スマートフォン版を表示

グローバル法学科

法律学科 | 消費情報環境法学科 | 政治学科 | グローバル法学科

「法」という客観的なルールにのっとった「法的な解決能力」に加えて「実践的なコミュニ ケーション能力」「柔軟な異文化理解力」を修得し、法的な問題解決能力を持ったグ ローバル人材を育成します。2年次には全員が留学。語学修得はもちろん、現地での授業 や生活を通じて実践的に「法」や異文化を学びます。国境を越えて「法」を学びたいチャレンジ精神のある学生を期待します。

グローバル法学科の特徴

国際化社会の要請に応え、「法律」と「英語」を身につけたグローバル人材を育成する斬新でチャレンジングな新学科です。

3つの力の修得を教育の柱として社会の要請に応えることのできる人材を育成

海外進出による国際化だけでなく、日本国内での「内なる国際化」も急速に進行しています。二重のグローバル化に対応するため、法的知識や問題解決能力に加えて、グローバル社会において通用するレベルの英語力と異文化理解力を身につけます。

学科オリジナルの英語カリキュラム

留学前は具体的な英語力の向上を目指す科目や日本法を英語で学ぶ科目、 帰国後は法律、政治、文化を英語で学ぶ科目やビジネスの場で使う法律英語を学ぶ科目などを設置します。

1年次から少人数で密度のある学び

1年次から個別指導ができる少人数で密度の高い授業を実施。語学力の高い若手研究者も学生の教育を支援し、一人ひとりに手厚い学習環境が整います。

大学独自の留学支援制度

本学では、返還不要の「給付」奨学金として『カリキュラム留学生奨学金』制度を設けています。給付金額は、25万円。グローバル法学科の全員留学はカリキュラム留学であり、この制度を利用して充実した留学の実現が可能です。2018年1月には、法学部のOB組織「白金法学会」による「海外留学支援奨学金(法学部各学科3名・計12名に20万円支給)」制度の新設も決定。世界に飛び出す法学部生を応援するしくみがさらに充実することとなりました。

4年間の流れ

カリキュラム

※年次は、当該科目を履修できる最低年次を表します。
※2018年度予定カリキュラムです。実際のカリキュラム・科目名は変更の可能性があります。

主な科目紹介

Close-up ①国際人権法

人権という考え方の成り立ちから国際人権法の登場、発展までを考察

国際人権法がどのようにして確立されたのかを学修。また、国際人権法が、実際の国際政治や、世界中の文化、宗教、民族などの間で、どのような問題に直面しているのかについても考えていきます。

Close-up ②Introduction to Japanese Law

日本法を英語で学習する

日本法を国外の相手に正確に伝える基礎的能力の修得を目標に、英文で書かれた日本法に関する教科書および資料を用い英語で学びます。

Close-up ③English for Legal Studies

英語で法的コミュニケーションを

取引や企業活動の場面を想定した法的なトピックについて、英語でコミュニケーションする能力を修得。英語力と法的思考力の向上を図ります。

Close-up ④グローバル社会から見た日本

異文化コミュニケーションを考える

留学に備え、討論やレポートによるオーラル・コミュニケーションやライティング能力の向上を目指し、世界における日本の社会と文化を考察します。

主な演習(ゼミナール)テーマ

  • 法と宗教
  • 比較ワイン法研究
  • 比較環境法研究
  • 国際法研究
  • 国際人権法研究
  • 国際私法研究
  • グローバル企業法研究
  • アジア政治の比較研究
  • 国際政治について考える
  • 仏教と文化

私の学び


鈴木 祥華
Akiha Suzuki
2017年3月法律学科卒業 英国サセックス大学大学院在学
東京都 目白研心高等学校出身

世界に目を向けた理想的な新学科に期待します

私は明治学院大学の法律学科で学び、現在英国サセックス大学の大学院で環境の政治経済学と開発学研究における批判的議論を学んでいます。大学入学においては、英語をツールに自分の知らない分野を学ぶのも楽しいと思い法学部へ。本学では、法学部生にのみ開かれた国際交流、ゼミなどを通して年齢に関係なく多くの夢や目標を持ち、輝いている人たちと出会うことができました。「国際法」や「国際環境法」で得た知識を、ボランティアや課外活動を通し、アウトプットすることで自らの力に変えることができました。そして、「留学したい、もっと英語を学びたい、外に出たい」と強い気持ちが沸き上がってきたのです。新学科のグローバル法学科は、そんな私が欲しかった学びが揃った学科だと思います。「国際法」「グローバル企業法」「EU法」などグローバルな観点から「法」を学び、同時に実践的な英語を身につけ留学へ。これから新学科で学ぶ新入生は、大いにその学びを楽しんでください。

鈴木さんの英語上達おすすめ法:「覚えた歌詞やセリフを日常で使ってみよう」

生きた英語を身につけるには、映画を英語字幕で観てセリフを覚える、洋楽を歌詞を覚えて歌う、そして覚えたセリフや歌詞を日常会話で使ってみるというルーティーンだと思います。この身につけ方は、楽しいですし友達もできます。現実で使う英語、教科書で使う英語、映画で使われている英語、言語にある多様性も感覚的に理解できます。是非皆さんも、役になりきっていろんな人と会話してみてください。

履修モデル(3年次春学期)

卒業後の進路

想定される進路

国内外で活躍できるビジネスパーソン(外資系メーカー・商社・IT産業・金融等)
グローバル法学科で学んだ法の知識と英語力を活かして外資系メーカーや商社、金融機関などへ

国家公務員/国際NGO/国際公務員
国際経験を活かして国家公務員・国際NGOや国際公務員などへ

エアラインスタッフ/ジャーナリスト/アナウンサー
身につけた幅広い知識や英語力で航空業界やマスメディア業界へ

弁護士や行政書士、司法書士などの法律専門職
国際的な問題を扱う弁護士や、行政書士などの法律を扱う専門職へ

入学試験制度一覧

入学案内 (入試情報)にてご確認ください。