スマートフォン版を表示

政治学科

法律学科 | 消費情報環境法学科 | グローバル法学科 | 政治学科

政治とは、社会に発生する問題を解決するために、その構成メンバーが共同で意思決定をして実行するプロセスです。政治的問題を扱うためには、科学的なアプローチ、歴史の理解、哲学や思想に基づく構想力が求められます。政治学科では、総合的な判断力と批判力、勇気と他者への想像力を持ってこのような問題に取り組める“ 教養ある政治的市民”を育成します。

政治学科の特徴

地球規模での平和・安全保障の問題や環境問題、国家における政策の問題、さらには住民福祉といった地域が抱える問題まで、多様な問題を分析し考える力を養成します。

就職・進路を見据え、3分野の科目から自由に選択

必修科目は「政治学基礎演習」と「政治学原論」の2つのみ。1年次に政治学の基礎となる科目を履修した上で、公共政策や地方政治がテーマの「ガヴァナンス」、国際関係・外交がテーマの「国際政治」、計量政治・マスコミがテーマの「メディア・ポリティクス」の3分野から、自分の学びたい科目を自由に選ぶことができます。

公務員試験に備えたセミナーを実施

法学部では、キャリア支援プロジェクトの一環として、「公務員セミナー」を開講。公務員を目指す3年次生向けを中心に、講座を提供しています。

充実した少人数教育

1年次の基礎演習や、3・4年次の演習・卒業論文など、少人数教育が充実。「フィールド・ワーク」では、学生自身の興味に基づいて、国会議員事務所や行政機関、新聞社に取材を申し込み、実地の調査を行って、1万字以上の研究報告書を書き上げます。

現役新聞記者による講義で英語もメディアも学ぶ

読売新聞の現役記者の講師が英字新聞を教材として授業を行う「時事英語」は、英語とメディアを同時に学べる欲張りな科目です。

4年間の流れ・カリキュラム

PDF(大学案内抜粋)

※年次は、当該科目を履修できる最低年次を表します。
※教職課程についてはこちらをご覧ください。
※ヘボン・キャリアデザイン・プログラムについてはこちらをご覧ください。
※2019年度予定カリキュラムです。実際のカリキュラム・科目名は変更の可能性があります。

主な科目紹介

Featured ① 国際政治学

国際政治を、歴史・理論・課題の3つの視点から考察する

グローバリゼーションが進む一方、環境問題がますます深刻化する現在の世界。国際政治や日本の外交政策を理解するためには、これまでの歴史についての知識と、それを整理するための概念・理論の両方が必要です。国際政治を学ぶことで、「教養ある政治的市民」になるために不可欠な、他者(他国・難民などの弱者)への想像力が養われます。

Featured ② 政治思想史

「政治」を語るための「言葉」を歴史を追って考察してみよう

政治学という学問は、古代ギリシア以来、「政治」を語るための「言葉」を求めてきました。プラトンやアリストテレスをはじめとする過去の思想家たちの声に耳を傾けて知見を深めます。

Featured ③ 演習・卒業論文

大学生活の集大成

4年間の学習の成果を活かして、自分で選んだテーマに関する2万字以上の卒業論文を書き上げます。論理的な文章の書き方・資料の集め方・さまざまな分析手法が身につきます。

私の学び


関澤 可南子
Kanako Sekizawa
法学部 政治学科4年
栃木県 宇都宮女子高等学校出身

政治を取り巻く幅広い知識の習得は自分探しの道しるべに

高校時代は音楽活動がしたいという気持ちが強く、大学に進学して何をやりたいのかは漠然としていました。進路指導で先生 に「大学に入ってからやりたいことを見つければ良いのでは」と言われ、勧められたのが明治学院大学でした。学科については、もともと政治思想に興味を持っていたこともあって政治学科を選びました。大きな期待を抱かずに入学した私ですが、明治学院大学には魅力的な授業やシステムが多く新鮮な気持ちで取り組むことができ、結局、ゼミ長を務めるまでになりました。政治学科と言っても戦争や選挙といったことばかりではなく、もっと私たちの生活に身近な経済の知識などを身につける授業もあります。さまざまなことを柔軟に学べる環境は、自分がやりたいことを見つける上でとてもありがたいです。ゼミでは世界史に触れることも多く、そこで学んだことでリアルタイムなニュースについての理解も深めることもできます。今後は政治にフォーカスした世界史を学んでいきたいと思っています。

政治学科 履修モデル(例) 3年次秋学期

卒業後の進路

専門的な知識を活かし、国家公務員や地方公務員、外交官となる卒業生のほか、新しい公共性の担い手とされる民間非営利団体(NPO)や国際的に活動する非政府組織(NGO)を目指す人もいます。また多くの有名企業に就職し、良き企業人として、そして「教養ある政治的市民」として活躍している人もいます。その業種は金融、証券、運輸、流通、通信、マスコミ、サービスなど、多種多様です。近年は政治学科のカリキュラムを反映して、マスコミ、公務員、教育、コンサルタント、非営利団体へ進む割合 が増加しています。

主な就職先(2015~2017年度)

アサツーディ・ケイ/ANAエアポートサービス/オリエンタルランド/警視庁/サントリーホールディングス/JTBグループ/静岡県庁/静岡新聞社/静岡放送/品川区役所/信濃毎日新聞/セールスフォース・ ドットコム/積水ハウス/全日本空輸/ソフトバンク/第一生命ホールディングス/中央労働金庫/ディー・エヌ・エー/東京地下鉄/東京ベイヒルトン/独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構/日本 赤十字社/日本通運/日本郵便/日本航空/野村證券/東日本電信電話/富士通/ぺんてる/法務省/北海道放送/みずほフィナンシャルグループ/三井住友海上火災保険/三井不動産リアルティ/ 三菱UFJ銀行/USEN/横浜市役所/横浜地方検察庁/楽天/リクルートキャリア など
2018年5月1日現在

入学試験制度一覧

入学案内 (入試情報)にてご確認ください。