スマートフォン版を表示

国際経営学科 Department of International Business

多言語および多様な地域で国際ビジネスを体感し、世界を相手にするマネジャーに

国際ビジネスは、刻々と変動する経済環境の中で、言語や価値観、政治体制の違いを乗り越えて展開されます。このダイナミズムの中で活躍する力を身につけるため、企業の諸問題をグローバルな市場環境の中で理解する基礎学力、国際的コミュニケーション能力を養います。ボーダーレス化する国際ビジネスの現場でイニシアチブを発揮しようとする学生を期待します。

国際経営学科の特色

Point 01ビジネス専門科目×外国語プログラムでグローバルに活躍できる人材を育成

ビジネスに関する専門科目と共に、1年次から外国語スキルアップのために「English for Business Communication」、インターネットによる「e-learning」、国際ビジネスを外国語で理解するための「外国書講読」「海外フィールドスタディ」など多彩なプログラムを準備しています。2年次には原則全員留学を課します。


Point 022年次には全員が留学。語学を磨き、国際ビジネスを体感

原則として全員が欧米からアジアまで13校に上る協定校への留学を実施。それぞれの留学先ごとに異なったテーマで、市場調査などを通して国際ビジネスをダイナミックに体感します。帰国後レポートにまとめ報告会を開催します。


Point 03海外インターンシップなど多彩な異文化経験プログラム

自ら考え、調査研究を経て自分なりの結論を導き出すことのできる人材育成のために、海外で学ぶ多くのプログラムを用意。なかには「グローバルなビジネス環境の学び」に特化した留学プログラムや、知識を活かし実践する海外インターンシッププログラムもあります。


Point 04経済・経営・会計ファイナンスをバランスよく学習

経済学と経営学を融合した3つの分野から構成。2年次は専門科目である3分野の基礎を学び、3年次からは、将来の進路を想定し3つのコースから授業をバランスよく選択します。


Point 05学部独自の支援策、就活支援ワークショップ

キャリアセンターの学生支援とは別に、学部独自の支援策として課外指導を用意。大企業の人事・採用・教育部門に関わった外部講師による講義や模擬面接、自己PR指導などを行っています。

4年間の流れ・カリキュラム

1

ビジネスに必要な基礎学力を養う

グローバルなビジネス・経営・経済を学ぶための基礎。25人程度の少人数制の基礎ゼミでアカデミックスキルを修得。


  • グローバルなビジネスを学ぶための基礎科目
  • 少人数制のゼミ
2

専門科目に触れ国際的視点を養う

2年次は、専門科目の3分野を学修。各分野における思考方法、問題解決について学びます。


  • 専門科目
  • インターンシップ(講義)
3

4

実践の中で国際ビジネスを学ぶ

3分野の中から興味ある分野を選択。理論と実践が身につくカリキュラム編成で、専門分野を探究します。


  • 特別講義科目
  • インターンシップ(実習)

※教職課程についてはこちらをご覧ください。
※ヘボン・キャリアデザイン・プログラムについてはこちらをご覧ください。

国際経営学科で学べる主な科目

English for Business Communication

ビジネスの現場で必要な英会話スキルを身につける

「聞く、読む、話す、書く」の4つの英語スキルを、ビジネスの場に焦点をあてて学修。全て英語での講義で、より実践的なコミュニケーション力を身につけます。

Preparation for Study Abroad

安全かつ効果的な留学体験を得るための準備講座

1年次から留学を通じて得られるスキル、安全に留学するための準備、留学のために必要な語学力と有用な専門知識について国際経営学科全教員でサポートします。

データ分析入門

経済・経営のダイナミックな変動をとらえるための能力

グローバル化が進むにつれて、企業を取り巻く経済環境が大きく変わっています。データ分析力を身につけることはグローバルビジネスをとらえる上での必須の技能です。

国際経営学特講(Transcultural Management)

異文化をマネジメントする

国境、文化や言語の枠を超えて、グローバルビジネスを成功に導くマネジャー行動、チームワーク、組織マネジメントについて高度に理解できるようになります。

私の学び

菊地 虎太楼 Kikuchi Kotaro 経済学部 国際経営学科4年
千葉県 昭和学院秀英高等学校出身

理論の習得と現場の分析を二本柱に勉強

高校時代から自分でビジネスを起こしたいという願望があり、グローバル化にも対応できる人材にならなければいけないと考え、国際経営学科を志望しました。現在、会計とファイナンスを専門に勉強しています。3年次からゼミで投資について深く学んでいます。多角的な経営について考えたいと思っているので隣接領域の授業も多く取るようにしています。理論を座学で学んで、実際の市場や企業の分析をゼミで学ぶことを意識しています。

輸入された学問を英語で学ぶ価値ある留学

2年次に学科のプログラムでクロアチアに4ヶ月間留学しました。経済学やファイナンスは輸入されたものなので、英語で学ぶことに大きな価値を感じました。学科の魅力は教員との距離が近く、手厚く面倒をみてくださること。おかげで「今何を勉強するべきか」「将来のキャリアプランを実現するにはどうしたら良いのか」を解決できました。大学で得たこと、形成した人脈を活かし、グローバルな経済社会で有益なものを生み出す人物になりたいです。

履修モデル例:3年次春学期

  Mon Tue Wed Thu Fri
1 English for Business Communication C2 Business in Japan
2 ビジネス・オーガニゼーション
3 英語研究3A コーポレート・ファイナンス 財務会計論
4 English for Business Communication C1
5 ビジネス・エコノミクス データ分析入門 各国経営史論 外国書講読4
6 貿易論 国際経営論 グローバル・ ビジネス環境

経済学部オリジナルサイト

入学試験制度一覧

入学案内 (入試情報)

人材養成上の目的・教育目標

経済学部国際経営学科は、経済学部の「人材養成上の目的・教育目標」に基づき、国際経営学科の「人材養成上の目的・教育目標」を次のとおり定める。

急速に国際化が進む経済環境に対応して、企業ではこれまで以上にグローバルに活躍できる人材が求められている。国際経営学科では、こうした新しい時代の要請に応えて、企業の諸問題をグローバルな市場環境のもとで正しく理解できる基礎学力を養うとともに、それをビジネスに活かす国際的なコミュニケーション能力を高めることを教育目標とする。この目標を達成するため、国際経営学科では、企業の分析に不可欠なコアの学力を養う基礎的なカリキュラムにくわえて、さらに国際的な市場や市場制度と、それに対する企業の適応行動を学べるようなカリキュラムを提供する。海外の言語や国際的なビジネスの実態にも通じたグローバル・マネジャーを育成する。

卒業の認定・学位授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

経済学部国際経営学科は、経済学部の「卒業の認定・学位授与に関する方針」に基づき、国際経営学科の「人材養成上の目的・教育目標」に沿った人間を育成するため、所定の期間在学するとともに124単位を修得し、次の能力を身につけることを卒業認定と学位授与の要件とする。

  1. 幅広い教養とともに、企業活動のグローバル化が急速に進展するなかで、広く経済学・経営学に関する知識を有している。
  2. これらの知識を獲得し、活用するための情報収集能力や分析力、および企業の諸問題をグローバルな市場環境のもとで正しく理解したうえで、自らの考えを日本語はもとより英語で表現できる能力を身につけている。
  3. 本学の教育理念である“Do for Others(他者への貢献)”のもと、他者とのコミュニケーション能力をもって、対人関係を円滑に構築できる能力を身につけている。
  4. 在学期間を通じて獲得した知識・技能・態度などを総合的に活用して現代社会に生起する諸問題に対して、高い倫理観のもとで常に自らの言動を批判的に内省し、グローバルな視野に立ってその解決に積極的に取り組む能力を身につけている。

教育課程の編成および実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

経済学部国際経営学科は、経済学部の「教育課程の編成および実施に関する方針」に基づき、国際経営学科の定める「人材養成上の目的・教育目標」および「卒業の認定・学位授与に関する方針」に沿って、次のとおり「教育課程の編成および実施に関する方針」を定める。
国際経営学科の卒業要件単位は124単位であり、その教育課程(カリキュラム)は、企業の諸問題をグローバルな市場環境のもとで正しく理解できる基礎学力を養うこと、それをビジネスに活かすコミュニケーション能力を高めること、演習および卒業論文を通じて、国際的な経済・経営問題に係る研究を主体的に行えるようになること等に重点をおいて編成する。
より具体的には、広く経済学・経営学に係る知識を取得するための基礎科目群、企業の分析に不可欠なManagement & Strategy科目群、企業を取り巻く国際的な市場および市場制度の分析に不可欠なAccounting & Finance科目群、およびTrade & Industry科目群、コミュニケーション能力を高めるのに不可欠な専門外国語群、およびBusiness Communication & Research群、国際的なコミュニケーション能力を高めるStudy Abroad Program科目群から編成されるカリキュラムとする。
1年次では、基礎学力を身につけることができるように、基礎科目群として、「ビジネス入門」「アカウンティング入門」「ファイナンス入門」「貿易入門」「経済学概論」「ビジネスのための法律」を配置している。同時に、英語コミュニケーション能力を高め、国際ビジネス社会で活躍できるように、専門外国語群として「English for Business Communication」の履修を義務づける。さらに、主体的に企業のグローバル活動について研究・発表し、自己表現力を高めるために、少人数クラスの「基礎演習」を全員履修できるようにしている。
2年次および3年次では、より高い専門知識を習得させるために、Management & Strategy、Accounting & Finance、Trade & Industryのそれぞれの科目群の基礎科目から応用科目までを配置する。引き続き、専門外国語群として「English for Business Communication」の履修を義務づけている。2年次秋学期に原則全員が海外に留学することを義務づけている。
3年次および4年次には、主体的に企業のグローバル活動について研究・発表し、自己表現力を高めるために、Business Communication & Researchとして「演習」科目を配置している。

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

経済学部国際経営学科は、経済学部の「入学者の受入れに関する方針」に基づき、国際経営学科の定める「人材養成上の目的・教育目標」に照らして、国際経営学科の「卒業の認定・学位授与に関する方針」および「教育課程の編成および実施に関する方針」に沿って、次のとおり「入学者の受入れに関する方針」を定める。

  1. 求める人材像
    1. 国際経営学科における学びに取り組む上で、知識・技能、思考力・判断力・表現力等において、高等学校等で修得すべき基礎的な能力を身につけている。
    2. 本学の教育理念である“Do for Others(他者への貢献)”および国際経営学科の教育方針や教育目標、また経済問題および企業を取り巻く諸問題に興味と関心を持ち、異なる価値観および文化的背景を理解できるとともに、国際経営学分野の主体的な学びを通して共生社会の担い手となる意欲をもっている。
  2. 入学者選抜の基本方針
    上記「求める人材像」に掲げる基礎的な能力および意欲をもっているか否かを評価する。
  3. 入学者選抜の種類と評価方法
    入学者選抜にあたっては、「一般入学試験」または「特別入学試験」を行い、上記「入学者選抜の基本方針」に則って評価する。入学者選抜の種類として、一般入学試験による「全学部日程」、「A日程」のほか、大学入学共通テストを用いた「大学入学共通テスト利用入学試験」がある。そのほか「自己推薦AO入学試験」、「指定校推薦入学試験」、「系列校特別推薦入学試験」などの特別入学試験がある。評価方法も試験の種類によって、筆記試験のほか英語の試験や面接により資質と意欲をみるものなどがあり、これらの試験を通じて本学科で学び、社会で活躍する人材を選抜する。