スマートフォン版を表示

社会学科

社会学科 | 社会福祉学科

私たちの暮らす社会は、さまざまなからくりでできています。どのようなからくりで動いているのかを見えるようにする道具箱、それが社会学です。社会学科では、少人数教育を活かした顔の見えるカリキュラムを通して、柔軟な思考力と創造的な発想力を伸ばしていきます。第一線で活躍する教授陣が、学生一人ひとりの問題追究の営みを見守っていきます。

社会学科の特徴

社会学は、私たちが暮らす社会の中での、人と人、集団と集団のつながりや、ルール、メディアの在り方など、さまざまなものごとにいろいろな角度から光をあて観察することから始まります。人や社会の動きを理解することで、将来あらゆる場面での活躍が可能になります。

4年間少人数制。顔の見えるクラスで生きた社会学を身につけます

入学前から始まる4年間切れ目ない少人数の演習科目を通して、読む・聴く・調べる・書く力を身につけます。例えば「社会学基礎演習」では、ビブリオバトル・統計にだまされない・雑誌のジェンダー文化を読み解く・文章を批判的に読むなどのワークで学んだ知識を試しながら、1年次からつかえる社会学を身につけます。

3コースから関心のあるテーマを探究[2年次~]

3、4年次の研究テーマを選ぶための柔軟性のあるコース選択が可能。2年次には同じ関心をもつ人たちとの議論を通し、知識と関心を深めます。

  • 文化とメディアコース
    他者および自文化の理解を目指し、情報が生み出され伝達されるコミュニケーションの過程とその影響を探究する。
  • 生命とアイデンティティコース
    人間の生の営みと社会との関係を理解し、高度な科学技術を基盤に成立した現代社会の本質を解き明かす。
  • 環境とコミュニティコース
    身近な出来事と地域や都市、世界とのつながりを理解し、新たなコミュニティを構想する実践力を養う。

フィールドワーク主義 現場で調査の技と心を磨く

社会学の醍醐味は、実際の現場へ赴き問題を感じ、観察・質問を通して、これまでに学んだ知識を応用することにあります。社会調査士関連科目では1年次から段階を追って、社会調査の技と心を身につけます。

現場で活躍するプロから学ぶ「表現法演習」

「表現法演習」では、専任の教員に加えて放送や出版に携わる外部講師から、映像・文章 などの表現を学びます。自分たちの手で作品を作ることにより、メディアに対する理解が深まります。

『内なる国際化』プロジェクト

外国につながる人たちを包摂する共生社会を構想する教養教育センターと社会学部の共同プロジェクト。日本を異国として生きる人たちの文化、教育、政策などに対する理解を深め、多様な国や文化にルーツをもつ人々との豊かな関係を育む『多文化共生ファシリテーター』を育成。

社会調査士資格、教員免許等の資格取得を目指す

マーケティングや世論調査などに役立つ『社会調査士』資格や、中学(社会)、高校(地歴、公民)の教員免許、社会教育主事任用資格を取得することができます。

4年間の流れ

カリキュラム

※1 「専門書講読」「専門書講読(外)」は、それぞれ複数クラスが開講され、2年次生から4年次生までが同じ教室で学ぶゼミ形式の少人数科目です。
※年次は、当該科目を履修できる最低年次を表します。
※教職課程についてはこちらをご覧ください。
※ヘボン・キャリアデザイン・プログラムについてはこちらをご覧ください。
※2018年度開講予定科目です。実際のカリキュラム・科目名は変更の可能性があります。
※開講科目は上記以外にもあります。詳細はシラバスでご確認ください。
※社会調査士資格・社会教育主事任用資格の取得に関しては入学時に説明会を開催します。
※いずれのコースに所属していても、すべての科目の履修が可能です。

主な科目紹介

Close-up ①数量データ分析

さまざまな社会現象へのアプローチ手法を身につける

データの解析法を修得することで、社会に生じる複雑な社会現象を自身で分析し、その結果を読み解くことができるようになります。授業では、ひとり1台のPCを使用しながら、多変量解析について学習し、データ分析の技法を駆使して疑問を持ったテーマへアプローチできる力を養います。

Close-up ②社会学基礎演習

社会学の概念を実践的に学習

少人数のグループワークにより、社会学についてより深く学びます。ジェンダーや在日外国人の暮らしなどの問題を調べ、分析するなど、社会学を「つかう」授業です。

Close-up ③表現法演習/質的データ分析

放送や出版の職業人から表現の特性と手法を学ぶ

コラム、脚本、編集、広報企画、ドキュメンタリー映像制作などの表現方法について、テーマごとに少人数クラスを開講。それぞれのテーマによる表現手法について学びます。

Close-up ④環境社会学

被害と不安の視点から社会を考察

環境問題におけるリスクや不安がどのように認識され、また経済状況や格差などの社会的要因が問題解決にどのような影響を与えるのかを考察していきます。

主な演習(ゼミナール)テーマ

  • 浅川ゼミ:社会地図を用いた社会学
  • 稲葉ゼミ:社会倫理学・公共哲学
  • 石原俊ゼミ:広義の「日本」をめぐる歴史社会学
  • 石原英樹ゼミ:後期近代の価値観とコミュニケーション
  • 岩永ゼミ:グローバリゼーションと多文化共生のまちづくり
  • 加藤ゼミ:〈身体〉としての女性/男性
  • 鬼頭ゼミ:対人関係の社会心理学
  • 安井ゼミ:人種・民族・エスニシティ問題の現代的位相
  • 佐藤ゼミ:メディア史から読む現代のしくみ
  • 柘植ゼミ:人の一生と医療と社会
  • 野沢ゼミ:現代の家族・ネットワークと社会制度・社会政策
  • 半澤ゼミ:文化で経済の関係を考える
  • 藤川ゼミ:環境と地域社会
  • 元森ゼミ:多様な子ども期を考える
  • 渡辺ゼミ:ライフヒストリーの社会学

私の学び


八坂 祐太
Yuta Yasaka
社会学部 社会学科4年
神奈川県立 小田原高等学校出身

日常に潜む“当たり前”から社会全体を見つめ直す

将来やりたいことがまだ明確でなかったことから、目の前の小さな事象から大きな社会の仕組みに関わることまで、広く学ぶことができる社会学科を選びました。社会学の面白さは、身近な事象からも社会を考えることができることにあります。たとえば、「電車の座席が空いていた時、なぜ一つ空けて座ってしまうのか」。当たり前すぎて気づかないことに問いを投げかけていくのが社会学です。私は、「社会調査士」の関連科目を履修し、自ら立てた問いに対し、自らの手で調査をする方法を学んできました。統計の数字がどのような意味を持つのかがわかるようになり、社会現象との繋がりを解明できたときは社会学の意義を実感できました。学びを通して、日常の事柄に対して疑いの目を持つことを覚え、興味を持ったことには、自分で調べて答えを出していく解決力が身についたと感じています。将来は、困っている人に寄り添って、多面的な観点からアドバイスできる仕事に就きたいと思っています。

八坂さんの自分にプラスになるアルバイトのおすすめ法:「アルバイトはインターンシップのつもりで」

大学生になったらアルバイトをと考えている人は多いでしょう。でも、せっかくやるのなら、自身の課題に向き合えるものにしてみませんか。私は温泉旅館でロウリュウというパフォーマンスを続け、信頼を得ること、楽しんでもらえるためにはどうしたらよいのか、さまざまなことを学ぶことができました。

履修モデル(例)3年次春学期

卒業後の進路

金融、サービス、製造など多様な一般企業、また出版、放送、通信などのマスメディア、そして公務員や教員、医療・福祉関連法人など、多岐にわたります。現代は社会システムが高度に複雑化し、企業も個人も将来像を明確に描きにくくなっています。その中で卒業生は、4年間で身につけた人々の関心の動向を敏感に察知する力、その行方を展望する情報収集力、そして解決方法を提示する力を発揮しています。

主な就職先(2015~2017年度)

三井住友銀行 /三菱UFJ銀行 /第一生命ホールディングス /オリックス /東京海上日動火災保険 /三井住友海上火災保険 /あとらす二十一 /鹿児島放送 /産経新聞社 /ジェイアール東日本企画 /四季 /博報堂 /USEN /NTTデータフロンティア /ソフトバンク /富士通 /旭化成ホームズ /Francfranc /京セラ /全日空商事 /第一三共 /TDK /日野自動車 /理想科学工業 /近鉄エクスプレス /全日本空輸 /JTBグループ /日本航空 /東日本旅客鉄道 /ヱスビー食品 /キユーピー /三菱食品 /ヤクルト本社 /ユニ・チャーム /ニュー・オータニ /ロフト /岩崎学園 /小学館集英社プロダクション /有限責任あずさ監査法人 /神奈川県庁 /厚生労働省 /国土交通省 /港区役所
2018年3月7日現在

入学試験制度一覧

入学案内 (入試情報)にてご確認ください。