スマートフォン版を表示

スポーツプロジェクトの趣意

明治学院大学は、創設者ヘボンの意志をいまに実現するため、教育理念 "Do for Others" を掲げています。この教育理念の下で、学生・教職員・保証人・卒業生という大学関係者の間にアイデンティティが確立され、社会に対する本学の貢献が実現されることを念願しています。

明治学院大学におけるキリスト教に基づく教育は、上記に掲げた"Do for Others" という教育理念を実践する教育として理解されていますが、学問とともに、スポーツもかかる人格教育を行う場であるという点を念頭において、明学アイデンティティの形成という立場から、「明学スポーツを強くするプロジェクト」(通称「スポーツプロジェクト」)を2005年4月に立ち上げました。

それまで、明治学院大学は、学生スポーツに対する積極的な支援を行ってきませんでした。しかし、スポーツを通じて明治学院大学の存在感を意識したいという大学関係者の想いが最近になって広く湧き起こるようになりました。このような熱い思いを受けとめ、これを実現するため、他の大学が行っているスポーツ強化とは異なる明治学院大学独自のスポーツクラブを支援する企画(人格・技能の優れたスポーツ指導者を外部から招聘して学生の人間教育とスポーツ指導を行うとともに、2009年度より指定校推薦【スポーツ】制度による学業・スポーツ両面に秀でた学生を獲得する仕組みの新設)を導入しました。

2005年度の第1期(3年間)において、アメリカンフットボール部、サッカー部、應援團チアリーディング部、野球部、ラグビー部の5クラブを「スポーツプロジェクト」の対象としてスタートしました。2019年度からは第5期(4年間)がスタートし、現在、タイプA認定クラブとして、サッカー部、ラグビー部、アメリカンフットボール部、陸上競技部(長距離ブロック)、バスケットボール部(男子・女子)の5クラブを選定。タイプB認定クラブとして、バレー ボール部(男子)、ラクロス部女子、ラクロス部男子、野球部の4クラブを選定。以上の9つのクラブが、オール明治学院の期待を背負って、明学スポーツの新しい地平を切り拓こうとしています。

この間の実績として、サッカー部が2015、2017、2018年度に東京都大学サッカー連盟一部優勝、2016年度に関東大学リーグに昇格、同年天皇杯東京都予選決勝進出、2018年度に総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントのベスト8に進出。ラグビー部が2014年関東大学対抗戦Aグループに昇格。アメリカンフットボール部が一部入れ替え戦に4回出場、陸上競技部(長距離ブロック)が箱根駅伝予選会に6回出場(最高順位2016、2018年度の20位)、第93回箱根駅伝(2016年度)と第95回箱根駅伝(2018年度)に関東学生連合チームへの選出、第95回本戦では本学初の箱根駅伝ランナーの誕生(第9区:鈴木 陸)。ラクロス部女子が2015年、2017年に関東学生リーグ1部昇格。バスケットボール部 (女子)が42年ぶりに関東女子大学リーグの2部昇格。以上のように大きな成果を挙げています。また、各加盟部の指導者や部員には、「大学における課外活動のあるべき姿」を認識してもらい、人格教育を最重視してもらった上で、学生生活、学業成績、卒業率、就職等も、他の学生の模範となることを目指し、それを最終目標としています。これからも、人格教育を最重視している本学の「スポーツプロジェクト」に対して、皆様のご理解と支援をいただければ幸いです。



学生部長 亀ヶ谷純一