スマートフォン版を表示

法律学科 Depament of Juridical Studies

リーガルマインドを発揮して社会に貢献できる人材を養成

法律学科では、現代社会の諸問題を客観的に分析し、公正かつ論理的な思考で解決に導く能力(リーガルマインド)を、系統的かつ段階的なカリキュラムにしたがった学びにより、無理なく身につけます。少人数で学ぶ入門科目から最先端分野の発展科目まで、豊富な科目を提供。自由なスタイルで自らの学びを深め、将来の進路選択が広がります。

法律学科の特色

Point 01進路に合わせた履修モデルを設置

法律学科の豊富なカリキュラムから自分の関心に合った科目を見つけることは、難しい場合も。そこで目的意識を持って学修できるよう、法曹から一般企業まで、希望進路に応じた履修モデルを用意しています。公務員試験の実績は抜群。教員免許状(小[第二種]・中・高)も取得可能です。


Point 022020年4月、法曹コースが誕生!

法律改正により、大学入学から法曹資格を得るまでの最短期間が8年から6年に。法学部を3年で早期卒業し、法科大学院入学から2年目に司法試験を受験。1年間の司法修習を終え、法曹資格を取得できます。また、早稲田大学・中央大学・慶応義塾大学・明治大学・千葉大学・東京都立大学の6つの法科大学院との連携協定を締結※。法曹を志望する学生の期待に応えていきます。法曹コース志望者は任意で、2年次からのエントリー制となります(1年次秋学期にプレエントリー)。※協定のない法科大学院も選択可能。


Point 03若手研究者が特別TAとして法律学の学びをサポート

法律学科では「特別TA(ティーチングアシスタント)制度」を設け学修を支援。若手研究者が特別TAとなり、白金・横浜の両キャンパスに常駐し、授業内容や勉強方法に関する質問からレポート・卒業論文の書き方まで、学生をきめ細かくサポートします。


Point 04知的財産法や環境法など時代の先端分野も学べる

140を超える専門科目を提供する本学科。消費者法や知的財産法、成年後見法、労働法、環境法など、今注目されている「最先端分野」の法律を学ぶことができます。


Point 05学部内での垣根を取り払い自由に学びたい科目を履修できる

3年次以降の専門科目では、学部内での垣根がほとんどありません。学生の自主性を重視し、所属する学科以外の科目も履修可能。自分の学びたい授業やゼミを受講することができ、積極的な学びへとつながっています。


Point 06難関の公務員試験に備え支援セミナーでサポート

「公務員セミナー」を開講し、週2~3回プロの外部講師による公務員試験講習会を実施。ダブルスクールの必要がなく、キャンパス内での学習で最後まで高いモチベーションで取り組めます。

4年間の流れ・カリキュラム

1

少人数の双方向教育による基礎固め

法律学の重要分野である民事法、刑事法について、少人数クラスでの対話型授業を展開。「基礎演習」というゼミ形式の授業では、リテラシー教育のほか、法律学科の専門的学習・研究の土台を作ります。


  • 1年次から少人数のゼミ「基礎演習」をスタート
  • 民事法入門
  • 刑事法入門
  • 法学の基礎
2

少人数ゼミで基本科目の理解を深める

2年次演習を設け、基本法律科目の定着を目的とした少人数ゼミを展開。憲法、民法、刑法を中心に1・2年次で学ぶ基本科目の理解の深化を目指します。


  • 少人数のゼミ「2年次演習」
  • フィールドワーク
  • 法学部生のキャリアデザイン講座
3

4

将来の進路に向け最先端の法分野を学修 ゼミで法的思考力に磨きをかける

より高度な法知識と法的思考力の獲得を目指す。豊富な専門科目から選択履修すると共に、演習(ゼミ)や特講科目を設け、個別のテーマで議論を深めます。このほか、進路に合わせて国際的な企業活動、消費者問題、環境問題、成年後見法制などの最先端の法分野を学ぶことができます。


  • 学生の自主性を重視し、所属する学科以外の科目も履修可能
  • 法律学特講
  • 演習(ゼミ)
  • 卒業論文

※教職課程についてはこちらをご覧ください。
※ヘボン・キャリアデザイン・プログラムについてはこちらをご覧ください。

法律学科で学べる主な科目

刑事法入門

犯罪や刑罰、刑事裁判について考える

刑事法の全体像を理解するために必要なルールを初学者に分かるよう丁寧に解説します。

導入演習

法曹について知り、法律家として他者のために活動することを考える

裁判官や弁護士などの法曹に興味がある学生を対象に、法律の学修をする上で必要となる基礎的な能力を養います。

会社法1

企業社会の中心的役割を担う株式会社について学ぶ

わたしたちの生活と深い関わりを持つ「株式会社」に関する基本的仕組みを学びます。

成年後見法制

国際的な動向も踏まえて高齢者・障がい者の意思決定支援を考える

高齢や障がいにより判断能力が減退した後も自分らしい生活を送るために、意思決定を支援し、法的なサポートを行う成年後見制度について、現状や課題を深く考察します。

法学部生のキャリアデザイン講座

さまざまなキャリアに触れ、自分の可能性をひろげる

法学部生の進路は多様です。卒業後を見据え、法曹界に限らず、さまざまなキャリアに触れ、自分の未来を考えます。

私の学び

倉島 那菜 Kurashima Nana 法学部 法律学科2年
東京都 文京高等学校出身

意外と身近な法律の世界に惹かれて

中学の公民の授業で法律に興味を持ち、法曹に憧れるようになりました。明学で法曹コースが開設されることを知り、法曹家になるという目標に近づくことができると思い入学を決めました。2年次の「専門演習A(民法)」で、裁判官だけでなく自分たちも判決について考えることができることに気づき、法律は身近なものだと感じました。民法には1000以上の条文が規定されていますが、どの条文が適用されるかをじっくり考えることができる点も好きです。

女性ならではの視点で活躍する法曹家に

以前は他人の意見に流されていた私も、たくさんの判例や学説を分析し検討する中で、私見を持つことができるようになりました。これからも私見を持ち続け、法の規定に基づき、自分なりの正義を追求していきたいです。夢は司法試験に合格して法曹界で活躍すること。男性の占める割合が多い法曹界ですが、女性ならではの視点を大切にし、社会に潜在するさまざまな課題から目を背けず物事を俯瞰的かつ複眼的に考えることができる専門家を目指します。

履修モデル例:3年次春学期

  Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 会社法2 刑事訴訟法2 専門演習C(民訴)
2 専門演習C(会社法) 専門演習C(刑訴) 行政法2-1 民事訴訟法2
3 契約法2 相続法
4 刑法各論2 物権法2
5 演習 Ⅰ

法学部オリジナルサイト

入学試験制度一覧

入学案内 (入試情報)

人材養成上の目的・教育目標

法学部法律学科は、法学部の「人材養成上の目的・教育目標」に基づき、法律学科の「人材養成上の目的・教育目標」を次のとおり定める。

法律学科においては、明治学院大学の建学の精神にのっとり、法律学の基本的素養を備え、公正かつ論理的な判断ができる市民社会の担い手を育成することを人材養成上の目的とする。かかる理念のもと、法律学科では、身につけた「リーガルマインド」、すなわち正義・公平の感覚、論理的思考力、他者を思いやる力などを発揮し、現代社会の諸問題に対し、多角的な視点から理解・分析してその解決に寄与することを通じ、あらゆる場面で社会貢献することができる市民の養成を教育目標とする。

卒業の認定・学位授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

法学部法律学科は、法学部の「卒業の認定・学位授与に関する方針」に基づき、法律学科の「人材養成上の目的・教育目標」に沿った人間を育成するため、所定の期間在学するとともに130単位を修得し、次の能力を身につけることを卒業認定と学位授与の要件とする。

  1. 歴史、文化、社会、自然、科学などに関する幅広い教養
  2. 法に関する基本的な知識および体系的な理解
  3. 問題を発見し、公正かつ論理的な判断と柔軟な思考で解決に導く力
  4. 社会と真摯に向き合い、さまざまな価値観の違いを理解しようとする姿勢
  5. “Do for Others(他者への貢献)”の精神およびリーガルマインドを発揮し、社会貢献する意欲

教育課程の編成および実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

法学部法律学科は、法学部の「教育課程の編成および実施に関する方針」に基づき、法律学科の定める「人材養成上の目的・教育目標」および「卒業の認定・学位授与に関する方針」に沿って、次のとおり「教育課程の編成および実施に関する方針」を定める。

  1. 基本的方針
  2. 1・2年次には、法律学の基礎的教育および学問的視野を広げるための科目群を展開し、3・4年次には、各自のニーズに応じた学習が可能となるよう、より高度な内容の応用・発展科目を配置し、学年が上がるにつれて段階的に教育の専門性を深めていくことができるカリキュラムを提供する。また、すべての学年において、演習等での少人数教育を行う。
    以上の方針のもと、系統的な科目履修を可能にすると同時に、科目選択の自由を必要以上に制約しないとの考え方に基づき、ガイドライン型のモデルコースを設定し、各モデルコースに沿って履修すれば、系統的かつ総合的な勉強ができるように工夫する。法律分野のうち、実定法科目については、法律学に関する正確な知識の定着とこれを用いた法的思考力の養成のために、導入から基礎、基本、発展・定着へと、無理なく、系統的かつ段階的学習ができるような教育課程を編成する。基礎法科目については、法を歴史学的・社会学的・哲学的な観点からみつめ、社会のあり方を考える高い視座を与えられる科目を開設する。
    同時に、国際性や異文化共生が求められる現代社会において、英語等の外国語が重要であることは言うまでもなく、語学を学ぶことは文化を学ぶこと・理解することに繋がる、また外国について知ることは自国について知ることに繋がるとの考えのもと、入学後、必修としての英語科目のほか、初習語科目(第二外国語科目)の履修を課す。
  3. 具体的方針
  4. まず、まだ社会や法律についての知識がない段階にある1年次春学期においては、アクティブ・ラーニングを採用した基礎演習を置くとともに、導入科目(民事法入門・刑事法入門)において少人数教育を実践する。また、基本科目の基礎固めを目的として、主に1・2年次において、憲法、民法、刑法の基礎に位置づけられる科目を必修科目として配置する。
    次に、導入・基礎に位置づけられる科目以外にも、基本的に習得しておくべき科目(行政法、商法、手続法、必修科目以外の憲法・民法・刑法科目)を配置する。さらに、知識の発展・定着を目指す見地から、第4群(国際法分野、社会経済法分野)、第5群(発展的・先端的分野、基本科目の特講・演習)、第6群(基礎法・外国法分野)を配置する。
    これらのほかに、学生に社会人としてのキャリアを自覚させるためのキャリア形成科目を設ける。
    そして、上記の方針を踏まえた教育を実践するため、講義形式の科目のほか、学生の主体的・対話的な学びを重視するアクティブ・ラーニングを取り入れた少人数のゼミ(1年次の基礎演習、2年次の2年次演習、3年次の演習Ⅰ、4年次の演習Ⅱおよび卒業論文、公法演習、民事法演習、刑事法演習、外国語文献講読)を配置する。
    学習成果の評価にあたっては、あらかじめ個々の科目のシラバスに評価基準を明記する。また、主体的学習を促進するため、アクティブ・ラーニング型科目の履修を勧め、講義科目においても、学習の成果を自己診断し、科目ごと・テーマごとに理解の程度や身につけたスキルを把握するため、「学習自己管理カルテ」の積極的活用を求める。

【法曹コース】
法曹コースは、法律学科の「教育課程の編成および実施に関する方針」に基づき、次のとおり法曹コースの「教育課程の編成および実施に関する方針」を定める。

  1. 基本的方針
  2. 法律学科に、法曹(裁判官・検察官・弁護士)を目指す人のための法曹コースを置く。
    法曹コースでは、法律学科が他大学法科大学院と連携して一貫教育を行う(3年次早期卒業が原則である)ことにより、本学の教育理念である“Do for Others(他者への貢献)”を社会において実践する法曹を養成するために下記のカリキュラムを提供する。
    1年次には、法律学の基礎的教育および学問的視野を広げるための科目群を展開し、2・3年次には,法曹になるための、より高度な内容の応用・発展科目を配置し、短期間に(3年間で)集中して段階的に教育の専門性を深めていくことができるカリキュラムを提供する。また、すべての学年において、演習等での専門性の高い少人数教育を行う。
  3. 具体的方針
  4. まだ社会や法律についての知識がない段階にある1年次春学期においては、法律学科の共通科目として、アクティブ・ラーニングを採用した基礎演習を置くとともに、導入科目(民事法入門・刑事法入門)において少人数教育を実践する。
    1年次秋学期には、法曹を目指す学生の意識づけのために導入演習を配置する。あわせて、主に1・2年次において、憲法、民法、刑法などの司法試験の基礎に位置づけられる科目を必修科目として配置する。2年次からは、商法、民事訴訟法、刑事訴訟法、行政法を指定科目(法律学科のカリキュラム上は選択必修科目の位置づけだが、法曹コース修了要件となる科目)として配置する。さらに、実務法曹として不可欠な知識と素養を身につけるべく各科目分野の専門演習等の演習科目を配置する。また,現実の社会に起きている法律問題を考える契機とすべく、基礎法分野の科目として、法哲学・法制史・外国法、発展的・先端的分野の科目として、刑事政策、犯罪学、法医学、企業活動関連の科目(競争法、倒産法、労働法など)、消費者法、環境法、社会保障法、成年後見法などの履修も推奨する。
    上記の方針を踏まえた教育を実践するため、専任教員によるきめ細やかな学修支援体制を提供する。

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

法学部法律学科は、法学部の「入学者の受入れに関する方針」に基づき、法律学科の定める「人材養成上の目的・教育目標」に照らして、次のとおり「入学者の受入れに関する方針」を定める。

  1. 求める人材像
    1. 社会貢献意欲のある人材
      明治学院大学の“Do for Others(他者への貢献)”という教育理念のもと、法律学科では、身につけた「リーガルマインド」、すなわち正義・公平の感覚、論理的思考力、他者を思いやる力などを発揮し、現代社会の諸問題に対し、多角的な視点から理解・分析してその解決に寄与することを通じ、あらゆる場面で社会貢献することができる市民の養成を教育目標としている。そのため、法律学科では、社会と積極的にかかわり、自ら課題を発見して解決策を探ろうとする、社会貢献意欲のある受験生を歓迎する。
    2. 自ら考え、判断し、主体的に行動する人材
      価値観が多様化し、変化の激しい現代社会では、さまざまな主張や要素を考慮して判断できるバランス感覚や、自分の考えを論理的に主張できる能力を備えた人材が求められている。法律学科では、その前提として、受験生に、普段から物事を自分の頭で考えて行動すること、また常識的な判断ができることを求める。
    3. 目的意識をもった人材
      法律学は古い歴史を有しており、判例・学説の積み重ねにより、現在の法律・法律学が存在している。他方で、社会の変化にともない、法律学には常に、それまで想定していなかった新たな問題への対応が求められる。法は社会のルールであり、幅広い分野に及ぶ。そこで、法律学科では、法律を学ぼうとする受験生に、社会問題と向き合い、フレッシュな感覚で問題を解決しようとする意志を有していることを期待する。
  2. 入学者選抜の基本的方針
    1. 法は社会のすみずみまで及ぶさまざまな分野を規律することから、法律学科における教育課程に取り組む前提として、大学入学前に高等学校等で幅広い教科を学習しておくことが求められる。
    2. 大学入学後に学ぶ法解釈においては、文章を正確に読みとることができる力(読解力)および筋道を立てて考え説明することができる力(思考力・表現力)が特に必要である。ここでは、確実な国語力がとても重要であり、「現代文」の理解は不可欠である。さらに、法令の解釈にあたり、古文や古語についての理解が手助けとなる。
    3. グローバル化が進展する中で、社会のルールである法もまた、グローバル化してきている。グローバル化した法を学ぶために、「外国語」、とりわけ英語の知識は必須である。
    4. 法はそれぞれの沿革を有しており、社会と密接不可分なものである。そうした法を理解するためには、「世界史」・「日本史」・「地理」・「政治・経済」・「倫理」の知識が有用である。
    5. 法を学ぶにあたり、論理的な思考を欠かすことはできず、「数学」の知識も有益である。
  3. 入学者選抜の種類と評価方法
  4. 入学者選抜の種類として、多面的な方法を用いる。
    1. 「全学部日程入試」、「A日程入試」においては、一般筆記試験により、高等学校等で習得した教科の理解度を重視した選抜を行う。また、大学入試センター試験を用いた「センター利用入試」においても、高等学校等で習得した教科の理解度を重視した選抜を行う。
    2. 「B日程入試」においては、外国語および論述を重視した選抜を行う。具体的には、社会科学的内容の長文を読み、その内容に関する問題に解答する論述重点試験により、現代社会における課題を発見し、他者と協力しながら解決に導く能力の発見を重視した選抜を行う。
    3. 「指定校推薦入学試験」・「系列校特別推薦入学試験」においては、本学の教育理念を理解し、法律学科の求める人材像と合致する入学希望者を、本学が指定(依頼)した高等学校長の推薦に基づき、出願書類の審査と面接により、基礎学力と法律学科における教育への関心、人間性の豊かさなどを重視した選抜を行う。

おすすめ