際関係を立体的に理解

政治・経済・文化をまたぐグローバルな相互関係を分析する概念を学習。イデオロギー、文化と国際政治の関係を有機的に理解します。

Close-up ③異文化コミュニケーション

差異を認め合い尊重する交流とは

異文化コミュニケーションに必要な文化・社会・歴史的な背景について学び、その過程において互いに差異を認め合い尊重する文化的素養を身につけます。

Close-up ④イスラム教文化論

イスラム教の独自の世界観を理解

イスラム教誕生の経緯やその根本教義・儀礼などを学んだ後、「宗教」「思想」「歴史」「文化」などについて掘り下げて学習。現代の諸問題の背景を理解します。

Close-up ⑤国際金融論

複雑な国際金融現象を探究する

外国からの影響を受ける状況において、為替レートや日本の金利・GDPはどのように決定され、政府は国家経済を安定させるために何ができるのかを考察します。

Close-up ⑥東北アジア地域研究(政治)

東北アジア地域への理解を深める

朝鮮半島を中心とする東北アジア地域でおきている接近と摩擦の構造を、政治史、文化・社会を学びながら、日本を含む東北アジア全体の地域における相互理解を促します。

主な演習 (ゼミナール) テーマ

  • 環境と文化 : エコロジカルな自分を探す
  • 持続的社会を如何に創るか
  • 民族・国家の国際関係学
  • 異文化理解と、自文化の確認
  • ヨーロッパの政治と社会
  • マイノリティの存在から現代政治の姿を理解する
  • 五感の国際関係論
  • 多文化主義の視点から読み解くアメリカ

私の学び


鍬塚 ともみ
Tomomi Kuwatsuka
国際学部 国際学科(2018年卒)
さいたま市立 大宮北高等学校出身

多文化社会への知見を拡げ高校の先生をめざす

異文化理解と英語に興味をもっていたので、その両方が学べる国際学科を選びました。この学科は、文化や経済、政治にいたるまで多岐にわたる分野の中から自分の関心に合わせて自由に授業を履修することができます。私の場合は多文化社会に興味があったので、主に異文化理解や文化人類学を学べる授業を選択。ゼミでは「多文化主義の視点から読み解くアメリカ」をテーマに勉強しています。文学や映画、音楽にいたるまで、さまざまな視点からアメリカ社会を考察するのはとても面白く感じます。また、2年次の終わりには、英国のレスター大学へ短期留学を経験。その時、現地の大学院生と交流する機会があり、「やりたいことは、やるべきだ」と背中を押され、大学院への進学を考えるようになりました。私の最終目標は高校の教員になることです。すでに教職課程を修了しましたが、教職につく前に、現在のゼミで取り組んでいる「公民権運動で活躍した女性」について、大学院の国際学研究科でさらに掘り下げて研究したいと考えています。

鍬塚さんの学びが生かせるおすすめボランティア:「カンボジアで子どもたちの教育支援を」

明学には国内、海外問わず多くのボランティアに参加できる機会がありますが、私は東南アジアでのボランティア活動をおすすめします。学科では東南アジアについて学べる授業が多数あります。その授業から得た知識をアウトプットするチャンスです。多くの視点や考え方に気づくことができました。

国際学科 履修モデル(例)2年次秋学期

卒業後の進路

国際学科の卒業生には、文字通り国境を越えて活動している人が多くいます。また、国内の職場環境もますます国際化する傾向にある今日、卒業生にはさらに活躍の場を広げています。就職先の職種は、情報技術関連、マスコミ・クリエイティブ系、そして非営利団体(NPO)など広範囲にわたっています。公務員や教員の道に進む人もあり、また、大学院に進学する卒業生も毎年5人前後います。

主な就職先(2015~2017年度)

近畿日本ツーリスト /近鉄エクスプレス /クラブツーリズム /JTBグループ /全日本空輸 /ディー・エイチ・エル・ジャパン /東海旅客鉄道 /日本通運 /日本航空 /郵船ロジスティクス /ユーラシア旅行社 /みずほフィナンシャルグループ /三井住友銀行 /中央労働金庫 /東京海上日動火災保険 /明治安田生命保険 /ANAエアポートサービス /JALスカイ /東京ベイヒルトン /パレスホテル /星野リゾート /Sky /セールスフォース・ドットコム /ソフトバンク /日本電気 /楽天 /大塚製薬 /コクヨ /スズキ /日本アイ・ビー・エム /横浜ゴム /アサヒビール /ヤクルト本社 /アシックスジャパン /スワロフスキー・ジャパン /日本ロレアル /ロクシタンジャポン /オスカープロモーション /日本コロムビア /山と溪谷社 /NGOピースボート /独立行政法人国立印刷局 /全国大学生活協同組合連合会 /川崎市役所
2018年3月7日現在

入学試験制度一覧

入学案内 (入試情報)にてご確認ください。