スマートフォン版を表示

国際キャリア学科 Department of Global and Transcultural Studies

Take Yourself Across the World

社会のグローバル化が進み、国際環境が激変する21世紀の国際社会で輝く人物を育成します。本学科では、世界の学生が集う国際的環境の下、英語をベースとする高度な異文化コミュニケーション能力や、現代社会を正しく理解するための学際的アプローチの視点、そしてさまざまな問題解決に主体的に参加、貢献できる実践的能力を培います。

国際キャリア学科の特色

Point 01真にグローバルな人物を育成

現代のグローバル社会を的確に理解するために、本学科では学際的なアプローチに基づいたカリキュラムを提供し、国際機関、国際NGO、多国籍企業、ジャーナリズム・メディアなどで活躍できる人を育成します。


Point 02アカデミック・アドバイザーが、長期留学や国内外インターンシップをサポート

アカデミック・アドバイザー制度のサポートにより、学生一人ひとりが担当教員と相談して、自分の学習過程だけでなく、長期留学や国内外インターンシップなどの計画を立てることができます。


Point 03グローバル・コンピテンシーを養うインターンシップ・プログラム

グローバル・コンピテンシーとは、グローバルな世界で働くことができるスキル、能力、考え方を意味します。国内外のインターンシップを通して、異なる価値観を持つ人々と一緒に働くことができる能力、主体的に物事を考え、課題があればそれを解決する能力、ストレスをコントロールする力などを身につけます。


Point 04原則的に全授業を英語で実施

入学時点での英語力の差を補うために、徹底した英語教育を行っています。その後、専門教育として英語による講義科目を合計66科目、演習科目を15科目設置し、英語によって学べる科目を幅広く提供します。


Point 052つの学位が取得できるダブル・ディグリー・プログラム

ダブル・ディグリー・プログラム(二重学位制度)により、明治学院大学とサンフランシスコ州立大学両方の学位を取得することが可能です。約2年間の留学を含め4.5年~5年で双方の学士号を取得することができる制度です。


Point 06多様なバックグラウンドの学生が多い

国際キャリア学科は日本だけではなく他国出身の学生も多く、アジア諸国、パキスタン、スペイン、アメリカなどの出身学生が在籍しています。また、全授業を英語で実施するため外国からの交換留学生や多彩な教員と一緒に勉強する機会も豊富で、毎日キャンパス内でも「グローバルで多文化な環境」を体験します。

4年間の流れ・カリキュラム

第1~3 セメスター

少人数の双方向教育による基礎固め

最初の1年半で、「Introductory Seminar」とLower Divisionから選択できる文化・社会、政治・経済の入門講義を通して、世界のどの大学でも本格的な専門教育を受けることができる基礎力を身につけます。第3セメスターにおいては教員と相談しながら3年間の学修計画を立て、自分の将来について意識を高めます。


  • 包括的な英語スキルの育成と学問的基礎力の育成
  • 「Introductory Seminar」
  • Academic English Program
  • Lower Division
第4~7 セメスター

国内外での本格的かつ国際標準に基づく勉学と研修

次の第4~7セメスターにおいては、本格的な専門教育を国内および海外で受講。本学科では全学生に少なくとも1年間は外国で専門教育を受けることを強く推奨しています。また、国内外のインターンシップの経験も重視。キャリアを意識できる機会を多く提供しています。日本語で開講されている国際学科講義科目から自分の関心のある講義も受けられます。第6セメスター以降はGraduation Projectの準備に入ります。


  • 海外留学
  • 「Internship」
  • 「Field Study」
  • 「Life and Career Development」
  • Upper Division
第8 セメスター

4年間の集大成としての Graduation Projectの作成

最後の第8セメスターは大学教育の集大成として、第6セメスターから取り組んできた研究をまとめGraduation Projectを作成します。卒業後は、直ちに国際的な場面で活躍できる力を身につけていると期待しています。


  • 「Graduation Seminar」
  • 「Graduation Project」

※ヘボン・キャリアデザイン・プログラムについてはこちらをご覧ください。

国際キャリア学科で学べる主な科目

Introductory Seminar

グローバル化に関する基礎知識が英語で習得できる授業

少人数クラスで専門分野の異なる3名の教員と共に歴史、文化、政治などからグローバル化の課題を考察し、学問領域間の関連性を見いだします。

Japanese Minority Groups

国内の重要な少数民族集団と少数者集団について考察

現代日本における民族的、文化的少数者集団を扱います。特に日本における外国人の社会的状況および国内の重要な少数民族集団と少数者集団について学びます。

Labor Market in the Global Economy

グローバル経済下における労働市場の授業

経済学の基礎を学びながら現在の移民の流れ、教育格差、賃金の水準、就職活動の情報を中心にして先進国と開発途上国の労働市場の状況を勉強する入門授業です。

Introduction to Sociology B

社会を違った角度から考えてみよう

3つの主要な社会学の概念(人種や民族性、階級、ジェンダー)のもと、講義や文献、仲間とのディスカッションを通じて、現代社会を理解していきます。

Visual Media Methods

映像メディアと社会問題を取り上げる授業

有名写真家や報道人の写真、プロパガンダ映画、SNSなどの分析を通して、映像操作の問題と現代社会に与える映像メディアの影響、研究方法を学びます。

私の学び

南 小都 Minami Koto 国際学部 国際キャリア学科4年
埼玉県 川越女子高等学校出身

英語で行う授業と少人数制クラスが魅力

英語を学ぶだけでなくツールとして使えるようになりたくて、さまざまな国際関係の科目を履修できるこの学科を選びました。何より、全ての授業が英語で行われることが一番の魅力です。帰国子女やインターナショナルスクールに通っていた学生などに囲まれながら、専門的な知識を修得することができます。また、少人数制クラスなので教員との距離も近く、分からないことや興味のあることがあったら気軽に質問しやすい環境も気に入っています。

留学での体験から自分の研究テーマを決定

現在は卒業論文作成中で、日本人がもつ韓国・アメリカに対する印象の違いをそれぞれの国との歴史認識から比較分析しています。きっかけは、UCプログラムで9ヶ月間アメリカのカリフォルニア大学サンディエゴ校に交換留学した際、授業で日韓の歴史問題が取り上げられたことでした。日本人の私以上に現地の学生や他の留学生が興味を示し、そのギャップに驚き研究したいと思ったのです。こうした学びを活かし、卒業後は世界で活躍できる仕事をするのが夢です。

履修モデル例:3年次秋学期

  Mon Tue Wed Thu Fri
1 AEP Capstone Tutorial 3B
2 Labor Economics and Public Policy A Research Project
3 Regional Economic Development Modern East Asian History Modern East Asian History
4 Gender and Society Gender and Society
5 Life and Career Development Field Study Seminar

国際学部オリジナルサイト

入学試験制度一覧

入学案内 (入試情報)

人材養成上の目的・教育目標

国際学部国際キャリア学科は、国際学部の「人材養成上の目的・教育目標」に基づき、国際キャリア学科の「人材養成上の目的・教育目標」を次のとおり定める。

国際キャリア学科は、グローバル社会の諸問題に対する、政治・経済・文化の各分野からの総合的な理解能力を涵養するとともに、多言語でのコミュニケーション能力を身につけ、多様な環境の下に生きる人々と協力し、リーダーシップを発揮できる能力を持つ人材を養成することを目標とする。

卒業の認定・学位授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

国際学部国際キャリア学科は、国際学部の「卒業の認定・学位授与に関する方針」に基づき、国際キャリア学科の「人材養成上の目的・教育目標」に沿った人間を育成するため、所定の期間在学するとともに130単位を修得し、次の能力を身につけることを卒業認定と学位授与の要件とする。

  1. 学科専門科目および明治学院共通科目の多面的な履修を通して培う基礎的な学修能力ならびに国際的な政治・経済・社会や個別の文化・歴史に関する総合的な理解力を取得し、グローバル社会で発生する問題を分析し、その解決策を探る能力を身につけている。
  2. 英語およびそれ以外の言語(日本語を含む)の複数言語で自由にコミュニケーションを図る能力を身につけて世界の人々と共同で作業を行う能力を身につけている。
  3. Project-based Learning、Service Learning、留学あるいは国内外のインターンシップの体験に基づいた、集団の目標に合わせて活動し、リーダーシップを発揮しうる能力を身につけている。
  4. グローバル化する世界の中の日本の役割を把握、分析する能力を身につけている。
  5. 多文化的なコンテクストで強い人間関係を構築できる寛大な人間性を養成する。

教育課程の編成および実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

国際学部国際キャリア学科は、国際学部の「教育課程の編成および実施に関する方針」に基づき、国際キャリア学科の定める「人材養成上の目的・教育目標」および「卒業の認定・学位授与に関する方針」に沿って、次のとおり「教育課程の編成および実施に関する方針」を定める。

  1. 授業は原則として全て英語で実施し、多言語でのコミュニケーション能力を涵養する(1~3年次での英語の集中的教育(Academic English Program - AEP)の実施)。
  2. 全ての授業(講義科目および演習科目)で少人数教育を徹底し、国際的な政治・経済・社会や個別の文化・歴史に関する総合的な理解力を身に付けた上で、分析能力、問題解決能力、チームワーク・スキル、リーダーシップ・スキルを涵養することを目指す。
  3. また以上の本学科の「人材養成上の目的・教育目標」を達成させるために、①座学を超えた学習(Project-based Learning;Service Learning)を重視し、②キャリアを意識させる学習(ライフ・キャリア・デザイン教育;アカデミック・アドバイザー制度の活用)を行い、③深い国際体験による学習(Double-Degree Program;Study-abroad Programs;Exchange Programs;Internship Programs;Field-Study Programs)を重視する。
  4. 学修成果の評価に際しては、各科目の成績評価基準をそれぞれのシラバスにおいて明記し、受講生に事前に周知する。

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

国際学部国際キャリア学科は、国際学部の「入学者の受入れに関する方針」に基づき、国際キャリア学科の定める「人材養成上の目的・教育目標」に照らして、国際キャリア学科の「卒業の認定・学位授与に関する方針」および「教育課程の編成および実施に関する方針」に沿って、次のとおり「入学者の受入れに関する方針」を定める。

  1. 求める人材像
    1. 国際キャリア学科における教育課程に取り組む前提として、知識・技能、思考力・判断力・表現力等において、高等学校等で修得すべき基礎的な能力を身につけている。
    2. 本学の教育理念である“Do for Others(他者への貢献)”を理解・共感し、現代社会に生起する様々な問題に関心をもち、国際キャリア学科の教育目標を充分理解し、その提供するカリキュラムを充分消化し、国際学の主体的な学びを通して共生社会の担い手となる意欲をもっている。
    3. 国際キャリア学科では、とくに次の特性を持つ学生を積極的に受け入れる。
      1. 多様な観点から問題を理解する能力
      2. 問題解決に対して貢献・参画する能力
      3. 多様な人々と共同作業をする能力
      4. 充分な英語の基礎能力
  2. 入学者選抜の基本方針
  3. 上記「求める人材像」に掲げる基礎的な能力、意欲および特性をもっているか否かを評価する。
  4. 入学者選抜の種類と評価方法
  5. 入学者選抜にあたっては、「一般入学試験」または「特別入学試験」を行い、上記「入学者選抜の基本方針」に則って評価する。 入学者選抜の種類として、一般入学試験による「全学部日程」、「A日程」のほか、「自己推薦AO入学試験」、「指定校推薦入学試験」、「系列校特別推薦入学試験」などの特別入学試験がある。評価方法も試験の種類によって、筆記試験のほか小論文により論述表現力をみるもの、また英語による面接によって基礎学力、知的好奇心、学習意欲をみるものなどがあり、これらの試験を通じて本学科で学び、社会で活躍する人材を選抜する。

おすすめ