スマートフォン版を表示

経済学科

経済学科 | 経営学科 | 国際経営学科

社会人として、生活者として誰もが行う経済取引。この経済取引を担う市場メカニズムを分析するのが経済学です。市場経済の理論と実証、福祉や厚生に関わる公共政策、高度化した金融システム、情報の行き交う複雑な企業と組織、制度や法律に規定される経済環境の現実、グローバル化した経済問題、多様な地域、時代の経済の変容。 これら経済の諸相を理解し分析できる人材を育成します。

ニュース

    ※各ニュース、イベントの日時は掲載日を表示しています。各イベントの開催日は各ページにてご確認ください。

    経済学科の特徴

    1年次に基礎を固め、2年次からは興味に合わせたコース制

    1年次は、「経済学入門」「基礎演習」「経済情報処理」「英語コミュニケーション」などの少人数の科目で基礎をつくり問題意識を養います。2年次からそれぞれの興味に合わせたコース制による専門教育が始まります。

    「実験経済学」で経済学を体験し、実感する

    実験経済学の授業では、実際の取引や駆け引きをゲームで再現した実験に参加して、経済学を体験します。行動経済学の授業では、心理学を経済学に取り入れた人間行動の理論を学びます。心の動きに左右される人間の特徴を知ることで、自分や周りの人の非合理性を実感します。

    海外でのフィールドスタディ

    本学科では、テーマを持って現地調査を行うフィールドワークが盛んです。2年次以降、アメリカ、オーストラリア、中国などへ2週間の調査に赴き現地の大学や企業、農村などを調査訪問。マーケット調査なども行い現地の社会経済を観察し、主体的に調査から報告書の完成までを行います。

    公認会計士や税理士の資格支援講座を開講

    学部では、これらの資格試験の基礎となる簿記やファイナンシャル・プランナー資格試験の対策講座を無料で開講しています。

    ボランティア体験の授業で視野や価値観を広げる

    ボランティア活動に参加することで単位を取得できる「社会参加実習」は、本学科独自のユニークな取り組みです。

    経済学科の4年間・カリキュラム

       

    PDF(大学案内抜粋)

    ※年次は、当該科目を履修できる最低年次を表します。
    ※教職課程についてはこちらをご覧ください。
    ※ヘボン・キャリアデザイン・プログラムについてはこちらをご覧ください。
    ※2019年度予定カリキュラムです。実際のカリキュラム・科目名は変更の可能性があります。
    ※必修、選択必修、選択については、履修要項で案内します。

    主な科目紹介

    Featured ① ゲーム理論

    戦略的思考を養い、社会・経済問題を読み解く

    企業間や国家間の駆け引きのように、対立・競争関係や時に協調関係にある主体間の状況を一つの「ゲーム」と見立てて分析します。ゲーム理論の学習を通じて戦略的思考を養うとともに、社会・経済問題を読み解くための道具を手に入れます。

    Featured ② フィールド・スタディ

    海外での体験学習により知識・経験を深める(ハワイの環境問題・オーストラリア農業の持続性と日本市場・中国社会と経済など)

    各テーマをもとに、現地の大学や関連機関で、第一線で活躍する各分野の専門家からさまざまなトピックに関するレクチャーを受け、さらに、主体的に現地で情報収集・分析・体験学習することにより、現状・問題に関する知識を深めます。また、異文化の中に実際身を置くことで、他国および自国に対する理解を深めるとともに視野を広げ、同時にコミュニケーション力も向上します。

    Featured ③ 金融論

    お金の流れから経済の仕組みを理解する

    マイナス金利や量的緩和など現在行われている金融政策を正しく理解するための基礎や、金融の制度や規制について学びます。

    私の学び


    中村 瑠里
    Ruri Nakamura
    経済学部 経済学科4年
    熊本県 九州学院高等学校出身

    途上国で目にした経済格差、その原因をゼミで研究

    私が経済学科を選んだのは、卒業した先輩方の就職先が多岐にわたっているのを知り、私もここでいろいろなことを学びながらやりたいことを見つけたいと感じたからです。実際、経済学科のカリキュラムは1年次で経済学の基礎を学び、2年次で興味のある分野のコースを選択、そして3年次にゼミに入りより専門的な内容を勉強するという風に、少しずつ自分の興味の幅を絞り込んでいく流れで進んでいきます。私は現在、ゼミで開発経済学をテーマに途上国の経済について研究しています。きっかけは、タイやベトナムへ旅行に行った際に、都市の中心部は発展している一方で、一つ道を入るとストリートチルドレンに出会うことも多く、なぜこのような格差が生まれるのか原因を知りたいと思ったからです。ゼミでは、英語の文献を用いてグループごとに各章を翻訳し、内容を発表。疑問点などを他のゼミ生と議論しあうことで、経済学の学びと英語力を同時に高められています。

    履修モデル(3年次春学期)

    卒業後の進路

    希望者のほとんどが一般企業を中心に就職を果たしています。その業種は、金融、情報通信、コンサルティング、サービス、流通など、多様です。在学中から資格取得支援講座などを利用して、税理士、公認会計士、証券アナリスト、ファイナンシャル・プランナーなど各種の資格を取得する人がいる一方、公務員や大学院進学(国内、海外)を目指す人も少なくありません。培った経済学の知識や学術的素養、多様な経験が学生生活を充実させ、満足できる将来の獲得につながっています。

    主な就職先(2015~2017年度)

    アクセンチュア /EY新日本有限責任監査法人 /いすゞ自動車 /出光興産 /ANAエアポートサービス /SMBC日興証券 /オムロン /オリエンタルランド /兼松 /厚生労働省 /財務省 東京税関 /サニーサイドアップ /JTBグループ /衆議院事務局 /積水ハウス /全日本空輸 /ソフトバンク /竹中工務店 /帝人 /東京都庁 /東京ベイヒルトン /東北電力 /日本銀行 /日本政策金融公庫 /日本通運 /日本放送協会 /日本生活協同組合連合会 /野村證券 /パソナ /P&Gプレステージ合同会社 /東日本旅客鉄道 /富士通 /みずほ総合研究所 /みずほフィナンシャルグループ /三菱UFJ銀行 /港区役所 /ヤクルト本社 /横浜銀行 /ライオン /ワークスアプリケーションズ など
    2018年5月1日現在

    入学試験制度一覧

    入学案内 (入試情報)にてご確認ください。