スマートフォン版を表示

経済学科 Department of Economics

世界を動かす経済の仕組みを理解し、分析できる人材に

社会人として、生活者として誰もが行う経済取引。この経済取引を担う市場メカニズムを分析するのが経済学です。市場経済の理論と実証、福祉や厚生に関わる公共政策、高度化した金融システム、情報の行き交う複雑な企業と組織、制度や法律に規定される経済環境の現実、グローバル化した経済問題、多様な地域、時代の経済の変容。これら経済の諸相を理解し分析できる人材を育成します。

経済学科の特色

Point 01海外でのフィールド・スタディ

本学科では、テーマを持って現地調査を行うフィールドワークが盛んです。2年次以降、アメリカ、オーストラリア、中国などへ2週間の調査に赴き現地の大学や企業、農村などを調査訪問。インタビュー調査なども行い現地の社会経済を観察し、主体的に調査から報告書の完成までを行います。


Point 02「実験経済学」で経済学を体験し、実感する

実験経済学の授業では、実際の取引や駆け引きをゲームで再現した実験に参加して、経済学を体験します。行動経済学の授業では、心理学を経済学に取り入れた人間行動の理論を学びます。心の動きに左右される人間の特徴を知ることで、自分や周りの人の非合理性を実感します。


Point 03学部独自の支援策、就活支援ワークショップ

キャリアセンターの学生支援とは別に、学部独自の支援策として課外指導を用意。大企業の人事・採用・教育部門に関わった外部講師による講義や模擬面接、自己PR指導などを行っています。


Point 04公認会計士や税理士の資格支援講座を開講

学部では、これらの資格試験の基礎となる簿記やファイナンシャル・プランナー資格試験の対策講座を開講しています。

Program Structure(領域・流れ)

クラス単位の授業により幅広い分野の経済学の基礎を築きます。 3年次からの専門演習に備えて2年次にはプレ演習を履修。 専門演習では、さまざまな研究テーマの中から自身の研究テーマを見いだし、 少人数制のゼミでより深く専門分野を追求します。

主な演習(ゼミナール)テーマ

  • 国と地方政府の財政活動についての研究
  • 金融・国際金融に関する課題研究
  • 労働経済学(日本型人事制度とワークライフバランス施策)
  • 情報経済学・金融システム論
  • ミクロ経済学をゲーム理論的観点から学ぶ
  • 日本経済の実証分析
  • 開発経済学の理論・政策
  • グローバリゼーション(人&金融&情報)研究
  • ヨーロッパの歴史・文化・経済に関する研究

※教職課程についてはこちらをご覧ください。
※ヘボン・キャリアデザイン・プログラムについてはこちらをご覧ください。

Topics

グローバルな学び

フィールド・スタディ

海外の対象地域を訪れ、現地の人々との意見交換や聞き取り調査を通じて、世界で起こっている経済的な問題を実践的に理解します。また、異文化に身を置くことで、他国・他民族・他文化に対する理解を深めます。

学科の枠を越えた学び

社会参加実習

ボランティア活動への参加を通じて、自発性・行動力・コミュニケーション能力・自己管理能力・リーダーシップ等を養います。価値観や世代の異なるさまざまな人々と出会うことにより、自分自身を見つめ直す機会を得ます。

実践的な学び

ゲーム理論

対立関係・協調関係にある主体間の状況を一つの「ゲーム」と見立てて分析します。戦略的思考を養うと共に、社会・経済問題を読み解くための道具を手に入れます。

私の学び

平林 史 Hirabayashi Fumi 経済学部 経済学科3年次
長野県 大町岳陽高等学校出身

経済の視点からより良い社会について探究

他大学の経済学科に比べコースが細かく分かれている明学なら、自分の学びたい分野を深く学べると思いました。また、高校生の頃からグローバルな経済に興味を持ち、「グローバル・スタディーズコース」にも関心がありました。

経済学科は必修科目が少ないぶん、興味深い分野が学べます。現在はゲーム理論やその応用分野を学ぶゼミに所属し、オークション理論なども研究しています。日々の生活でも意外と利用されている理論なので、身近なものを研究する楽しさがあります。世の中はたくさんの問題を抱えていますが、経済の視点からもっと改善できる部分があるのではないかと考えます。この学科での学びを活かして分析し見極めることで、経済社会の発展に貢献できればと思っています。

ゼミナール紹介

プログラミングとデータサイエンス

小林ゼミ / 3年次 /
小林 正人 教授

PythonやRを学び、
機械学習や統計分析のスキルを習得する

データサイエンスの基礎を学ぶには少人数ゼミが理想的

良いニュース
データサイエンスによる社会変革の真っ只中にいるあなたは幸運です。データサイエンスは新しい分野ですから、この技を身につければピラミッド型組織の中で何年も下積みをする必要はありません。意欲さえあれば僅かな期間で最先端に到達できるのです。

悪いニュース
データサイエンスによる技術変革はホワイトカラーの仕事をどんどん奪っており、ホワイトカラーに必要なスキルも変化しています。たとえ希望の職種につけたとしても、漫然と与えられた仕事をこなすだけでは落ちこぼれる可能性すらあります。

提案
大学生のうちにデータサイエンスの基礎を学びましょう。基礎の第一はPythonやRなどのプログラム言語です。第二の基礎は機械学習や統計分析といったデータから結論を引き出す技術です。機械学習や統計分析の教科書やツールはRやPythonの知識を前提とすることが多いので、私のゼミでは一石二鳥を狙いこの二つの技術を併行して学びます。コンピュータ環境や予備知識は個人ごとに違い、プログラミングの独習は出だしで躓くことが多いので、最初にデータサイエンスの基礎を学ぶには少人数のゼミが理想的です。

経済学部オリジナルサイト

入学試験制度一覧

入学案内 (入試情報)

人材養成上の目的・教育目標

経済学部経済学科は、経済学部の「人材養成上の目的・教育目標」に基づき、経済学科の「人材養成上の目的・教育目標」を次のとおり定める。

経済学科の人材養成上の目的は、現代の複雑な経済を、社会科学としての経済学の知識をもとに理解し冷静な判断を下し行動できる人材を養成することである。教育目標は、第一に、経済の基本的なメカニズムの理解に必要な、学問としての経済学の基礎を身につけること、第二に経済学的センスを磨き現実の問題に的確に対処できる応用能力を涵養することである。

卒業の認定・学位授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

経済学部経済学科は、経済学部の「卒業の認定・学位授与に関する方針」に基づき、経済学科の「人材養成上の目的・教育目標」に沿った人間を育成するため、所定の期間在学するとともに128単位を修得し、次の能力を身につけることを卒業認定と学位授与の要件とする。

  1. 国際化・情報化が進むなかで、幅広い教養とともに経済理論の基礎に加え、現在・過去の具体的な経済現象に関する様々な知識を理解し、体系的に身につけている。
  2. これらの知識を獲得し活用するための情報収集能力や分析力などを身につけている。
  3. 在学期間を通じて獲得した知識・技能・態度などを総合的に活用して、ますます複雑化する経済システムのメカニズムを理解している。その上で、現代社会に生起する諸問題に対して、社会的責任や他者との協調性をもって、経済学的な見方から主体的に対応できる自立した経済人としての能力を身につけている。

教育課程の編成および実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

経済学部経済学科は、経済学部の「教育課程の編成および実施に関する方針」に基づき、経済学科の定める「人材養成上の目的・教育目標」および「卒業の認定・学位授与に関する方針」に沿って、次のとおり「教育課程の編成および実施に関する方針」を定める。

現実社会において直面する様々な問題に対して、経済学的な見方から客観的な分析を加えるために必要な知識を、経済理論、歴史的関係、政策・制度といった側面から教授し、演習・卒業論文を通して学生が自らの問題関心に基づき主体的に研究するように指導する。このような経済学の学習と同時に、高度情報化社会において必須となる情報処理技術に関する知識や、国際化社会において必要とされるコミュニケーション能力についても、あわせて修得できるように教育課程(カリキュラム)を構成する。その際に、学生の多様なニーズに対応できるように選択肢の広い教育課程(カリキュラム)を用意する。
1年次では理論・歴史・現状分析などの基礎を身につけることができるように、経済学の入門的な科目を配置する。2年次からは、学生が各自の目的に応じて専門的な勉学を進めることができるように、3つの専攻コース(ポリシー・アナリシスコース、企業・制度デザインコース、グローバル・スタディーズコース)を設置する。

ポリシー・アナリシスコース:
競争的な市場とそれを補完する公共政策という視点で市場経済を捉え、その理論や政策について基礎的なものから専門的なものへと段階を追って順番に学ぶ積み上げ方式による体系的な教育方法を採用することで、経済問題を理論的に考える能力を基礎から積み上げ、実社会に応用できる実力を養成する。

企業・制度デザインコース:
市場経済は、市場取引だけでなく、企業組織あるいは法律やルールといった制度の存在を通じて機能している。このコースは、関連する具体的なケースに即しながら、企業組織の役割、法やルールの制度設計を問題にする。経済と法の関連、そして組織内のインセンティブやガバナンス構造などが視野に入れられる。企業組織や法や制度の形態に応じて、市場経済の効率性は変わりうるもので、企業組織とそのとりまく経済環境は、所与のものではなく、相互的に調整、形成可能なものであることが理解される。企業や組織に身をおきながら、経済環境と市場との相互関係を戦略的に構想できる人材の育成を目標とする。

グローバル・スタディーズコース:
世界的規模で繰り広げられる、歴史的、地域的に多様な制度や環境のもとでの経済の諸相を理解する。グローバルな経済の発展、ボーダーレスな展開、過去、現在、未来にわたるタイムスパン上の問題が視野に入れられる。経済のグローバル化に対応するために、基本的な経済理論を学ぶ一方で、現実社会における現在や過去の実際の経済現象を学ぶ科目を、学生が各自の問題関心に沿って受講できるように、実習科目(体験学習)をはじめ多面的に用意し、グローバルに展開する様々な業界で活躍できる人材の育成を目標とする。

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

経済学部経済学科は、経済学部の「入学者の受入れに関する方針」に基づき、経済学科の定める「人材養成上の目的・教育目標」に照らして、経済学科の「卒業の認定・学位授与に関する方針」および「教育課程の編成および実施に関する方針」に沿って、次のとおり「入学者の受入れに関する方針」を定める。

  1. 求める人材像
    1. 経済学科における学びに取り組む上で、知識・技能、思考力・判断力・表現力等において、高等学校等で修得すべき基礎的な能力を身につけている。
    2. 本学の教育理念である“Do for Others(他者への貢献)”および経済学科の教育方針や教育目標、また経済問題を始め、現在・過去の様々な問題に興味と関心を持ち、経済学分野を主体的に探求する意欲をもっている。
    3. 演習・実習に積極的に参加し、人とのコミュニケーションを大切にする人。
  2. 入学者選抜の基本方針
    上記「求める人材像」に掲げる基礎的な能力および意欲をもっているか否かを評価する。
  3. 入学者選抜の種類と評価方法
    入学者選抜にあたっては、「一般入学試験」または「特別入学試験」を行い、上記「入学者選抜の基本方針」に則って評価する。入学者選抜の種類として、一般入学試験による「全学部日程」、「A日程」のほか、大学入学共通テストを用いた「大学入学共通テスト利用入学試験」がある。そのほか「指定校推薦入学試験」、「系列校特別推薦入学試験」などの特別入学試験がある。評価方法も試験の種類によって、筆記試験のほか特別入学試験では高校時代の成績や活動を考慮し、面接により資質と意欲をみる。これらの試験を通じて本学科で学び、社会で活躍する人材を選抜する。

おすすめ