スマートフォン版を表示

グローバル法学科

法律学科 | 消費情報環境法学科 | グローバル法学科 | 政治学科

「 法 」に軸足をおき、世界と日本をつなぐ人材を育成

「 法 」という客観的なルールにのっとった「 法的な解決能力」に加えて、「実践的なコミュニケーション能力」「柔軟な異文化理解力」を修得し、 リーガルマインドを身につけたグローバル人材を育成します。 2年次には全員が英語圏の大学に留学。 語学習得はもちろん、現地での授業や生活を通じて実践的に法や異文化を学びます。 国境を越えて「法」を学びたいチャレンジ精神のある学生を期待します。

グローバル法学科の特徴

国際化社会の要請に応え、「法律」と「英語」を身につけたグローバル人材を育成する斬新でチャレンジングな新学科です。

3つの力の修得を教育の柱として国際化社会の要請に応えることのできる人材を育成

海外進出による国際化だけでなく、来日するビジネスパーソンや観光客の増加などによる「内なる国際化」も急速に進行しています。二重のグローバ ル化に対応するため、法的知識や問題解決能力に加えて、グローバル社会において通用するレベルの英語力と異文化理解力を身につけます。

学科オリジナルの英語カリキュラム

留学前の準備として英語の4技能を身につける科目や日本法を英語で学ぶ科目、帰国後の応用・発展科目として法律・政治・文化を英語で学ぶ科目やビジネス英語を学ぶ科目などを設置しています。

1年次から少人数で密度のある学び

1年次から個別指導ができる少人数で密度の高い授業を実施。一人ひとりに手厚い学習環境を提供します。

全員が英語圏に留学

2年次秋学期に全員が留学。現地の法律と英語を学び、人々に触れ合う中で異文化を体験します。

大学独自の留学支援制度

本学では、返還不要の給付型奨学金として『カリキュラム留学生奨学金』制度を設けています。給付金額は、25万円。グローバル法学科の留学はカリキュラム留学であり、全員がこの奨学金制度を利用することができます(なお、留学中も本学への学納金は納める必要があります)。法学部のOB組織「白金法学会」による『海外留学支援奨学金』制度(法学部各学科3名・計12名に20万円支給)も利用可能。世界に飛び出す法学部生を応援するしくみがさらに充実することとなりました。

4年間の流れ・カリキュラム

   

PDF(大学案内抜粋)

※年次は、当該科目を履修できる最低年次を表します。
※ヘボン・キャリアデザイン・プログラムについてはこちらをご覧ください。
※2020年度予定カリキュラムです。実際のカリキュラム・科目名は変更の可能性があります。

主な科目紹介

Featured ① Introduction to Japanese Law

日本法を英語で学び、発信する力を身につける

国際社会の中での日本法について、英語で書かれた教科書を使って法律英語と基礎知識を学びます。その上で、外国の人々や海外に向けて発信をできる力を養います。

Featured ② グローバル社会から見た日本

異文化コミュニケーションを考える

留学に備え、討論やレポートによるオーラル・コミュニケーションやライティング能力の向上を目指し、世界における日本の社会と文化を考察します。

Featured ③ 国際人権法

人権という考え方の成り立ちから国際人権法の登場、発展までを考察

国際人権法がどのようにして確立されたのかを学修。また、国際人権法が、実際の国際政治や、世界中の文化・宗教・民族などの間で、どのような問題に直面しているのかについても考えていきます。

Featured ④ グローバル企業法

グローバル企業が直面する法律問題を事例を挙げて掘り下げていく

中小企業においても急速に進むビジネスのグローバル化。これらのグローバ ル企業が抱える法律問題について、事例を基にわかりやすく解説し、国際ビジネスの知識とビジネス感覚の修得を目指します。

私の学び



石田 射月
Izuki Ishida
法学部 グローバル法学科3年
神奈川県 鶴嶺高等学校出身

法律と英語を共に学びグローバル社会で活躍できる人材に

法律に興味があり法学部を目指す傍ら、 グローバル社会で活躍するためには英語力を身につけることが自身の強みになると思っていました。法律と英語を共に学べるグローバル法学科こそ理想の学科と感じ、入学を決意したのです。この学科は少人数制であることが大きなメリットです 。友人とすぐに仲良くなれ、お互いに助け合って成長することができます。また、2年次のカリキュラムに海外留学があり、半年間異文化を経験できることも魅力です。将来は外資系企業に就職し 、海外で働くのが夢です。「英語」という活躍の場を広げてくれる万能なツールと 、「法律」というあらゆる物事根底にある大きなルールを用いて法務に携わりたいです。僕がグローバル法学科に入ることができたのは、いつでも目標に向かってチャレンジできる準備を整えておいたからだと感じています。すでに目標が定まっている人は、そこへ向かい前だけを見て頑張ってください!
※写真は留学中のカルガリー大学で撮影

履修モデル(1年次春学期)

卒業後の進路

想定される進路

国内外で活躍できるビジネスパーソン(外資系企業・商社・IT産業・金融など)
グローバル法学科で学んだ法の知識と英語力を活かして外資系メーカーや商社、金融機関などへ

国家・地方公務員/国際NGOスタッフ/国際公務員
国際経験を活かして国家・地方公務員・国際NGOスタッフや国際公務員などへ

エアラインスタッフ/ジャーナリスト/アナウンサー
身につけた幅広い知識や英語力で航空業界やマスメディア業界へ

弁護士や行政書士、司法書士などの法律専門職
国際的な問題を扱う弁護士や、行政書士などの法律を扱う専門職へ

入学試験制度一覧

入学案内 (入試情報)にてご確認ください。