スマートフォン版を表示

国際キャリア学科

国際学科 | 国際キャリア学科

社会のグローバル化が進み、国際環境が激変する21世紀の国際社会で輝く人物を育成します。本学科では、世界の学生が集う国際的環境の下、英語をベースとする高度な異文化コミュニケーション能力や、現代社会を正しく理解するための学際的アプローチの視点、そしてさまざまな問題解決に主体的に参加、貢献できる実践的能力を培います。

国際キャリア学科の特徴

真にグローバルな人材を育成

現代のグローバル社会を的確に理解するために、本学科では学際的なアプローチに基づいたカリキュラムを提供し、国際機関、国際NGO、多国籍企業、ジャーナリズム・メディアなどで活躍できる人材を育成します。

原則的に全授業を英語で実施

入学時点での英語力の差を補うために、徹底した英語教育を行っています。その後、専門教育として英語による講義科目を合計57科目、演習科目を13科目設置し、英語によって学べる科目を幅広く提供します。

留学×インターンシップを可能にする国際学部の独自プログラム

1年間の留学期間中、カリフォルニア大学リバーサイド校エクステンションで講義を受けた後、Walt Disney World Resort®などのアメリカの観光産業でのインターンシップに従事します。講義と実際の研修を組み合わせることで、世界レベルのホスピタリティや観光ビジネスに対する理解を深める留学プログラムです。

グローバル・コンピテンシーを養うインターンシップ・プログラム

グローバル・コンピテンシーとは、グローバルな世界で働くことができるスキル、能力、考え方を意味します。国内外のインターンシップを通して、異なる価値観を持つ人々と一緒に働くことができる能力、主体的に物事を考え、課題があればそれを解決する能力、ストレスをコントロールする力などを身につけます。

2つの学位が取得できるダブル・ディグリー制度

ダブル・ディグリー制度(二重学位)により、明治学院大学とサンフランシスコ州立大学両方の学位を取得することが可能です。約2年間の留学を含め4.5年~5年で双方の学士号を取得することができる制度です。

4年間の流れ

カリキュラム

※ヘボン・キャリアデザイン・プログラムについてはこちらをご覧ください。
※2018年度予定カリキュラムです。実際のカリキュラム・科目名は変更の可能性があります。

主な科目紹介

Close-up ①Field Study Seminar

自身の研究テーマをもち海外でフィールドスタディ

海外の文化や社会的側面を探究するために、実際に1~2週間をかけて現地でのフィールドスタディを実践します。それぞれの独自の視点に基づくテーマのもとに、文化史跡の見学、演劇鑑賞などを実施。帰国後は事例研究として調査結果をまとめ発表・討論を行います。

Close-up ②Introductory Seminar

グローバリゼーションを考察する

グローバル社会と異文化コミュニケーションにおける相互作用や、国際化のもとでの重要なテーマや概念を学修し、アカデミックな英語のスキルを習得します。

Close-up ③Introduction to Sociology A

社会学的概念を通して現代を探究

文化や社会の規範、人種やジェンダーの相異といった問題を学び、現代の社会学における考え方や視野を養成。国際社会を冷静な視点でとらえる洞察力を培います。

Close-up ④Regional Economic Integration

欧州連合形成の経緯を考える

地域の経済的な統合がどういった意味をもたらすのか、欧州連合をケースにどのように形成されていったかという経緯と現在の課題について考察していきます。

主な卒業論文タイトル

  • The US and China, TPP and RECP
  • Returnees in Japan: Difficulties they Face in the Japanese Educational System
  • The Gap Between Package Contents and Labelling in Japanese Soft Drinks
  • US Mediation During the Chinese Civil War : Negotiation Strategies and Their Aftermath
  • Are Japanese Really Collectivists?
  • Sovereign Risk and the Japanese Economy

私の学び


赤坂 剛
Tsuyoshi Akasaka
国際学部 国際キャリア学科(2018年卒)
大阪府立 三国丘高等学校出身

海外ボランティアや留学で自分の可能性を大きく広げる

ほとんどの授業が英語で受けられることに魅力を感じ、国際キャリア学科を選びました。入学当初は授業についていくのに苦労したのですが、少人数で行われる授業スタイルやバックグラウンドの異なる友人に支えられて、いつの間にか授業を楽しめるように。1、2年次に英語の基礎固めとともに、さまざまな分野の科目から自分の学びたいことを探し、経済学にたどり着きました。3年次からはミクロ経済学やマクロ経済学、EUや日本の経済など、関心のある科目に的を絞り履修。また、2年次の夏と冬には、アメリカとカナダでボランティアを体験し、3年次の秋学期からは、1年間の交換留学生としてカリフォルニア大学バークレー校で、現地の学生と一緒に学ぶ機会を得ることができました。世界的にもトップクラスの大学での学びは、見習うべき点が多く、世界中に一生の友ができたことも収穫となりました。卒業後は外資系の保険の仲介会社に就職します。大学時代と変わらずに挑戦し続けていきたいと思います。

赤坂さんの英語を楽しく学ぶおすすめ勉強法:「好きな海外ドラマを英語音声で」

高校時代から、洋画やドラマを英語音声で聞いたり、字幕を最大限に利用したりして英語の勉強をしていました。この勉強法は、あまり肩ひじ張らずに続けることがポイントです。好きな作品なら何回も見直しても苦にならないので、繰り返すうちに英語への苦手意識をなくすことができます。

履修モデル(例)3年次秋学期

卒業後の進路

国際キャリア学科の所定の科目を履修した卒業生は、国際的な場での即戦力としての活躍が何よりも期待されています。具体的には、国際機関、国際NGO、多国籍企業(メーカー、商社、ICT産業、金融業等)、ジャーナリズム・メディアなどへ就職し、その各場所で多様な国籍のパートナーと共同作業ができることが期待されています。このような能力は、これまでのわが国の教育環境にあっては育成が困難ですが、今後ますます必要とされる能力です。3月卒業とともに9月卒業の学生においても、多様な企業で内定を獲得しています。

主な就職先(2015~2017年度)

アマゾンジャパン /SAPジャパン /日本アイ・ビー・エム /日立システムズ /楽天 /ワークスアプリケーションズ /イーオン /トランス・コスモス /阪急阪神ホテルズ /プリンスホテル /星野リゾート /マンダリン・オリエンタル東京 /横浜ロイヤルパークホテル /レンブラントホールディングス /ANAテレマート /エクスペディア /近鉄エクスプレス /スイスポートジャパン /全日本空輸 /日本通運 /日本航空 /三菱商事ロジスティクス /オリエンタルランド /共同通信社 /四国新聞社 /博報堂DYデジタル /博報堂DYインターソリューションズ /フジテレビジョン /三井住友銀行 /三菱UFJ信託銀行 /日本生命保険 /住友生命保険 /あいおいニッセイ同和損害保険 /AIG損害保険 /新日本有限責任監査法人 /全国農業協同組合連合会 /郵船商事 /コストコホールセールジャパン /富士貿易 /三越伊勢丹 /NOK /東レ /ヒロセ電機 /P&Gプレステージ
2018年3月7日現在

入学試験制度一覧

入学案内 (入試情報)にてご確認ください。