スマートフォン版を表示

経営学科 Department of Business Administration

理論と実践を結ぶ少人数制授業で、自ら問題を発見し解決できる人に

現実の経済社会は理論通りに動いているわけではありません。それをふまえて経営学科では、将来、企業経営に携わることも視野に入れながら、経営学、マーケティング(商学)、会計学の3分野をバランスよく体系的に学んでいきます。特に自ら問題を発見し解決できる社会人への自己成長をサポートするため、「学術的理論と企業実務の橋わたし」、「少人数でのディスカッション」を重視した授業を充実させています。高い志を持ち、ビジネスを通じて社会に貢献する「良識あるビジネスパーソン」を目指してください。

経営学科の特色

Point 01ビジネスパーソンに必要な3分野をバランスよく段階的に学ぶ

ビジネス界で活躍するために不可欠な3分野の知識やスキルについて、導入、基礎、応用と段階的に習得できます。


Point 02経済・経営のグローバル化に対応した“心”の国際化

国内ビジネスでも、さまざまな文化的・社会的背景を持つ人々との関係性が、今後ますます重要になります。隣接領域の学びを通して、社会の多様性を理解する広い視野を獲得します。


Point 03コミュニケーション・スキルの向上

ビジネスパーソンに求められる対人力・表現力・文章力を段階的に高めていきます。


Point 04資格支援講座を開講

資格試験合格を目指す学生をサポートする課外講座を開催。日商簿記検定3級・2級、ファイナンシャル・プランナー3級・2級、秘書検定2級・準1級取得のための対策講座を行っています。


Point 05企業での実務経験のある教員・第一線で活躍する講師から学ぶ

公認会計士やメーカーなどにおける実務経験のあとに博士号を取得した専任教員が、実践的な授業を行っています。さらに、理論と企業実務とを関連付けて理解するために、さまざまな現場で活躍する専門家や実務家から学びます。


Point 06学部独自の支援策、就活支援ワークショップ

キャリアセンターの学生支援とは別に、学部独自の支援策として課外指導を用意。大企業の人事・採用・教育部門に関わった外部講師による講義や模擬面接、自己PR指導などを行っています。

4年間の流れ・カリキュラム

1

導入科目を少人数で開講 基礎から専門へ段階的に修得

専門教育を学ぶ助走として、経営学、マーケティング、会計学に関する導入科目群や経済学と法律の基礎を学習。


  • ワークショップ1(社会人基礎力育成科目)
  • ネイティブによるビジネス英語
  • 簿記などの資格支援講座を開講
  • データ処理論でPCのスキルを習熟
2

参加型授業で柱となる3分野を体得する

少人数による参加型の授業スタイルも活用して、専門科目の核となる経営学原理、経営組織論、マーケティング、財務会計論などの基幹科目群を学習。


  • ワークショップ2(ゼミナール導入科目)/後期:演習(ゼミナール)の募集開始
  • インターンシップ(講義)開始
3

4

体系的に学びを深めながら少人数の演習で卒論を完成

10名程度の演習形式(ゼミナール)で、専門分野を深く学び、卒論に取り組む(選択)。また、専門性の高い経営管理論、消費者行動、税務会計などの応用科目群を学習。こうして積み上げた体系的な知識、問題発見力や分析力、表現力を活かして、4年次の早い段階で卒業後の進路を確定。


  • 3年次の夏には国内外でのインターンシップ(実習)が可能
  • ゼミナール
  • 卒業論文

※教職課程についてはこちらをご覧ください。
※ヘボン・キャリアデザイン・プログラムについてはこちらをご覧ください。

経営学科で学べる主な科目

ビジネスのための法律

ビジネスに不可欠な法律ルールを学ぶ

企業活動には多くの法律が関係するため、ビジネスに必要な法律の基礎を学びます。

データ処理論

数値データを使いこなすスキルを学ぶ

さまざまな数値データがどのような意味を持ち、どのように表現すればその意味が適切に伝わるかを考えていきます。

経営組織論

人を通して組織のあるべき姿を考える

人の心理が仕事の現場でどのような働きをし、それをどうマネジメントするのかを学びます。

マーケティング

商品やサービスを購入してもらう方法や考え方を学ぶ

価格設定や広告・宣伝の工夫の方法、それに必要な仕組みを学びます。

管理会計論

企業内部の経営管理のための会計情報について学ぶ

企業の経営管理者が最適な意思決定をするために必要な情報を、会計の視点で学びます。

私の学び

笠原 実紅 Kasahara Miku 経済学部 経営学科3年
群馬県 中央中等教育学校出身

学びと自分の身近な組織に当てはめて考察

組織運営や企業活動、商品が売れる仕組みなどに関心があり、経営学、マーケティング、会計学の3分野について少人数授業で体系的に学べる本学科を志望しました。2年次に履修した経営組織論や経営学原理の授業では、これまで自分が属してきた高校、部活動、アルバイト先などの組織に当てはめて、身近なところでどんな理論が働いているのか、仮説を立てて繰り返し考察。それは3年次から始まるゼミでの学びにもつながりました。

個人研究は消費者の「記憶」にフォーカス

現在所属するゼミでは、消費者行動やブランドマネジメントを主軸にしながら個人研究とグループ活動を行っています。キャリアも見据えた研究を行うために、個人研究の対象として消費者の「記憶」に焦点を当てました。研究活動を通して、消費者の持つ「記憶」がその後の消費行動にどのような影響を与えているのか、独自性を含んだ新しい見解を提示することを目標にしています。 将来、実務に携わるための新しい示唆ができればと考えています。

履修モデル例:2年次春学期

  Mon Tue Wed Thu Fri
1 管理会計論 市場システム
2 情報ネットワーク論 経営学原理 マーケティング
3 ビジネス英語1 財務会計論 原価計算論 経営組織論
4 経営史 ワークショップ2
5 経営学特講

経済学部オリジナルサイト

入学試験制度一覧

入学案内 (入試情報)

人材養成上の目的・教育目標

経済学部経営学科は、経済学部の「人材養成上の目的・教育目標」に基づき、経営学科の「人材養成上の目的・教育目標」を次のとおり定める。

複雑化・高度化する企業経営上の課題、また社会的諸課題を、経営学領域の専門的知識と思考力によって解決できる人材が求められている。経営学科の教育目標は、経営学、マーケティング、会計学の各分野の知識と、各分野を横断的にとらえ課題を解決する思考力を備えた「良識あるビジネス・パーソン」の育成にある。

卒業の認定・学位授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

経済学部経営学科は、経済学部の「卒業の認定・学位授与に関する方針」に基づき、経営学科の「人材養成上の目的・教育目標」に沿った人間を育成するため、所定の期間在学するとともに124単位を修得し、次の能力を身につけることを卒業認定と学位授与の要件とする。

  1. 幅広い教養とともに、経営学、マーケティング、会計学の各経営学分野の基礎的知識を有し、それらを横断的にとらえる能力を有している。
  2. 知識や体験に基づいて的確に課題を解決するための思考力と情報収集・分析力を身につけている。
  3. 他者と協業して課題解決にあたるためのコミュニケーション能力を備えている。
  4. 本学の教育理念である“Do for Others(他者への貢献)”の精神を持ち、在学期間を通じて獲得した知識・技能・態度などを総合的に活用して現代社会に生起する諸問題に積極的に取り組む力を身につけた「良識あるビジネス・パーソン」であること。

教育課程の編成および実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

経済学部経営学科は、経済学部の「教育課程の編成および実施に関する方針」に基づき、経営学科の定める「人材養成上の目的・教育目標」および「卒業の認定・学位授与に関する方針」に沿って、次のとおり「教育課程の編成および実施に関する方針」を定める。

経営学科では、導入科目群、基幹科目群、演習科目群、応用科目群を設け、1年次から4年次を通じて、経営学、マーケティング、会計学の3分野を、段階的かつ体系的に学習できるようにする。

  • 経営学分野では、経営理論に重点をおく科目、情報分析能力を養う科目、さらに事例分析も含めて、企業活動の分析・理解に必要不可欠な知識を獲得できる体系的な教育課程(カリキュラム)を提供する。
  • マーケティング分野では、理論的かつ体系的な講義科目、および実証的かつ実践的な演習科目を通して、企業が産み出す商品やサービスに関わるマーケティング活動に必要な知識が得られる教育課程(カリキュラム)を提供する。
  • 会計学分野では、企業活動を貨幣の動きで記録、計算、報告する情報システムを、理論的および技術的側面から体系的に学ぶことのできる教育課程(カリキュラム)を提供する。
  • 1年次ではこの3分野の基礎を学び、2年次以降では理論的内容の科目や応用科目を学習できるよう配置し、それと並行する形で、1年次より少人数の演習科目を設け、能動的、双方向的な学習の機会をつくる。さらに企業等で実習をおこなう科目(インターンシップ)を配置し、教室内外での学習ができるようにする。

    入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

    経済学部経営学科は、経済学部の「入学者の受入れに関する方針」に基づき、経営学科の定める「人材養成上の目的・教育目標」に照らして、経営学科の「卒業の認定・学位授与に関する方針」および「教育課程の編成および実施に関する方針」に沿って、次のとおり「入学者の受入れに関する方針」を定める。

    1. 求める人材像
      1. 経済学部経営学科における学びに取り組む上で、知識・技能、思考力・判断力・表現力等において、高等学校等で習得すべき基礎的な能力を身につけていること。
      2. 経済問題をはじめ、現在、過去のさまざまな問題に関心をもち、それらを主体的に探求する意欲がある。
      3. 経営学分野の主体的な学びを通して身につけた知識・技能・思考力・判断力・表現力を用いて、人とのコミュニケーションを大切にし、本学の教育理念である“Do for Others”(他者への貢献)を実践する意欲をもっている。
    2. 入学者選抜の基本方針
      上記「求める人材像」に掲げる基礎的な能力および意欲をもっているか否かを評価する。
    3. 入学者選抜の種類と評価方法
      入学者選抜にあたっては、「一般入学試験」または「特別入学試験」を行い、上記「入学者選抜の基本方針」に則って評価する。入学者選抜の種類として、一般入学試験による「全学部日程」、「A日程」のほか、大学入学共通テストを用いた「大学入学共通テスト利用入学試験」がある。そのほか「指定校推薦入学試験」、「系列校特別推薦入学試験」「私費外国人留学生入学試験」などの特別入学試験がある。評価方法も試験の種類によって、筆記試験のほか面接によりコミュニケーション能力や資質、意欲をみるものなどがあり、これらの試験を通じて本学科で学び、社会で活躍する人材を選抜する。

    おすすめ