スマートフォン版を表示
2020年9月30日

海外渡航に関する本学の指針について

明治学院大学では、本年3月に本学学生および教職員を対象とした「外務省危機管理レベルに対応した本学の指針」を策定しました。

学生・教職員および関係する方々の健康・安全を最優先に考えていますので、海外渡航を検討している学生の皆さんは、その目的・理由にかかわらず、必ず、上記の指針に従って行動してください。

なお、海外からの帰国を予定している学生、また、今後の留学等を希望している学生は、以下の留意事項をよくお読みください。

  • 海外からの帰国を予定している学生正規留学生・一般学生
  • 現在、日本では新型コロナウイルス感染症拡大防止のための検疫強化措置が取られていますので、空港では検疫官の指示に従ってください。なお、入国後14日間は、自宅や自身で確保した宿泊施設等での待機が要請されています。

  • 今後の留学等を希望している学生
  • 来年度以降の留学等に関わる選考は、既に公表したスケジュール通りに実施します。ただし、実際の出発の1~2ヵ月前に留学先の国・地域の危機管理レベルを確認して、最終的な留学の可否を判断することになります。
    この対応は、長期認定留学だけでなく、学科のカリキュラムによる留学ならびに海外滞在を目的とした休学についても同様です。

この事態に対する本学の判断をご理解いただき、引き続きご支援賜りますようお願い申し上げます。

以上