スマートフォン版を表示

明治学院コンサート・シリーズ 第113回《新春コンサート》

開催日 2023年1月29日(日)
時間 15:00 開演 (14:30開場)
会場 明治学院大学 白金アートホール
※申込不要・入場無料・一般公開(マスク着用、消毒、会話抑制など、感染対策にご協力ください)
主催 明治学院大学国際学部
曲目

モーツァルト/アイネ・クライネ・ナハトムジーク
ハルヴォルセン/パッサカリア
ロッシーニ/弦楽のためのソナタ 第2番
アンゲラー/おもちゃ交響曲
ラデツキー行進曲 ほか

華やかなモーツァルトの名曲(全楽章)で始める新春コンサート。めったに聴けないロッシーニも、オペラ作曲家ならではのドラマと楽天的な気分に満ちた佳曲。その二曲に挟まれた「パッサカリア」は、超絶技巧のヴァイオリンとヴィオラによる情熱的なデュオ。おもちゃ交響曲(伝ハイドン)からは、鳴り物も入って賑やかで楽しい時間となるでしょう。都内有数の豊かな響きの140席白金アートホールで。
出演者

西野 絢賀 にしの・あやか (violin) パッサカリア
3才よりヴァイオリンを始め、11才でスズキメソード全過程終了。名古屋市立菊里音楽高校音楽科、東京藝術大学音楽学部器楽科ヴァイオリン専攻卒業。第28回子どものためのヴァイオリンコンクール金賞。第12回、第14回日本演奏家コンクール入選。第21回クラシック音楽コンクール全国大会入選。松田節子、石田なをみ、森下陽子、海野義雄、沼田園子の各氏に師事。

松谷 萌江 まつたに・もえ (violin)
東京音楽大学卒業。磯部夕佳里、松宮麻希子、松原勝也、景山誠治、齋藤真知亜の各氏に師事。室内楽を齋藤真知亜、百武由紀、山口裕之、横山俊朗の各氏に師事。認定NPO法人 トリトン・アーツ・ネットワーク「2018年度アウトリーチセミナー」修了。現在、洗足学園音楽大学演奏補助要員、音楽教室等の講師の他、室内楽やオーケストラなどを中心に演奏活動を展開。

立石 さくら たていし・さくら (viola)  パッサカリア
東京藝術大学音楽学部卒業。同大学修士三年在学。京都フランスアカデミーにて、ブルーノ・パスキエ氏のマスタークラスを受講など。第18回日本演奏家コンクールで特別賞を受賞。ヴァイオリンを徳永二男、菊池愛、ヴィオラを大野かおる、川崎和憲の各氏に師事。室内楽を澤和樹、松原勝也、市坪俊彦、山崎伸子、大友肇の各氏に師事。

半澤 朝彦 はんざわ・あさひこ (cello)
霧島国際音楽祭、京都フランス音楽アカデミー等で、堤剛(桐朋学園)、F.ミュレール(パリ国立音楽院)、H.シャピロ(ジュリアード音楽院)氏らのマスタークラスで演奏。2010年、英国Trinity-Guildhall音楽院ディプロマで同音楽院生相当の成績。本学国際学部教授(国際関係史)。チェロを、G.トゥリエール、毛利伯郎、J.ウォードクラークの各氏らに師事。

岡本 文音 おかもと・あやね (contrabass)
コントラバスを齋藤順、永島義男、吉田秀、池松宏、西山真二、石川滋の各氏に師事。奏楽堂モーニングコンサートに出演し芸大フィルハーモニアと共演。東京藝術大学器楽科を経て、現在、同大学院博士後期課程に在籍。

アクセス JR品川駅高輪口より都営バス「目黒駅」行、またはJR目黒駅より「大井競馬場」行きに乗り、「明治学院前」下車。または、地下鉄南北線の白金高輪、白金台、浅草線の高輪台からいずれも徒歩5分。ホールはキャンパス内、東門に近いガラスばり建築の「パレットゾーン」2階奥。

※申込は不要です。直接会場へお越しください。
※本シリーズのこれまでの演奏会、今後の予定は、明治学院大学国際学部ウェブサイト「コンサートシリーズ」より常時ご覧になれます。

お問い合わせ先

明治学院大学国際学部事務室

関連リンク

https://fis.meijigakuin.ac.jp/concert_series/

Back

おすすめ