スマートフォン版を表示

社会福祉学科

社会学科 | 社会福祉学科

現代社会において多様化する社会問題を解決するために、社会福祉の役割はますます 重要になってきています。社会福祉学科では、基本的人権と人間の尊厳の視点から、人々の生活課題を科学的に分析し、それらを解決するために、個人を支援し、より良い社会を創り上げていく方法を探求しています。誰もが安心して暮らせる社会のために多角的に力を尽くせる人材を育てます。

社会福祉学科の特徴

4年制大学での福祉の学びは、社会制度の中でどのような社会福祉のカタチが必要とされているのか考察し、多様化する支援の在り方を探究、実践することにあります。

教職員との距離が近い少人数制の教育で段階的に学び自分の将来像を明確にする

1年次には社会福祉の基礎を学ぶと共に、実践現場やNPO、国際協力の分野で働く方々の講義により、理解を深め、多岐にわたる進路について自身の興味と照らし合わせて考えます。2年次からは、将来に直結する2つのコースに分かれて学習します。

フィールドワーク、実習など体験型授業の充実

世界、そして日本の様々な場所で、社会福祉の現状に触れ、実践力を磨いていきます。 

高い就職率

卒業生は、福祉、医療機関、企業、公務員など、福祉の専門性やコミュニケーションスキルを活かせる幅広い現場で活躍しています。

4年間の流れ

カリキュラム

※年次は、当該科目を履修できる最低年次を表します。
※教職課程についてはこちらをご覧ください。
※ヘボン・キャリアデザイン・プログラムについてはこちらをご覧ください。
※2018年度開講科目です。実際のカリキュラム・科目名は変更の可能性があります。
※開講科目は上記以外にもあります。詳細はシラバスをご確認ください。
※社会福祉士、精神保健福祉士資格取得に必要な科目設定がされています。

主な科目紹介

Close-up ①福祉開発概論

社会が直面する諸問題を考察

日本の社会、国際社会が抱えている諸問題と、そうした問題への対策としての政策、プログラム、プロジェクトなどについてグループワークを交え学習します。

Close-up ②児童福祉論A

子どもがすごしやすい社会を築くために

児童虐待、少子化をはじめとし、子育て支援の課題、子どもの貧困、実家庭で暮らせない子どもを養護する社会的養護など、現代日本が抱える子どもをめぐる課題について、広く学習します。

Close-up ③ソーシャルワーク演習

相談援助の知識と技術を修得

社会福祉士に求められる相談援助にかかわる知識と技術について、実際の相談援助場面を想定した実習と事例研究、グループ討議などを通して修得します。

Close-up ④社会福祉調査実習

調査データの分析を体験する

実際の調査データの分析や、フィールドワークでの調査経験を通して、データの分析方法・収集方法などの「技術」を習得します。

主な演習(ゼミナール)テーマ

  • 児童相談所や児童養護施設での実習を通して、現代の児童問題を考える
  • リハビリテーションセンターや地域生活支援施設での実習を通して、地域で暮らす障害者の生活課題について考える
  • 医療機関での実習から、患者と家族の退院支援や地域生活支援について考察する
  • 精神科病院や生活・就労支援事業所での実習から、精神障害者の地域生活支援について考える
  • ワークライフバランスの重視やAIの導入などによって、変化する仕事と福祉の現状を検討し、より生活しやすい社会を展望する

私の学び


山岸 史哉
Fumiya Yamagishi
社会学部 社会福祉学科(2018年卒)
長野県 伊那弥生ヶ丘高等学校出身

「学問と実践」。相互の学びを、社会に還元していきたい

中学生の頃、祖母の介護ケアの様子を目の当たりにし、社会福祉における高齢者分野に興味を持ち、歴史のある社会福祉学科を志望しました。地域福祉や児童福祉など、多様な分野を受講する1、2年次に、自閉症の方々に対する支援のあり方を学んだことが転機となり、3年次に障がい者分野を選択。障がいのある方を支援する地域活動ホームでの実習では壁に突き当たったこともありましたが、その体験を授業で共有し、事例などから学びを得て、一つひとつ解決できました。脳性麻痺の方々と接するボランティアや、施設でのアルバイトで生じた問題も授業やゼミで補うことで、深く素養が身についたと実感しています。卒業後は、社会福祉法人に就職。障がいの特性やその方の個性、状況に合わせて、学科で培った専門知識やスキルを発揮したいです。現場で培った経験を、いずれは地元の長野県に還元したいと考えています。

山岸さんの社会福祉おすすめゼミ:「広く、深く、さまざまな分野に特化」

社会福祉学科では、高齢者分野・地域福祉分野などの分野ごとにゼミがあるため、興味のある分野を深く追究することができます。私は、知的障がい者分野のゼミを専攻。同じ志をもった仲間が集まり、実習などの失敗談や成功談などを語り合いながら、濃密な時間を過ごすことができています。

履修モデル(3年次秋学期)

卒業後の進路

約3割の卒業生が、高齢者・障害者・児童などの社会福祉関連事業所や、地域の社会福祉協議会、福祉事務所・児童相談所などの行政機関、病院の相談援助部門など、社会福祉分野の幅広い職種へ進んでいます。また、金融・保険をはじめ、各産業での福祉関連部門も拡大しており、福祉企業も含めてさまざまな民間企業への就職も増加傾向にあります。さらに、公務員 やNPO法人、教員(特別支援学校教諭も含む)や大学院の道へ進む人もいます。

主な就職先(2015~2017年度)

神奈川県教育委員会 /独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 /全国健康保険協会 /全国労働者共済生活協同組合連合会 /一般財団法人全日本労働福祉協会 /東京都教育委員会 /日本年金機構 /PwCあらた有限責任監査法人 /横浜市教育委員会 /川崎市役所 /静岡県庁 /品川区役所 /練馬区役所 /港区役所 /横浜市役所 /IMSグループ /(社福)神奈川県社会福祉協議会 /(社福)救世軍社会事業団 /(社福)聖隷福祉事業団 /(社福)全国社会福祉協議会 /(社福)特別区人事・厚生事務組合社会福祉事業団 /日本赤十字社 /(社福)横浜市リハビリテーション事業団 /(社福)横浜市社会福祉協議会 /みずほフィナンシャルグループ /三井住友銀行 /三菱UFJ銀行 /第一生命保険 /中央労働金庫 /スターバックスコーヒージャパン /パソナグループ /星野リゾート /東日本電信電話 /富士通 /博報堂プロダクツ /北海道放送 /JTBグループ /全日本空輸 /日本郵便 /日本航空 /東日本旅客鉄道 /資生堂 /アサヒビール /丸大食品
2018年3月7日現在

入学試験制度一覧

入学案内 (入試情報)にてご確認ください。