スマートフォン版を表示

社会学科

社会学科 | 社会福祉学科

私たちの暮らす社会は、さまざまなからくりでできています。どのようなからくりで動いているのかを見えるようにする道具箱、それが社会学です。社会学科では、少人数教育を活かした顔の見えるカリキュラムを通して、柔軟な思考力と創造的な発想力を伸ばしていきます。第一線で活躍する教授陣が、学生一人ひとりの問題追究の営みを見守っていきます。

社会学科の特徴

社会学は、私たちが暮らす社会の中での、人と人、集団と集団のつながりや、ルール、メディアの在り方など、さまざまなものごとにいろいろな角度から光をあて観察することから始まります。人や社会の動きを理解することで、将来あらゆる場面での活躍が可能になります。

4年間少人数制。顔の見えるクラスで生きた社会学を身につけます

入学前から始まる4年間切れ目ない少人数の演習科目を通して、読む・聴く・調べる・書く力を身につけます。例えば「社会学基礎演習」では、“ビブリオバトル”や“雑誌のジェンダー文化を読み解く”“文章を批判的に読む”などのワークで学んだ知識を試しながら、1年次からつかえる社会学を身につけます。

3コースから関心のあるテーマを探究[2年次~]

3、4年次の研究テーマを選ぶための柔軟性のあるコース選択が可能。2年次には同じ関心をもつ人たちとの議論を通し、知識と関心を深めます。

    フィールドワーク主義 現場で調査の技と心を磨く

    社会学の醍醐味は、実際の現場へ赴き問題を感じ、観察・質問を通して、これまでに学んだ知識を応用することにあります。社会調査士関連科目では1年次から段階を追って、社会調査の技と心を身につけます。

    現場で活躍するプロから学ぶ「表現法演習」

    「表現法演習」では、専任の教員に加えて放送や出版に携わる外部講師から、映像・文章などの表現を学びます。自分たちの手で作品を作ることにより、メディアに対する理解が深まります。

    「内なる国際化」プロジェクト

    外国につながる人たちを包摂する共生社会を構想する教養教育センターと社会学部が主催する共同プロジェクト。日本を異国として生きる人たちの文化、教育、政策などに対する理解を深め、多様な国や文化にルーツを持つ人々との豊かな関係を育む『多文化共生ファシリテーター』を育成。

    社会調査士資格、教員免許等の資格取得を目指す

    マーケティングや世論調査などに役立つ『社会調査士』資格や、中学(社会)、高校(地歴・公民)の教員免許、社会教育主事任用資格(2020年4月より『社会教育士』に変更予定)、社会福祉主事任用資格、児童福祉司任用資格を取得することができます。

4年間の流れ・カリキュラム

PDF(大学案内抜粋)

※1 「専門書講読」「専門書講読(外)」は、それぞれ複数クラスが開講され、2年次生から4年次生までが同じ教室で学ぶゼミ形式の少人数科目です。
※年次は、当該科目を履修できる最低年次を表します。
※教職課程についてはこちらをご覧ください。
※ヘボン・キャリアデザイン・プログラムについてはこちらをご覧ください。
※2019年度開講予定科目です。実際のカリキュラム・科目名は変更の可能性があります。
※開講科目は上記以外にもあります。詳細はシラバスでご確認ください。
※社会調査士資格・社会教育主事任用資格(2020年度より「社会教育士」に名称変更予定)の取得に関しては入学時に説明会を開催します。
※「社会学基本科目」はいずれのコースに所属していても、すべての科目の履修が可能です。

主な科目紹介

Featured ① 社会学基礎演習

社会学の概念を実践的に学習

少人数のグループワークにより、社会学についてより深く学びます。ジェンダーや在日外国人の暮らしなどの問題を調べ、分析するなど、社会学を「つかう」授業です。

Featured ② 表現法演習/質的データ分析

放送や出版の職業人から表現の特性と手法を学ぶ

表現法演習では、映像・文章などを用いて表現力を養います。質的データ分析では、調査データを分析手法について学びます。

Featured ③ 社会調査実習

見えない社会をとらえるトレーニング

専門の教員の指導のもとに、フィールドに出てデータを集め、さまざまな方法で分析を加えます。

私の学び


志賀 爽香
Sayaka Shiga
社会学部 社会学科(2019年卒)
千葉県 千葉西高等学校出身

「常識」を疑うことで、新しい世界が見えてくる

「大学で何を一番学びたいか」と考えたとき、最初に浮かんだのが音楽や映画、テレビといった「メディア」に関することでした。また、好奇心旺盛な私は、ある限られた分野について専門的に学ぶよりも、広い学問領域の中で自分の興味のある分野を見つけて学びを深めていくスタイルが合うと考え、まさにそんなカリキュラムを持っている明治学院大学の社会学科を選びました。社会学の学問領域はとても広範囲にわたっていますが、その中でも今私が注力しているのが「表現力」。自分の思いや考えを相手に伝えることは簡単そうで難しく、だからこそ社会に出た時に困らないように表現力を高めたいと思っています。社会学の扱うテーマは、明確な正解を持っていないものがほとんどです。そんな各テーマに対して、時に社会の「常識」や「当たり前」を疑いながら向き合うことで、物事を多角的な視点からとらえられる柔軟な思考力や表現力を身につけられると思っています。

履修モデル(例)3年次春学期

卒業後の進路(2016~2018年度)

主な就職先

アステラス製薬/ アミューズ/ エイベックス/ ヱスビー食品/ オリックス/ 神奈川県警察本部/ キユーピー/ 京セラ/ KDDI/ 厚生労働省/ JTBグループ/ 全国共済農業協同組合連合会/ 全日本空輸/ ソフトバンク/ 損害保険ジャパン日本興亜/ 第一生命ホールディングス/ 武田薬品工業/ 東京エレクトロン/ 東京海上日動火災保険/ 東京瓦斯/ 東京電力ホールディングス/ 東洋水産/ TOTO/ 日鉄物産/ 日本通運/ 日本電気/ 日本アイ・ビー・エム/ 博報堂/ 東日本電信電話/ 東日本放送/ 東日本旅客鉄道/ 日立システムズ/ 富士通/ みずほフィナンシャルグループ/ 三井住友銀行/ 三菱食品/ ヤクルト本社/ USEN/ ユニ・チャーム/ 横浜市役所/ など
2019年5月1日現在

就職内定者業種別比率(%)

入学試験制度一覧

入学案内 (入試情報)にてご確認ください。