スマートフォン版を表示

社会福祉学科 Department of Social Work

将来に直結する2つのコースで、新しい時代の社会福祉を学びます

現代社会において多様化する社会問題を解決するために、社会福祉の役割はますます重要になってきています。社会福祉学科では、基本的人権と人間の尊厳の視点から、人々の生活課題を科学的に分析し、それらを解決するために、個人を支援し、より良い社会を創り上げていく方法を探求しています。誰もが安心して暮らせる社会のために多角的に力を尽くせる人材を育てます。

社会福祉学科の特色

Point 01教職員との距離が近い少人数制の教育で段階的に学び自分の将来像を明確にする

1年次には社会福祉の基礎を学ぶと共に、実践現場やNPO、国際協力の分野で働く方々の講義により、理解を深め、多岐にわたる進路について自身の興味と照らし合わせて考えます。2年次からは、将来に直結する2つのコースに分かれて学習します。


Point 02フィールドワーク、実習など体験型授業の充実

世界、そして日本のさまざまな場所で、社会福祉の現状に触れ、実践力を磨いていきます。


Point 03「内なる国際化」プロジェクト

外国につながる人たちを支援する「多文化共生ファシリテーター」を育成します。

4年間の流れ・カリキュラム

1

1年次から始まる少人数教育

1年次春学期「アカデミックリテラシー」では、文献講読の技法、他者に報告するプレゼンテーションの方法を学習。秋学期には「基礎演習」を開講し、実際の社会問題に焦点をあてながら福祉について理解を深めます。


  • 大学の学びをサポートする「アカデミックリテラシー」「基礎演習」
  • 2年次以降のコース選択のナビゲーション「社会福祉学概論」
2

将来に直結する2つのコースから選択


  • 「ソーシャルワークコース」
    社会福祉士・精神保健福祉士の国家資格取得を目指して、理論を学び、演習・実習を通じて実践力を養う。
  • 「福祉開発コース」
    2年次に「福祉開発フィールドワーク」を開講。
    グローバル協働エリア: 海外(欧州・アジア)の福祉課題と取り組みを視察。
    コミュニティ創生エリア: 国内の限界集落などでの調査。
    社会イノベーションエリア: NPO、NGOなどを訪問、経営の実態を理解。
3

4

実践で専門的な学びを深める

各人が関心分野や将来の進路を見据えた上で、演習・実習を通し、より専門的な学びを深めます。


  • 「ソーシャルワークコース」
    専門的な実習と、それをサポートする演習を実施し、実習体験の報告や事例研究を行う。卒業論文を完成。
  • 「福祉開発コース」
    専門的な調査・フィールドワークを実施。ゼミナールで深く学び合い、卒業論文を完成。

※教職課程についてはこちらをご覧ください。
※ヘボン・キャリアデザイン・プログラムについてはこちらをご覧ください。

社会福祉学科で学べる主な科目

福祉開発概論

社会が直面する諸問題を考察

日本の社会、国際社会が抱えている諸問題と、そうした問題への対策としての政策、プログラムなどについてグループワークを交え学習します。

児童福祉論A

子どもがすごしやすい社会を築くために

児童虐待、少子化をはじめとし、子育て支援の課題、子どもの貧困、実家庭で暮らせない子どもを養護する社会的養護など、現代日本が抱える子どもをめぐる課題について、広く学習します。

社会福祉調査実習

調査データの分析を体験する

実際の調査データの分析や、フィールドワークでの調査経験を通して、データ の分析方法・収集方法などの「技術」を習得します。

インターンシップ

共生社会に貢献する企業・NPOの実践を学ぶ

より暮らしやすい共生社会を目指すために活動する障害者雇用に力を入れる企業や、社会問題解決を目的とするNPOや社会的企業について、インターンシップで経験を積み、現場で学んだ取り組みを研究、報告会で発表します。

私の学び

三上 遼 Mikami Ryo 社会学部 社会福祉学科4年
千葉県 二松学舎大学附属柏高等学校出身

児童福祉の現場に身を置き実践的に学習

小学生のころ、海外アーティストが行う子どもへの慈善活動に関心を持ち、誰かを助けられるようになりたいと考えました。介護老人保健施設での職場体験やデイサービスのボランティアを経て、ソーシャルワークの必要性に気づき本学科への入学を目指しました。ここでは児童虐待をテーマに学びを深めています。被虐待児童に対する児童福祉施設の支援方法や役割、職員の姿勢を、実習やインターンシップ、アルバイトなどで実際に現場に身を置き学びました。

基礎から着実に学びを深めて実習へ

2年次の「ソーシャルワーク基礎実習」を経験した上で、3年次には個人的にインターンシップや社会福祉士の試験勉強を行いました。それらで学びをさらに深め、4年次に約1ヶ月間の「ソーシャルワーク実習」に臨めることが当学科の強みです。4年間の学びの中でも、当事者の人権擁護や自己決定権を尊重する意識と、実習などで学んだ職員の方々の当事者に関わる姿勢を活かしたいと考えています。これから、児童福祉司として精進していきます。

履修モデル例:3年次秋学期

  Mon Tue Wed Thu Fri
1 ソーシャルワーク実習指導2
2 精神医学B 社会起業論B 社会福祉学特講5B 心理学概論
3 地域福祉論B NPO論 医療福祉論
4 ソーシャルワーク1B 生命の社会学 社会福祉運営管理論B
5 児童福祉論B ソーシャルワーク2B
6

社会学部オリジナルサイト

入学試験制度一覧

入学案内 (入試情報)

人材養成上の目的・教育目標

社会学部社会福祉学科は、社会学部の「人材養成上の目的・教育目標」に基づき、社会福祉学科の「人材養成上の目的・教育目標」を次のとおり定める。

人間の尊厳と基本的人権を尊重・擁護し、①人として必要な社会生活上の基本的ニーズを科学的に充足する諸方策について、理論的・実証的に研究を進める能力を養い、②当面する社会福祉問題、生活課題を解明する方途を習得し、③これらの問題・課題に対応する具体的施策、実践のための理論・方法を理解し、実践することのできる人材の育成を教育目標とする。
ソーシャルワークコースは、ソーシャルワーカーを養成するために、社会福祉支援に必要な能力を高め、支援者としてふさわしい人権意識と知識・方法の習得を目指す。
福祉開発コースは、福祉社会の創造に貢献する人材育成を目指し、広い社会的視野に立って人間理解を深め、社会福祉問題の原因・結果と必要な施策・活動を科学的に分析・考察できる能力を養成する。

卒業の認定・学位授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

社会学部社会福祉学科は、社会学部の「卒業の認定・学位授与に関する方針」に基づき、社会福祉学科の「人材養成上の目的・教育目標」に沿った人間を育成するため、所定の期間在学するとともに124単位を修得し、次の能力を身につけることを卒業認定と学位授与の要件とする。

  1. 本学科の学生は、人間とそれを取り巻く社会についての幅広い教養をベースとして社会福祉政策や制度について学び、社会福祉の理論や実践方法を習得している。また技能においては文献を読み報告したり、必要な調査をする基礎的技能を、価値においては人間の尊厳と基本的人権を尊重する価値を身につけている。
  2. ソーシャルワークコースでは、実習等の統合的学習経験を活用しつつ、社会福祉の理論や方法を生かして課題を解決出来る創造的思考力を持ったソーシャルワーカーを養成することを目的としている。
  3. 福祉開発コースでは、学生は生活や社会の諸問題に専門的知識を駆使しながら積極的に関与または対峙し、福祉社会の実現に寄与できる幅広い知識・能力と感性を習得している。

教育課程の編成および実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

社会学部社会福祉学科は、社会学部の「教育課程の編成および実施に関する方針」に基づき、社会福祉学科の定める「人材養成上の目的・教育目標」および「卒業の認定・学位授与に関する方針」に沿って、次のとおり「教育課程の編成および実施に関する方針」を定める。

  1. 導入教育
    初年次においては、少人数のゼミナールと講義によって社会福祉学の基礎を固めることをねらいとしている。まず、ゼミナール方式の授業として、春学期には大学での学習姿勢・技術、文献講読の技術等を身につける。また、秋学期には、社会福祉を学ぶ上で重要となる基礎知識やグループワークの技法を習得する。加えて、社会福祉の基礎的知識を包括的に習得する必修科目とともに、2年次以降のコース別の学習の導入科目を位置づけ、コース制への基盤としている。
  2. コース制
    2年次以降、学生は自ら選択した2つのコースに分属する。 (ソーシャルワークコース)
    ソーシャルワークの知識と実践力の獲得を目標としたカリキュラムを編成している。国家資格の社会福祉士または精神保健福祉士の国家試験受験資格取得が可能であり、専門職養成に必要となる講義および少人数制の演習科目が2年次から4年次まで配置されている。2年次には、社会福祉施設・機関における基礎実習を行い、あわせて講義および演習を通じて、相談援助の基礎的な知識と技術およびソーシャルワーク実践の価値について学ぶ。3年次には、演習により、社会福祉実践の領域別に実施する実習に備えた事前学習を行うとともに、講義により専門的な知識を修得する。4年次には、ソーシャルワーク専門職としての実践力を獲得するための専門実習を行い、そこでの学びを演習により深化させ、4年間の学習の総括として卒業論文を執筆する。なお、4年次にソーシャルワーク専門実習を行わない学生のための特別演習を設け、卒業論文研究のための演習を行う。
  3. (福祉開発コース)
    2年次科目の「福祉開発概論」において「グローバル協働エリア」「コミュニティ創成エリア」「社会イノベーションエリア」の3領域の視点をもとに福祉開発の概要を学ぶ。さらに「福祉開発フィールドワーク」では、エリアごとのフィールドにおいて、福祉開発の実践を学ぶ。3年次、4年次では、演習を通して福祉開発のより専門的な知識や技術を学び、4年次では、その総括として卒業論文を執筆する。なお、中学、高等学校教諭(公民)、特別支援学校教諭1種免許の取得が可能であり、社会福祉学の学びを基盤とした教員の養成を行っている。

    科目の成績評価基準については、個々の科目のシラバスに記載する。
    なお、両コースとも、優秀な卒業論文には厳正な審査を経て「社会学部長賞」が授与される。

その他、所定単位を修得することによって多文化共生ファシリテーター/サポーターの認証資格取得も可能である。

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

社会学部社会福祉学科は、社会学部の「入学者の受入れに関する方針」に基づき、社会福祉学科の定める「人材養成上の目的・教育目標」に照らして、社会福祉学科の「卒業の認定・学位授与に関する方針」および「教育課程の編成および実施に関する方針」に沿って、次のとおり「入学者の受入れに関する方針」を定める。

  1. 求める人材像
    1. 社会福祉学科における学びに取り組む上で、知識・技能、思考力・判断力・表現力等において、高等学校等で修得すべき基礎的な能力を身につけている。
    2. 本学の教育理念である“Do for Others(他者への貢献)”および現代社会に生起する様々な問題に関心を持ち、社会福祉学の理論と実践への主体的な学びを通して、共生社会の担い手となる意欲をもっている。
    3. 社会福祉学科の求める学生の資質をいくつか挙げるならば、次のとおりである。
      1. 物事を多面的かつ論理的に考察することが出来る。
      2. 多様な社会問題に深い関心を持ち、その解決のための自由な発想力と社会に積極的に貢献する意欲を有している。
      3. 積極的に他者と関わり、実践を通した学びを深めようとする態度を有している。
  2. 入学者選抜の基本方針
    上記「求める人材像」に掲げる基礎的な能力、意欲および資質をもっているか否かを評価する。
  3. 入学者選抜の種類と評価方法
    入学者選抜の種類として、一般入学試験による「全学部日程」、「A日程」、「B日程」のほか、大学入学共通テストを用いた「大学入学共通テスト利用入学試験」がある。そのほか「自己推薦AO入学試験」、「指定校推薦入学試験」、「系列校特別推薦入学試験」、「社会人入学試験」、「私費外国人留学生入学試験」などの特別入学試験がある。評価方法も試験の種類によって、筆記試験のほか小論文により論述表現力を重視するものや面接により資質と意欲をみるものなどがあり、これらの試験を通じて本学科で学び、社会で活躍する人材を選抜する。

おすすめ